番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

前回の宮城県牡鹿半島の旅では「・・・だちゃ」言葉の本場ということもあって、アニメ「うる星やつら」のキャラクターらむちゃんを思いがけず見破られた平野さん、今回は・・・声優、エッセイストの顔に加えて築地の魚屋さん三代目の若女将のでもある平野さん、魚を見るとじっとしていられない。漁業の島天草第一歩、牛深市の通りすがりの魚屋さんでトンピ貝、キビナゴのプス焼き、セミエビなどという珍しいものを見つけてお店のおかみさんと魚問答。セミエビをみつけて「ねぇ、これどうやって持つの?」・・・(普通は、どうやってたべるの?ですよね)

(写真:キビナゴの生きの良さにびっくり! これを焼いたのをプス焼きと言うそうです・・・何故か?)

 


 
         
 


高級珍味カラスミ

カラスミを作り始めて僅か15年という松井さん、今では松井さんのカラスミを待つ人多数、名人といわれる松井さん作り方が半端じゃない、気に入らないと半分は製品にしないということもあり、2〜3年待ちの人もいるそうです。今年は予約の五分の一しか出来なかったそうです。取り出したボラの卵巣を塩漬けにして10日から3週間、一つ一つの様子を見ながら天日干し、その時は二時間おきに裏返し、夜は夜で23時頃まで見回る・・・「やっぱりね、手を掛けないと駄目なんです、夜なんか添い寝をしたいくらい・・・」ここまでやるか、名人芸、まぁ放送で見てください。脱帽です。

(写真:右・三日目、左・二日目・・色の違いに注目!)

 




 
 


さすが漁業の町

建物に魚の名前?市営住宅の各棟に付いているのが数字の代わ
りに魚の名前、いやはやこれも脱帽です。

 



 
         
 
燻製のかまぼこ

牛深名物その二、すり身の形を整えて蒸した後、20分ほど松の木で燻したかまぼこです。女性ばかりの天草屋本舗を取り仕切るのが、77歳のおばあちゃん、只今お嫁さんに秘伝伝授中。「毎日燻製に首つっこんどったら、燻製色になったとですよ・・・」ともかく明るい磯崎幸さんの周りには笑いの絶えない仕事場です。放送を見て皆さんも楽しくなってください。

(写真:作り始めていつのまにか50年、一日3000本の燻製かまぼこです)

   
         
 
ウツボです

牛深ではこのウツボがスーパーでも売られているというのです。番組では高知、房総、紀伊などウツボを食べる町というのを取材したことはありますが、スーパーで・・・というのには一寸びっくりです。餌なしで一ヶ月以上も生きるという生命力の強いこのウツボをしめるのは大変だと思いましたら、何の手も掛けずに30分ほど待つだけで、死んでしまうという方法がありました。何だと思います?・・・はい、勿論テレビで・・・この後は湯引き、なべ、から揚げ・・ウツボ料理のオンパレード、フグのようでも、アワビのようでもあるという声がありました。
   
         
 
ハイヤの塩

定年後この島に移ってきて塩作りを始めた松田さんの作る天然の塩、牛深の民謡「ハイヤ節」にちなんでの名前。お天気任せの仕事、無理せず出来るだけを作るという松田さん、拘るとこうなるという仕事振り、島の人の親切に支えられているのでやっていけるというこれも笑顔の素敵な方との出会いでした。

(写真:ミネラルと笑顔がいっぱいの天草の塩です)

 

 
         
 
イルカウォッチング

こちらは天草下島の北部、島原半島が目の前という五和町の海です。漁船で五分も行くとたちまち目の前にイルカの群れ、この辺りに住みついているイルカが300頭近くいるそうで、バンドウイルカが船と一緒に泳ぎます。この辺りのイルカはもともと漁をしている横を泳いでいたので漁船に対して違和感がないそうで、漁師さんの昼間の観光業といったところでしょうか。
   
         
 


魚屋さんの若女将平野さんが初めて訪ねた天草で出会ったのは、青い海、素敵なお母さんたち、笑顔のおじいちゃんそして美味しい魚。「また、くるっちゃよ!」そんなこんなの一つ一つの想い出を大事に築地に持ち帰った天草の旅でした。

     
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.