画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報   みどころはこちら
お得情報はこちら
 
 
10月から登場したこのアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしていますが、今回は、古座川の名勝めぐりで訪ねた場所をご紹介します。

 

画像虫喰岩

国指定天然記念物の虫喰岩。風雨に浸蝕されて無数の穴が刻まれている光景が、まるで虫に喰われたかのように見える岩です。僕は焼肉が好きでよく食べに行くのですが、そのせいか、ジーッと見ていると、段々ハチノスに見えてきて、食べたら案外美味しいかも…とさえ思えてきました。

住所:和歌山県東牟婁郡古座川町池野山

 

画像
近くで見るとハチノス、いや、蜂の巣みたいです。

 
         
 

画像一枚岩

こちらも国指定天然記念物の一枚岩。高さ100m、幅500mの一枚の大きな巨岩で、辺りの風物を圧して川淵からそそり立つ姿は重厚です。永島さんが、あまりに大きすぎて遠近感がつかめないな、というのが的を射た一言で、スタッフもその大きさに「ホエーッ」と言うしかなかった岩です。

住所:東牟婁郡古座川町相瀬

  画像
見えますでしょうか。左下の小さい点が永島さんです。

 
         
 

画像光泉寺の子授け銀杏

古座川の文化財の一つで、推定樹齢400年のこの樹は、高さ約30m幹回り6mの大きさを持ち、樹木としては和歌山県下一と認められているのが、光泉寺の子授け銀杏。乳柱と呼ばれる 最大3mの気根がいくつも垂れ下がっていることから、子授けの御利益があるといわれています。



住所:東牟婁郡古座川町三尾川302

  画像
写真だと大きさがイマイチ伝わらないのが、残念。ですから、実際に行ってご覧下さい!

 
         
 

画像滝の拝

古座川の支流小川中流域に位置する、滝の拝。200mにおよぶ岩床上に、水流による大小さまざまな岩穴が開いています。なんでこの一帯だけこういう岩場が出来たのか、見れば見るほど不思議に感じる場所でした。



住所:東牟婁郡古座川町小川

  画像
なぜかは分かりませんが、ずーっと見入ってしまいます。

 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.