番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

今回は一寸欲張りな旅とはなりました。鉱物といいますか「石」がともかく好きな宮崎さんということで、この番組でも二度ほど(といっても20年前と10年ほど前ですが)取材した事があるヒスイ探しそれも今回は取って置きの所があるので是非宮崎さんに見せて上げたい、取らせて上げたいと森ディレクターが選んだ秘密の場所と(何故秘密なのかは後ほど・・・)白馬連峰をお供にしての塩の道への旅です。(写真:時期はずれの台風一過の青空、白馬連峰丸見えの旅の始まりです。)


 










         
 


ヒスイ探し

糸魚川市はヒスイの採れる町として知られていて、ご婦人たちに人気のバスツアーなどもありました。糸魚川の海岸では今でも川から流れてきたヒスイが(勿論、原石ですよ)採れるというので、下を向いて砂浜を歩く人の姿が見受けられます。その名も「フォッサマグナミュージアム」の宮島さんとそのものずばり!小滝ヒスイ峡を歩きました。ヒスイ峡の一部は天然記念物に指定されていてゴロゴロとあるヒスイの原石は見るだけ触るだけ、ヒスイのお勉強をしながら研究採取の場所でヒスイ探しをさせて頂きました。ヒスイの色は碧だけでなく白が多いということや青いのがとても珍しいというようなお勉強の後、秘密の場所で青いヒスイの採取にご一緒させて戴きました。とても珍しい色なので、3年後に日本で開かれる国際鉱物連合に集まる世界の学者たちをここに連れて来てあげたいと宮島さん。それまではひ・み・つということでありました。糸魚川市にある「フォッサマグナミュージアム地球博物館」では原石がどんなものであるかなどヒスイは勿論のこと地球の構造など地質のことなども面白く見て勉強も出来ます。原石の知識を仕入れて、出発の時間を少し延ばして、海岸で原石を探してみるのも良いかも知れませんよ。(写真上:ミュージアムの庭に展示してある70トン」の原石です。 / 写真中:これが青いヒスイです。 / 写真下:ヒスイ峡にそそり立つ岩壁はロッククライミングのメッカなのだそうです。)

 















 
 
ヒスイの食器

を作る人がいました。採取の規制がされる前は、この辺りのお宅の漬物石はヒスイの原石だったり、護岸の丸石にもヒスイが使われていたというお話。「玉磨かざれば…」ではありますが羨ましいお話であります。 で、ご当地ならではというのが民宿を営む龍見さん。工房を作って原石を加工してお皿などの食器を作っています。ですからこちらで頂く食事はヒスイのお皿にのってと言うことになります。日本海の旬の海の幸をヒスイの器で戴く・・・なんともゼイタクですよね。誰です、悔し紛れに「石の器は重くないかい?」なんていう人は。(写真上:その名もかわせみ(翡翠)膳の一つです。 / 写真下:好きなコーヒーを挽くためのヒスイの石臼まで作ってしまいました。)

 











 
         
 
父ちゃんの料理教室

長野県の小谷村で月に何回か開かれている60歳以上の男性が旬の食材を持ち寄って郷土料理を作って皆で食べるという料理教室です。お父さんに参加してもらうということで昔からの料理への関心が広まっていくのと家庭での会話もふくらむ効果もあるという楽しい教室でした。(写真上:今日の材料の夕顔です。一抱えもあるような大きいのもありました。 / 写真下:若い女性指導員にお母さんたちも手伝いに加わって、和気藹々のひと時でした。)




 




 
         
 
塩の道

村の商工観光課の石田さんと塩の道を歩きました。日本海からは塩や海産物を、信州からは麻や木綿などが牛の背やボッカと呼ばれる荷運び人によって運ばれました。その当時の様子を伝える牛方宿、水呑場、水車などが復元、保存されている道がいまの塩の道です。

     
         
 
番組も34年目

番組も34年目ということで長くなりましたが、親子二代で番組に登場したのが案内をしてくれた石田さん。取材を終えて家に帰って母親に話したら、「その番組で私らの結婚式を撮影したのよ」と言われましたとスタッフに報告があり、石田さんもですが、話を聞いて自分が取材した事を思い出した森ディレクターもびっくりです。27年前の事でした。いま当時のフィルムを探しているところです。(写真:当時を偲ぶ石畳の道も所々残されています。)

 
 
         
 

大好きな石の取材で見つけた珍しい青いヒスイ、番組登場二代目の若くて熱心な観光課職員、宮崎さんにとってとても印象に残ったこれらが次に来た時にはどんな風な出会いになるのか・・・そんなこんなの時を超えた楽しい想像を胸にしての旅の終わりでした。(写真:後に聳える白馬連峰の一つ一つの山の名前もシッカリと教えて頂きました。山の名前ってなかなか覚えられないですよネ。でもこの放送を見たら完璧ですよ。)

   
         
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.