画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:撮影が終わって、皆で晩御飯に繰り出すのが旅先の楽しみ。寺島さんと存分に楽しんだスタッフを代表して細村からの報告です。題して『よなよな八戸』

         
 

スタッフからの旅の日記

ロケに行くと、早朝から日が暮れるまで撮影して、夕飯は土地の名物を肴に酒を飲むという事が多いのですが、今回も例によって、夜の街に繰り出しました。寺島さんを筆頭に酒好きが多いスタッフ。ぞろぞろと八戸の横丁を歩いていると、何やら気になる看板を発見!「仙人の食卓」と書いてあるではありませんか・・・仙人っていったい???酔った勢いもあって入ってみることに。カウンターと、小上がりがあるだけの小さな店は満員。「いらっしゃい」と笑顔で迎えてくれたご主人は・・・アフロヘアー!この人が仙人なの?そうこうしているうちに、お任せでどんどん料理が運ばれてきました。それがまた変わってるんです。水を張ったバケツにいっぱいのクレソンをちぎって食べる、クレソンサラダ。新鮮で巨大な岩ガキ、採れたてプリプリのキクラゲのマリネ。酒は、ワイルドに竹を切っただけの筒に入って出てきます。しかも、どれも信じられないくらいうまい!それもそのはず、ご主人が早朝から起きて海や山に入り獲ってくるのです。食材を集める名人がレベルアップしていつからか仙人と呼ばれるようになったとか。おそれいりました!最後は、仙人がギターをかき鳴らして歌うオリジナルソングに耳を傾けて、夜はふけて行きました・・・

01
仙人の食卓 雄艇
〒031-0084 青森県八戸市十八日町1
TEL:0178-47-4568

◆おまけ
八戸で飲んでいると南部せんべいをアレンジしたいろいろなおつまみが出てきます。
今回のロケで発見したのは2店舗。みなさんも、隠れた南部せんべいの味を探してみてはいかがですか?それにしても、八戸の人は南部せんべいが大好きなんですね。
01
DA介さんのサバ缶をのせて食べる南部せんべい。
やみつきです


01
“ごめ”さんの南部せんべいピザ。するめ入り





 



 
         
 


 



 
 

 

 
 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.