画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから

★編集者から:その昔、鯖街道を行き来する商人たちが夜は山賊に襲われるためこの辺りで宿をとったそうですが、現代の山賊は畑を荒らすシカやイノシシとか・・・里山の自然の素晴らしさを何とか守ろうとしている猟師の川原さんそして川原さんと共に自然との暮らしを満喫する人たちとの出会いが忘れられない想い出になったという寺島さんと共に、これも忘れられない体験をしたスタッフ佐藤からの報告です。


         
 

寺島進さんも大好きな京都。みんなが知っている京都の町から旅は始まりましたが、気がつけば、山の中まで来てしまったという今回のちょっとディープな!京都旅。イメージしていた京都とは、一味違った里山の暮らしに驚きと旨い!の連続です。今まで知らなかった田舎の京都の魅力がたっぷり! 今回、特に驚きだったのが、「かやぶきの里」として有名な美山町の豊郷洞(とよさとほら)という集落の猟師・川原浩彰紀(かわはらひろあき)さんとの出会いでした・・・。

画像
▲田舎暮らしの達人川原さんと


★自給自足の宿「猟師の家」

川原さんは、幼い頃から美山の里山の自然と暮らしてきました。あるとき、実家が空き家になりそうだったとき、生まれ育った故郷と家を失いたくないという想いで、実家を宿泊施設にしよう!と考え、誰でも田舎暮らしを体験できるようにしました。川原さんの想いと里山の自然とともにある暮らしに共感し、友達が友達を呼び、今ではnestの仲上さんをはじめとして、「猟師になりたい!」とハンターとして弟子入りした橋本さんや、OLのかたわらクレソン農家と出張ピザ屋をしている野上さんなど、多くの人が里山の暮らしを楽しんでいます。(ロケで出会ったのは全て元気な女性たちでした!)「楽しいだけじゃなくて、厳しいことも満載やで〜」と言うちょっとコワモテの川原さんの周りでは「おっちゃん、今度子ども連れてくるで〜」と楽しそうな声が飛び交う「猟師の家」。ちょっと変わった宿ですが(笑)、最高に楽しい時間が過ごせますよ〜。
渓流で魚を調達したり(寺島さんは見事アマゴを釣りあげました)、山で山菜を採ったりして、自炊したりするのも旅の中ではなかなか大変ですが、充実した楽しみがあります。

画像
▲「猟師の家」 1泊1,000円(ただし、全て自炊/食料飲料持ち込み自由)

<猟師の家>
住所:京都府南丹市美山町豊郷洞
TEL:090-3289-6671

 



 
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.