番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

さてさて今回の遠くへ行きたいは、歌手の尾崎紀世彦さんが初登場。日頃の歌手業を忘れ向かった先は、岐阜県の美濃地方。周りを木に囲まれた山里で木と共に暮らす人々と出会い、尾崎さんの笑い声や歌声が山々にこだまします。

 

 


 
 
白川町 東濃ひのき


東濃ひのきの産地として全国的に有名な白川町の山中で、天然ひのきの伐採を見せてもらいました。密集した木々の間をぬうように狙い所へ寸分違わずに倒す。樹齢80年の木を数十秒で切ってしまう職人技に尾崎さんは感動。話を聴くうちにこの山の持ち主の横家さんとすっかり意気投合してしまい、「一緒に炭焼きをしない?」と誘われました。  
横家さんの炭焼き小屋を訪ね、作業を見ているうちに「なんか面白そうだなぁー…」。で、早速作業着に着替えてお手伝いです。が、しかし一見簡単そうに見えていた炭の掻き出し、新しい木の詰込み作業に尾崎さんは予想以上に悪戦苦闘。「これ結構な重労働だ。」と音を上げながらの作業になりました。  
そんな尾崎さんに横家さんが用意してくれたのは野生の猪の新鮮な肉を使った猪鍋。ひのきの切り株で作った特性コンロで煮ます。お味のほうはというと…「マジ美味い」の一言。  
まだまだ続く横家さんのおもてなし。さらに用意されたのはなんとドラム缶の露天風呂。小さな沢の横にポツリとたたずむそのお姿に始め「これ入れるの?」と不信顔だった尾崎さんも、いざ入ってしまえば「こりゃいいやーーー」とニコニコ顔。ビール片手に鼻歌までご披露です。すっかり山暮らしに馴染んだ尾崎さんの顔と息の合った二人の会話は必見ですヨ。  (写真上:猪鍋 写真下:露天風呂)
 

 
 
 


木曽馬


突然の雪。尾崎流東濃の旅は春の嵐に見舞われました。しかもこの日、尾崎さんは木曽馬に乗せてもらう予定の日です。山も家も一面真っ白な世界の中、長尾牧場を訪ねる事となりました。何とか乗馬をさせてもらうことが出来た尾崎さんですが、いつもの乗馬倶楽部の馬と違い、普段引き馬でしか人を乗せてない木曽馬が相手です。白銀に輝く雪原の中、颯爽と馬を駆る尾崎さんを観る事は出来るのでしょうか。

 

 

 
         
 


高峰ギター

美濃地方に来たら尾崎さんがぜひ一度見てみたかったのが、エレクトリック・アコースティックギターを日本で最初に作り始めた高峰楽器。イーグルスをはじめ、世界のトップミュージシャン達が愛用する世界最高級のギター作りを見せてもらいました。みなさんギターの表面は一枚板じゃないって事知っていました?2倍の厚みの板を半分に切り、切った面を本を広がるようにつなげる。こうして木目を左右同じにすることで、音が均等に響くようになるんだそうです。  
ギター作りの工程を見せてもらうと「分かっていそうで分からないこと」が他にも盛り沢山。ギターは実にミステリアスです。  
そして、尾崎さんにギターを持たせたら、する事は一つですよね。太陽の日差しを浴びながら美しい湖畔をバックに「カントリーロード」を熱唱する尾崎さん。取材スタッフもご近所の人も口をあんぐり、しばし聞きほれる事しきり。

 



 

 
         
  東濃の山里を巡り、山の生活を満喫する今回の旅。いい男には山がよく似合います。そんなこんなの尾崎流、山暮らし満喫の旅です。      
         

 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.