番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
渡辺文雄 「竹街道」安芸の小京都
  オトク情報こちら

みどころ
 
  山陽新幹線三原駅で呉線に乗換えて30分、安芸の小京都竹原です。
古い町並みが残り京都のような雰囲気、佇まいを持った町を「小京都」と呼んでいますが、ここ竹原は平安時代末期に京都の下賀茂神社の荘園として拓かれたといいますから、町の発生からして既に小京都。そして、竹原はその名に相応しく「竹」の色々があるところ。渡辺さん竹の色々も気になりますが、俳句を嗜む身としては「筆」も
・・・と出かけた安芸の小京都の旅です。

 
  かぐや姫美術館

竹原市忠海にある本立寺は境内、本堂、庫裏、蔵とお寺まるごとが美術館ということで「かぐや姫美術館」と呼ばれています。
かぐや姫伝説に出てくる5つの宝物や人間国宝によるかぐや姫の木目込み人形があったり、かぐや姫に関する資料もあります。
もう一つの見物は「招き猫」のコレクションです。横尾忠則さんやいろいろな作家の作品があってこれも楽しめます。
   
 
  瓦職人・和泉照夫さん

古い町並みを「重要伝統的建造物群保存地区」として手を加えて残すにあたって屋根瓦葺き替えの殆どを手掛けた職人です。その時に不要になった鬼瓦を沢山集めています。昔の瓦職人の仕事についての一言が印象的でした。
「昔は仕事が早いと手抜きと言われたもんです。今は期限までにという注文が多くて昔のように職人の気が済むまでという仕事は出来なくなりました。昔の人は時間に贅沢でしたね」
 

 
 
  まちなみ竹工房

竹原の竹工芸振興協会のメンバーがなんと110名。竹工芸をもっと一般の人に知ってもらおうと、市内に竹の工房を三ヶ所作ってメンバーが交替で詰めていて展示即売、竹細工体験などが行なわれています。
即売品は市価の半額以下というのもお買得です。
 


竹の和紙工房
 
 
  筆の町・川尻

呉線安芸川尻下車「筆づくり資料館」では筆のいろいろを知ることが出来ます。イタチ・ウマ・テン・ムササビ・ヤギ・・・殆どの有毛動物が使用可能であるとの表示と共に色々な動物の毛で作った穂首が並びます。
そしてここのみものは「日本一の夫婦筆」九州産サラブレッドの尻尾252頭分の雄筆、モンゴルの白馬181頭分の雌筆。
 
月の浦筆本舗
 
 
  古い町並み、竹尽くし瀬戸内海の小京都をたっぷりと楽しんだそんなこんなの渡辺文雄さんの安芸の「竹街道」の旅です。  
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.