番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

宮崎美子さんの隠れた趣味が「石」集め、「石」探し。と言うわけで今回の旅は、宝石、貴石そして化石と、石にまつわる旅とはなりました。これに、東北は岩手県ですからお馴染みの宮沢賢治もからませてということになりました。実は、宮沢賢治も知る人ぞ知る、鉱物採集に熱中していたと言います。付いたあだ名が「石ッコ賢さん」、賢治の作品には30余りの石が登場するといいます。さて、番組にはどんな石が登場しますか、貴方も探せる石があるかもしれませんよ・・・
 

 










         
 


猊鼻渓舟下り

北上川の支流砂鉄川に侵食された石灰岩層が作りだす奇岩怪石の渓谷下りです。棹一本で川の流れを上ったり、下ったりですから、技術はもとより力もいるという仕事。観光センターたった一人の女船頭さんのガイドでの舟下りです。OLからの転身、二年目という千葉さん、二児のおかあさんの船頭振りとユーモアたっぷりの案内をお楽しみ下さい。(写真:お客さんの楽しそうな顔が何よりの励みという千葉さんです。)

 




 
 
化石探し

今回の旅の小道具、ハンマーを持って早速の化石探し。先生は地元で化石の先生という七田さん、この東山町辺りで日本最古のアンモナイトの化石を発掘採取した人です。案内された場所で手に取る石を割ってみると三億年前、二億年前・・というコケムシ、ウミユリなどの化石がヒョコヒョコと出てきます。「宝の山、ここ!」と興奮気味の宮崎さん、「えぇ、化石の好きな人にはね、だけど何も分からない人には・・・」この後の会話は放送で・・・一寸照れくさそうな七田さんの笑顔が可愛い・・・(写真上:これみんな、ん億年前の化石 /写真下:このすぐ手前では、最近人気のグランドゴルフの大会が行われていました。)
 

 
         
 
石と賢治のミュージアム

JR大船渡線陸中松川駅から使われなくなった引込み線の先に、産業遺産「旧東北砕石工場」があります。石灰工場で土壌改良用の炭酸石灰を生産していました。そしてここに宮沢賢治が技師として農民の啓蒙にあたっていました。この工場に隣り合っているのが、このミュージアムです。ここにはいろいろな化石と共に、賢治の作品に登場する石の数々が展示されていて、賢治のアナザワールドが楽しめますよ。(写真上:記念写真を元に作られた人々、賢治は何処に? / 写真下:石灰の面白い実験です。石灰は水に合うと熱を発生します。これを利用したものに、皆さん旅先でお世話になっているかも知れませんよ。)
 
 
         
 
琥珀探し二題

岩手県久慈市は知る人ぞ知るという琥珀の産地。海と川で探します。まず海は前浜海岸で波に打ち寄せられた琥珀を探します。探すと、あるんですね、これが。波打ち際の何処を探せば良いかは・・・はいこれは当然放送でお確かめ下さい。そして川、これはこういう琥珀の地層が川の中にあると言う情報と思ってご覧下さい。まぁ、しかしある所にはあるもんです・・・宝モノ捜しに熱中しただけではありません、ちゃんと久慈琥珀博物館で8500年前の生物のお勉強もしました。琥珀に中に閉じ込められた生物のDNA・・というと分かる人には分かる、あのジュラシックパークです。他にもここ,久慈には三と八の朝市があって、地元でとれた海の幸、山の幸が手に入ります。(写真上:海で探すにはこのスタイル。 / 写真下:川ではこんな大きなモノが…)


 
 
         
 


仕上げの宝モノ捜し

マンガン鉱山の旧坑道が観光用に公開されている所です。主な展示物は宝石類の原石。展示されている石は一トンとか65KGとかとにかく大きいのです。ですから原石の周りには囲いもありません、ということは重たくてとても簡単には持ち出せない重さであります。元坑道の中ですから、写真が撮れていませんが、見事な原石の山です。中でも見事なバラ輝石はちゃんと「マリンローズ」と言う名の装飾品に加工されて、お土産として売られています。


 





 
         
 

一寸欲にかられた?スタートでしたが、三億五千年前、二億年前、八千五百年前の石や化石類との出会いは、石への興味一杯の宮崎さんにとっては、図らずも地球の歴史を遡る旅、それぞれの時代からそんなこんなの貴重なメッセージそして宝モノを頂いた旅とはなりました。

 

 
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.