番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
鳥居かほり 浜名湖 森とピアノの詩
 

オトク情報こちら

みどころ

     
  今年で100周年を迎えた国産ピアノの生まれ故郷、浜松市。現在世界でも一番のピアノ生産量を誇る音楽の町です。その浜松から、木造の建物や大きな森が残る、自然いっぱいの掛川市まで、浜名湖に代表される静岡県西部を、バレリーナとしても有名な鳥居かほりさんがピアノの話を中心にさわやかな音楽の旅を繰り広げます。  

調律師の卵と先生・ピアノテクニカルアカデミー
 
  国産ピアノ第1号の試作品

浜松駅のすぐそばにある国内でも珍しい公立の楽器博物館。たくさんの楽器が展示されている館内を、学芸員の嶋さんに案内され、そこで見た「国産ピアノ第1号の試作品」。このピアノ、明治の物だちいうだけあって、当時のレトロな雰囲気がその色や木の感じから伝わってきます。ヒョッと覗くとそこには「株式くぅわい社」の文字が・・・レトロです。電気という物がまだ無かった明治33年頃、楽譜を読むために必要だった燭台付きというそのお姿は明治の貴婦人そのもの、優雅です。一見の価値あり。
 

国産ピアノ試作品・0号の前で

  国産ピアノの生みの親 山葉さんの子孫

その日本初のピアノを造った山葉寅楠さんの曾孫にあたる方が浜松に居ます。国産ピアノ誕生秘話を聞きに行きました。アメリカまでピアノの勉強をしに行った時の日誌や、優秀な技術者ながら楽譜が読めない寅楠さんが楽器を作るという苦労話。東京の芸大へ「2人でオルガンを担いで箱根の山を越えた」なんて話まで飛び出します。ちなみに曾孫の山葉浩伸さんは音楽とはまったく関係の無いインテリアデザイナーだそうです。
     
 
  森の中のピアニスト

掛川の森の静けさが好きで東京から移り住んだというピアニストで作曲家の藤田ゆかりさんに会う為、つま恋ミュージックガーデンを訪ねます。この人の最新作「森の中のピアニスト」は森林浴をしているような心和む美しいメロディです。あなたも一緒に森林浴をしてみませんか?
 

森の中のピアニスト・作曲者と
 
 
Copyright (c) TVMAN UNION, Inc., YTV
All rights reserved.