画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


★編集者から:「遠くへ行きたい」に初めて参加したスタッフの蜂谷、「見どころ」でも書きましたが、期待感いっぱいの旅だったようで、現場で出会った人との会話、撮影だから何か特別な事と、お相手に感じさせない増田さんの巧みな対応に感心するとともに、自分でも見聞きした<青森での発見>からの報告です。


         
 

ますだおかだ増田さんが青森へ行った今回の秘湯ハンターの旅。
温泉好きならではの増田さんにスタッフがつけた
<秘湯ハンター>の所以が良く分かりました。
そして、温泉だけでない楽しい出会いの旅…
私自身、遠くへ行きたい初参加でワクワクして旅をしました。

今回の旅は予期せぬ幸運の連続でした。
最初は「あん玉」を探している増田さんの前に
突然、謎を解き明かす鍵を握る「いと福」の店主が現れたこと 。
このシーンは番組をご覧になった方に
「仕込じゃないの?」と思われたかもしれないというぐらい、
スタッフも大慌てのハプニングでした!
その後も酸ヶ湯での美女との混浴や大鰐温泉駅での電車内の大盛り上がり!
トド寝を教わるまで(いずれも、見逃した方には申し訳ないのですが)、
とにかく人との出会いに恵まれた旅だったと思います。

予想外のことが起こってそれが繋がっていくことこそ、
旅の醍醐味なのかもしれません。
こぼれ話ですが、実は「トド寝」の由来は、
湯に寝そべっている姿がトドのようだということで、
宿の女将がつけた名前なんですって!

そして今回の旅では、青森の人たちはいろんなことを丁寧に教えてくれ、
親切な心を持って迎え入れてくれました。
(撮影でお邪魔したにも拘わらず、笑顔でたくさんのお土産を持たせてくれたり・・・。)
自分自身がもう一度行きたいと思えるような青森への旅でした!
<秘湯>の話に戻せば、青森市内には温泉の銭湯があちこちにあったり、
山奥の秘湯も気持ち良かったです。
旅の後のナレーションを終えての増田さん
「次はどんな温泉に行こうかなぁ〜」と帰って行きました。
まだまだ日本には秘湯がたくさんあるはず、
そしてそこには「お湯」の他にも思わぬ出会いも・・・。
遠くへ行きたい・桶持って、次はどんな温泉に・・・
秘湯ハンターの旅、今後もご期待下さい!



画像
▲リンゴもおいしかったです!

画像
▲秘湯ハンター専用 遠くへ行きたい桶







 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.