番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

今回の旅、降り立った先は山陽本線上郡(かみごおり)駅から智頭急行に乗り換えて、ほぼ一時間その名もずばり「宮本武蔵」駅です。大河ドラマで脚光を浴びた宮本武蔵ですが、この辺り以前から武蔵の里として知られていたところで、縁のなんとかというのは幾つか有ったようです。山陽から山陰へ抜ける道が因幡街道〜出雲街道なのですが、その因幡街道を辿って行くと、これが宮本武蔵で繋がる・・ユーモアあり、知られざる町並みあり、というほのぼのとした旅になりました。(写真:鉄道ファンには知られた駅名です。)

 









         
 


武蔵、武蔵

吉川英治が小説宮本武蔵で生誕の地とした作州大原町には、駅ばかりでなく古くからの武蔵、武蔵・・があります。武蔵生誕の地碑(92年前)、武蔵神社(36年前)、武蔵資料館(平成元年)、武蔵武道館(平成11年)という具合に昨日今日の便乗とは違います。勿論大河ブームに乗って最近は「武蔵の里」という幟もあちこちに立って、武蔵饅頭、武蔵煎餅などなどもありますが…

 





 
 
決闘巌流島

の寸劇を観光客に見せてくれるのは、大原町役場産業振興課観光係の職員。「役場の職員というのは、その配属された部署によって、福祉ならその福祉対象の町民を見るわけですし、観光係ならやっぱ観光客を見て仕事をするのが我々行政マンなんじゃないか・・観光客が喜んでくれることは何か・・」そこで考えたのがこの寸劇。その迫力は半端じゃありません、映画制作の会社で特訓を受けたその成果もさることながら、この発想が自治体の職員の鏡という感じがしましたが、皆さんは如何でしょうか・・(写真:面白い解説と迫力の演技、お楽しみに)

 




 
         
 
お通工房

町のご婦人方が作る生活交流グループで、黒豆を食材にした会席料理を予約制で食べさせてくれます。黒豆というと丹波と思っていましたら、岡山県が最近は日本一だそうで、作州黒と名付けたこの黒豆なかなかの味。料理を作るお通さんたち、この日は6人。日によって数が違うそうですが・・其の訳お分かりでしょうか?明るいお通さんたちの作った会席料理とともに放送でお確かめ下さい。(写真上:渡辺さんの色紙を手に記念写真 / 写真下:見事な「作州黒」です。)


 
 
         
 
武蔵自作の品々

武蔵は武芸ばかりでなく、工芸品、絵画、武具等も作っていたそうで、武蔵資料館に展示されていますが、写真のこちらは或る手法によって模写された武蔵の作品です。勢い、厳しさのある水墨画のタッチを見事に写し取っているこれは、別の芸術品の様でもあります。(写真:ともかく放送で見て下さい。)


   
         
 
因幡街道の町並み

佇まい、面影が見事に残る宿場をご紹介します。武蔵、武蔵・・ばかりでない大原駅からの大原宿、国境を越えて播州兵庫県は佐用町平福宿。この番組では昔の面影を残す宿場町はもう殆ど歩いた積りでしたが、こんな所もあるんですねェ、番組の中でも申し上げたのですが、皆さんの周りにもこんな素敵な、紹介したい町並みがありましたら是非お知らせ下さい。(写真上:大原宿本陣 / 写真中:大原宿の造り酒屋 写真下:平福宿の一寸変わった造りの町屋です。 (その答はお二人の後ろに隠れています))

 
 
         
 
缶環館(かんかんかん)

ワープロの漢字変換みたいですが、兵庫県佐用町で見かけたエコステーション。空き缶でもうけてもええ会が主催している一寸楽しい仕掛けの場所です。(写真:さて、何がどうなっているのか?)
   
         
 
播州龍野

今風に言えば武蔵修練の地というのもありますが、龍野といえば、何と言っても「赤とんぼ」三木露風ですね。そして知る人ぞ知る龍野カトリック教会。藩主脇坂公のお屋敷がそのままカトリック教会になっています。屋根に十字架があるわけでもないので、知らないと見過ごしてしまうかもしれません。教会を町の人に公開してもらったり、使われなくなった醤油製造工場を綺麗にして見学出来るようにしたり・・町を元気にしようと活動しているグループ「龍野女衆21」の小林さんと歩きました。(写真上:センサーでオルゴールが流れる歌碑 / 写真下:床の間にマリア様のある集会場)
   
         
 
宮本武蔵という(一寸ブームに便乗したかな?)キーワードで歩いて見たら、これが因幡街道という道でつながって、思い掛けないそんなこんなが沢山あって、見終わったらきっと行ってみたくなる、ほんのり、しっとりの旅とはなりました。そして、観光客を呼ばんかなの商法でない観光客が親しめる宿場町のままであって欲しいと思うのは私だけでしょうか・・・
     
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.