番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

寒い時には寒い所へ・・・初登場の元米米CLUBの小野田さんの旅先は北海道最端の町、稚内。横なぐりの雪が降ってくるかと思えば、一瞬の晴れ間に宗谷海峡の向こうにロシア・サハリンが見えたりする厳しい冬の気候の中で暮らす人々との色々な出会いがありました。(写真:稚内駅で貰った「日本最北端の駅到着証明書」を手に。あっという間に雪で真白に・・)

 


 
         
 


ロシアに一番近い町

サハリンまで僅か43キロ、平成5年からは稚内・サハリン間に定期船航路が50年振りに復活し、年間5万人のロシア人が行き来し、町のあちこちにロシアが見られます。(写真:ロシア語の看板、道路標識も日本語、英語と共にロシア語の表示もあります。)

 




 
 
海産物のお店

サハリンから年間三千隻もの船がカニを運んできます。町の海産物のお店にはカニがずらりと並び、とにかく安い!のです。スタッフが買って東京に送ったらクール宅配便料金の方が高かった?(写真:北の海の幸が一杯、観光客はもとより地元の人々にも人気のお店。)

 
 
         
 
稚内・サハリン館

冬の観光の目玉として三年前に出来た名所です。11月から3月までの冬の間だけオープンということですが、サハリンからやってきたロシア人スタッフ10人が切り盛する中では、民芸品の店、レストラン、ロシア民謡の実演、ロシア語講座・・・ロシアが一杯です。
 
 
         
 
犬二題

自分でも二頭の犬を飼う愛犬家の小野田さんが出会った犬の話題。
昔は荷物や人を載せて走る犬そりを見かけたという稚内で今は、犬ぞりレースが冬の大イベント。毎年二月に行われる全国大会を目指して、この時期町のあちこちで練習が行われています。(写真:犬ぞりを体験)




写真にはありませんが、映画やテレビドラマに出演する犬の訓練所がありました。東京から犬と共に移り住んだ宮忠臣さんが主宰する訓練所には現在40頭の犬がいます。犬は夏の暑さには弱いんだそうですが冬の寒さには慣れれば、北海道は天国とか。宮さんは今、スター犬訓練のほかに、人間のパートナーとして一寸変わった仕事をする犬の養成もしています・・これは放送で・・
   
         
 
新人牧場主

50歳の岡僚一さん、酪農を始めてまだ一ヶ月、看板を作ったり乳絞りを習ったり、牧舎の管理をしたり・・・電力会社で40人の部下を持つ部長さんだった岡さんの第二の人生を近所の酪農家の人たちが暖かく見守っていました。岡さんの良きアドバイザーである先輩酪農家古川さんのお宅で、乳牛を飼っている人しか食べられないという珍味を頂きました・・・(写真:近所の人たちが手伝って看板を付けていました。)
   
         
 
岬の民宿

町の名物おかあさんが経営するペンションで旬の魚料理を満喫。冬の一瞬の晴れ間に見えるサハリンの眺めも貴重な物でしたが、夏になると回りに花が一杯咲き、自分のうちが原生花園のようになるというこのあたりの風景は一度見てみたいものです。

途中でカイロを買い足すほどの寒さの中の旅でしたが、お会いした皆さんはいずれも自分たちの生活をそれぞれ自分なりに十分に楽しんでいらっしゃるように見え、とても暖かいそんなこんなの想い出を頂いた稚内の旅でした。(写真:帽子、耳当て、長靴が手放せませんでした。後ろに写っている風車は何の働きをしているのか・・・この番組を良く見て下さっている方はお分かりですよね?)

   
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.