番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

今回の渡辺さんの旅先は岡山県日生町。"ひなせ"と読みます。関西の方には、魚の美味い、釣りも面白い・・海の恵み豊かな土地としてお馴染みのところの様です。興味深い海産物の話題もあったりして、一寸行ってみたくなる、陽だまりの海の町です。

 









         
 


五味の市

ごみのいち。日生の港に上がる魚種が豊富なことからこういう名前で呼ばれる小さな市です。この市、始まるのが何故か朝10時、魚市場のセリが終わった頃から始まるのです。漁師さんが直接自分で獲った魚を売るので、新鮮、安いというので町の人は勿論観光客にも人気の市です。(写真:五味の市で出会った漁師さんのご夫婦がやっているお店の自慢料理がこれ。何だと思います?歯ごたえがあってここ日生でしか食べられない美味、と渡辺さん。)

 




 
 
カキ養殖

ずらりと並んだこの船の獲物は全部カキです。岡山県はカキの養殖で宮城、広島に次いで生産量第3位というカキの産地、ということご存知でしたか?しかもこの細かい入江に流れ込む川から豊富なプランクトンが供給されるため成長がとても早く、なんと、半年で私たちが普段見ている位の大きさになるんだそうです。渡辺さんが試食させて頂いたのも甘くて、大きくて・・・(写真:朝暗いうちから夕方まで荷揚げが続きます。)
 



 
         
 
カキ殻漁礁

本当はこの写真を見て、何だと思いますか?という問題を出したいぐらいの話題であります。日生のカキのむき身の生産量は1日で6トンから7トンといいますから、蠣殻の量は大変な量ですよね。そこでその有効利用として作られているのがこの漁礁です。これは普通の漁礁と違って、カキ殻の隙間にプランクトンが繁殖し易く、海の水を浄化するということで、今まで産業廃棄物扱いだった大量の殻を利用しているという次第です。(写真:漁の合間の作業で作られています。)
 
 
         
 
がんぞう

年配の方には覚えのある食べ物です。一般には・・・というのですが、これが何で、どうやって食べるのかは渡辺さんの「お教えしましょう!」のコメントとともにお楽しみ下さい。(写真:日生の冬の味の代表)
   
         
 
石こぎ漁

というこの不思議な名前の漁、実はナマコを獲る伝統漁法です。日生港から船で25分、日生諸島の一つ頭島で行なわれていました。どういう漁法かは番組を見て頂くとして、その獲れる漁が凄い!朝4時から半日で獲れるときには何と、120〜130キロも。一寸気になったのは、「漁に使う舟が木造船じゃないと駄目で、もう材料や道具が無くなってきていて、木造船が作られなくなるのもそう遠い事じゃない・・・」との漁師さんの言葉に、「またここでもこの言葉を聞くのか」という想いになりました。(写真:ともかく凄い量でした)

 
 
         
 
何ともユニークな

頭島の民宿です。屋上にあるのがセスナと巨大なボーリングのピン、ご主人の姿がご覧の股旅姿、奥さんも負けていません。自分が楽しければ、お客さんにも楽しんでもらえるのでは・・・と遊び心一杯の川辺さんです。この川辺さん、遊び心だけでなく、島の発展の為に皆に呼びかけて架橋貯金なるものをして、15年来の夢だった隣の島への橋が実現に向っていました。
 
 
         
 
海が汚れているとかいうような声をあちこちで聞きますが、ここ日生の海はどうやらまだまだ豊かに見えました。豊かな証拠のそんなこんなを沢山見て、食べた今回の旅は、ご覧になると自分流で歩いてみたいとお思いになりますよ、きっと。
     
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.