番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

抜けるような青空にポカポカ陽気。まわりはまだ寒さ深まる中、女優,鳥居かほりさんが一歩旅へ出ればそこは初春。伊豆半島はもう春の装いを見せていました。伊豆ならではの冬の恵みを食べ尽しながら、さらには春をも先取る、魅力いっぱいの旅です。

 


 
         
 


下田市「サザエ突きん棒漁」

満開に咲き広がる水仙の群生地「爪木崎」を出発して鳥居さんが向かった先は下田市。ペリーが上陸した事で知られるこの港町では、なんと言っても恵まれた地形を生かした漁業が盛んです。親子二人で漁をしている漁師の小沢さんに、この時期沿岸で行われる「サザエの突きん棒漁」に連れて行ってもらいました。突きん棒漁とは、サザエやトコブシ、アワビなどを、先端に鉤を付けた4メートルほどの竹竿で挟み上げる漁の事。箱メガネを使って海の底に潜むサザエを見つけ、長い竿で素早く正確に挟む。正に針の穴を通すような技術が必要な漁です。
前日までの低気圧の影響でうねりの残る波の中、漁業へつくと合図もせずに早速漁がスタート。サザエを突き立てる父の重三郎さんと、父親の出す指示どおりに舵を取り巧みに舟をコントロールする息子の正道さん。ぴったりと息の合った親子の連携プレーで次々とサザエを獲っていきます。その見事な技を隣で見せられると鳥居さんも徐々にヒートアップ!次々に獲れるサザエに「やったー」「獲れたー」「ビンゴー!」などなど、大きなはしゃぎ声が海原に響き渡った事は…言うまでもありません。
漁が終わったら食事。小沢さんたちが用意してくれたのは、獲れたての焼きサザエや焼きアワビの他に、「いけんだ煮味噌」と呼ばれるこの辺りの伝統的な漁師料理。新鮮な魚介類を豪快かつふんだんに使った鍋を初春のような青空の下で食べる。それはもう、えもいわれぬ幸せ。

 




 
 
南伊豆町 温泉メロン

真冬の晴天の下、あったか〜い露天風呂に浸かりながら、冷た〜いマスクメロンを食べる。そんな至福のひと時を今回の旅で鳥居さんは送りました。南伊豆町の下賀茂地区では噴き出る源泉の熱を使った温室メロン作りが行われています。「さとう温泉メロン」の佐藤さんを訪ねると、8棟の温室を使って交配時期をずらしながら栽培する事で、一年中新鮮で美味しいメロンを収穫しているとの事。冬服要らずだと笑う佐藤さんは、自噴する温泉を温室の温度調節に利用するほかに、さらに余った温泉を使って最近、家族用の露天風呂まで作ってしまったとの事。それを聞いた鳥居さんは当然と言いますか、半ば強引と言いますか…「あったかーい」と言いながらチャポン。湯煙立つ温泉の中で、採れたてのマスクメロンをパクリ!その幸せそうな姿は見逃せませんよ!!
 
 
         
 
松崎町 手作りカヌー

松崎町で漁船の製造、修理などの造船業を営む高木さんは、少しずつ増えてきたカヌー利用者へ向けて、近年、川でも海でも利用できるカナディアンカヌーやシーカヤックの製作も始めました。作業を見せて頂くと、FRP(繊維強化プラスチック)という素材を使い、使用者の目的に合わせて少しずつ工夫を加えながら、ハンドメイドするとの事。流線型の美しいフォルムが型から出てくると、やっぱりうれしいと話していました。
自然が作り出す造形物や、歴史あるナマコ壁の町並みなど、絶好のロケーションを普段見慣れた陸からではなく、海や川から見上げると、いつもと違った見え方がしてきます。
 
 
         
 
この他、他じゃちょっと食べる事の出来ない松崎町独特の"川のり"や田子地区伝統の田子節(かつお節)、長さ1センチ程の本当に切れるミニチュア刃物などなど、色んな出会いがてんこ盛りでした。透けるような青空をお供に伊豆の景勝地を歩き、地元でしか食べられない味をお腹いっぱい頂く。そんなこんなの鳥居かほりさんの「伊豆食べ尽し」の旅です。
   
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.