番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
森田順平 島原半島・湧水の町
  オトク情報こちら

みどころ
 
  森田さんはドラマファンの方々にはお馴染みでしょう。金八先生では役柄が特異だったため、若者から恨まれることが多かったそうですが素顔の森田さんはとても明るい好奇心旺盛の好青年でした。そしてこの番組で何回か旅をして頂いた久野くみこさんのご主人であり長男一平くんが誕生したばかりの若きパパの旅でもありました。番組初めての旅は長崎県の島原市、最初に訪れたのは普賢岳噴火の土石流の跡で自然の驚異を目の当たりにしました。
 
  土石流被災家屋保存公園

1990年11月の普賢岳の噴火から10年、島原は「がまだす(頑張ろう)」を合言葉に新しい町作りが進められており、活気が戻っています。
ここには自然災害の恐ろしさを皆に知ってほしいと、あの時に土石流に埋まった家屋が保存されています。いまでは、多くの観光客や修学旅行の学生たちが訪れる場所になっています。
土石流の跡に植物がかなり生えていて、更に10年後には緑が一杯になってしまうのかしらと、これはこれで自然の強さに驚かされます。
   
 
  速魚川(はやめがわ)

市内の金物屋さんのご当主・猪原信明さんが、自宅の裏の湧き水を引き込んで作った日本一短い川です。全長25メートル、地図には載っていません。
島原は湧き水の町といわれる程に、町のあちこちに水路が流れていて、そこには鯉などが放たれて泳ぐ姿が見られますが、猪原さんは出来るだけ自然の流れにしたいと清流に棲む魚や植物が生きることが出来る環境を作りました。川の流れを作ってたった2年で、ホタル、アブラハヤ、カワガニ、クレソン・・・見事に生命のある川になりました。
写真では見難いかも知れませんが、それはそれは楽しい川です。猪原さんの夢は、この川を有明海まで延ばす事だそうです。
 

 
 
  湧き水の洗い場

町のあちこちに湧き水を利用した洗い場があって、今も昔と変わらずに主婦たちのおしゃべりの声が聞こえる社交場になっています。
水温が一年中一定で、夏冷たく冬暖かいということで、ここで洗ったり、冷やしたりするととても美味しそうに見えます。
   
 
  魚市場

島原の魚市場は卸問屋さんがやっているので、魚屋さん風な構えの家が市場という一寸変わっています。扱う魚がこれ又、有明海で獲れた魚ということで、不思議なものが沢山あります。その不思議さは放送を見て頂きますが、一つだけ写真でお見せしますね。
これは、キャーメという魚です。何の仲間だと思われますか?・・・やはり、放送を見て下さい。25日に選挙に行く前に、放送を見た方はお分りですよね。
   
 
  その他に、島原の郷土料理のあれこれ、有明海の漁師さんの夫婦、水屋敷・・・美味しい、暖かい、不思議な出会いがとても楽しかった、若きパパ森田順平さんのそんなこんなの島原の旅です。  
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.