画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


視聴者の皆さんを代表して毎回色々な旅人に同行して、番組をご覧になるだけでも知らない土地を歩いた気分を味わって頂けたら…と思いながらの番組作りです。日本にはまだ知らない事や暮らしがあることを感じて、機会があったら行ってみようと思って下さったら何より、と今日も各地を旅しているスタッフでもあります。番組に参加して半年、昇太さんと香川県の塩飽諸島を初めて旅した「スタッフ冥利に尽きます」という蜂谷の旅日記です。


         
 

私は、「遠くへ行きたい」という番組に関わっていてよく思うことがあります。
月並みですが、撮影じゃなかったら、この場所に来てなかっただろうなということです。
春風亭昇太さんが旅した塩飽諸島の島々。私が当たり前だと思っていたことが当たり前じゃあ、ありませんでした。島では、自給自足が基本。車も無い島もあれば、90歳にもなるおばあちゃんが自転車で島の人たちに郵便配達している島もある。

 

画像
パワフル!な島のおばあちゃん。

 
         
 

撮影で走り回ってへばっているようじゃ、まだまだだなと自戒する旅でした。
塩飽諸島の人たちはみんな元気でした。(塩飽水軍の子孫だからなのかも!?)
パワフルな人間力に触れることで、負けていられないと前向きになれる旅。
皆さんも是非、元気な穴場を覗いてみて下さい。

その中でも私の中で印象的だった「えっちゃんのブイブイガーデン」。
番組でも登場した粟島の民宿「ぎんなん」を紹介して頂いた松田悦子さん。
実は、えっちゃんという愛称で島で愛されている松田さんは色々な物を工夫して、皆を楽しませています。

 

  画像
パワフル!な民宿「ぎんなん」での
地産地消の食事。
 
         
  写真をご覧下さい。使われなくなった魚網ブイを利用して作った、人形があちこちに並んでいます。実はこのブイ人形、一体一体にそれぞれの表情があり、観光客に楽しんでもらうために作られたアート作品なんです。   画像
ブイブイガーデン(1)
 
         
  ヤギのハナコが出迎えてくれる、色鮮やかな花畑「ブイブイガーデン」。
手作りのアート作品に囲まれて、気持ちを切り替えるには最高のあったかい場所。今、制作中の「未完成 海」という大掛かりな作品もとても楽しみです!
 

画像
ブイブイガーデン(2
画像
未完成の「えっちゃん」の
秘密のおもてなしを見る昇太さん

 
         
 

旅の初めに訪ねた全校生徒13人という本島小学校での落語会も楽しいものでした。「小学生を相手の一席は記憶にないなぁ〜」と言っていた昇太さん。即席の高座に上れば、昇太ワールド…「時そば」聞く子供たちの笑顔が忘れられません。「ひい、ふう、みい…なん刻だい」とみんなで遊んでいました。

  画像  
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.