番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

今回の旅は友常 裕君のデビュー作であります。プロデューサーの私が言うのも変ですが、34年、1677回という先輩の付けた道がず〜っと向こうから続いて来ている訳ですから、演出をしたいと希望すればすぐ出来るという事もなく、企画を出し続ける一方、まわりのスタッフにも認められてやっと実現、それからは心配事というか「これで良いだろうか」という不安の毎日という事になります。
 番組当初からの森ディレクターですら毎回ロケハンに出かける時は「面白い人に出逢えるだろうか、誰もがへぇ〜と興味を持つようなネタを見つけられるだろうか、天気は大丈夫だろうか・・・」等心配事は尽きないという話を折に触れてしていましたから、友常君はなおさらだったでしょう。
 そんな中での北関東の旅、デビュー作は山村レイコさんと里山の暮しを、と決めていたようで「友ちゃんらしい素材が揃ったね・・」と先輩たちに励まされての旅立ちとはなりました。結果は放送をご覧になった皆さんのご意見も頂きたいと思いますが、旅はお天気にも恵まれ(お天気も演出の内というのは我がチームでの合言葉でもあります)渡良瀬川流域の里山に暮らす人々の”我が人生を往く”その生活振りにとても良い出逢いをすることが出来ました。(場所は北関東ですが、里山のある風景の日本の典型のような気もしましたが、皆さんはいかがでしょうか)( 写真:渡良瀬遊水地の広大な葦原で一つ背を伸ばしての旅立ちです。)


 










         
 


桐生からくり人形芝居


東の西陣といわれた絹織物の町、桐生。絹織物工場の特徴ある鋸型の屋根が町の風景を作っています。現役の工場は少なくなりましたが、盛んだった往時を偲ばせるレンガ造りの蔵や工場の建物や文化財が残っています。その一つがこの人形芝居。飛騨高山などの山車のからくりは良くありますが、お芝居をするというのは珍しいかもしれません。衣装が贅沢な刺繍の絹織物だったり、かんざしが本物のベッコウだったり・・・半端じゃないお金の掛け様です。これらを保存するだじゃつまらない、からくりの技を残すためにも、ということで町の有志による保存会がレプリカを作って、人形芝居の上演をしています。( 写真:昭和27年に作られた人形たちです。糸へん景気といわれた頃の物ですから、見えない所の小道具の刀剣にも本物の鉄を使う懲り様です。 いつもHP用の写真は演出助手のスタッフが撮影の合間に撮るのですが鋸屋根の写真は、寸暇を惜しむロケスケジュールのため、撮り損ねたようです。放送には出て来ますから、そちらでご覧下さい。特にご年配の方には懐かしい風景のはずです。)

 










 
 
自然農法

今回の旅は渡良瀬渓谷鉄道に乗っての移動。最初の途中下車は「神戸(どうど)」駅、東村へ向かいます。東村は”身体に良い、美味しい野菜”を村のキャチフレーズに村ぐるみで自然農法に取り組んでいます。山に囲まれていて農地はそんなに広くないため殆どが兼業農家ということもあってこの自然農法が村の特徴作りになったようです。役場の職員でもある星野さんの畑にお邪魔しました。家族ぐるみの畑仕事、おばあちゃんと一緒に里芋の収穫のお手伝い。山村さんも3年前から住まいのある富士山麓で農業を始めました。ご承知の冷夏のためお米も畑の作物も例年の半分と、初めての難題を抱えた一年だったそうです。「いつもより出来は良くない」という星野さんでしたが、さすがは大先輩、畑にはびっくりするような大きい里芋をはじめいろんな種類のお芋がありました。いろんな発見があった収穫のお手伝いの後、おばあちゃんが料理してくれた芋料理の数々、美味しそうに食べる山村さん、それをみつめるおばあちゃんの笑顔・・どれも心がほわっとなる一時でした。(写真:収穫した色々な種類のお芋です。)

 











 
         
 
ぐんま・森林と住まいのネットワーク


「ぐんまの山の木で家を作る」というキャッチフレーズのもと林業、大工、設計そして施主が集まって作られたネットワーク代表の藤生さんの山にお邪魔しました。地元で育った木を使ってその地に家を造ると木の環境が変らないため、丈夫で長持ちする家が出来るんだそうです。先祖代々の山は50年、30年の立派な木がきれいに育っていて気持ちの良いものでした。この日は丁度新しい注文を受けた家の柱となる木を切る作業でした。12月になったら寒くなって磨きをかけるのに良い時期なので、施主の一家がやってきて皆で柱磨きをするんだそうです。こうすることによって「家族の皆の中にこの木のことは勿論、森のことも頭の中に残って、家への愛着もひとしおだよね」と藤生さんご夫妻。
 藤生さんのお宅の生活用水はみなこの山からの湧き水、ちょっとうらやましい豊かな森との生活です。(写真上:森の空気を胸一杯吸って「はい、チーズ」 /  写真下:「桐生の木で家をつくってみませんか」ネットワークの看板です。透明の板の向こうに豊かな森が見えるという仕掛けです。)



 







 
         
 


日本きのこ研究所

群馬県は栽培きのこの生産量日本一というのだそうです。それはなんと!1942年といいますからもう60年以上前に栽培きのこの研究に取り組んだ森喜作さんの研究の賜物なんだそうです。それまではきのこの胞子が栽培のための原木に付くのに任せるといった、きのこ次第というものだったものをあるものを発明して今のようなシステムになったというお話。そのシステムや胞子がきのこから噴出する映像など、どうぞ放送でご覧下さい。(写真上:今も新しい品種の開発が行われています。 / 写真下:新開発の機械、さて何をするのでしょうか?)

 
 
         
 
フライ作家

アメリカのメーカーとも契約し世界中でその作品が使われているという島崎さんのお話を伺いました。「渡良瀬川流域で育ち、虫が好きと言うのが役立っています」という島崎さんの工房には川釣りになくてはならないフライがいっぱい。良いフライを造るためにはいつも魚が好む川の虫を観察していないと駄目と言う島崎さんと観察用に発明した不思議な箱めがねでしばし川の観察をしました。公害の川のイメージからは程遠くなった渡良瀬川は、きれいな流れとともに水生昆虫がいっぱいでした。
 写真はお天気が悪くなるかもしれないというので、大車輪の撮影のため残念ながら撮る時間がなくお見せ出来ません。放送で山村さんと遊んで下さい。


     
         
 
足尾に緑を育てる会

足尾銅山がもたらした公害は社会科などの教科書でその実態や写真で良くご存知だと思いますが、元精錬所の周辺の山を実際に見るとやはり驚きます。精錬の煙害によって失われた山の緑が元通りになるには100年かかるかも知れないと伺いました。自然の形ではなかなか緑が育たないので、植林によって緑を取り戻そうと行政などの手でも植林が行われていますが、地元足尾の有志の手でも7年前から植林が行われています。今では小学生などの課外実習として、近隣の学校から植林にやって来るようになりました。この日は千葉県からの小学生たちと一緒に山村さんも木を植えました。ここでの植林は苗木だけでなくある物が必要なんですが、それも煙害の結果と聞くと、壊された自然を取り戻すのは並大抵ではないことを実感します。このあたりは風景とともに放送でお確かめ下さい。( 写真上:後ろに見えるのが裸の山です。目の当たりにした山村さん、言葉もなかったそうです。 / 写真下:育った木は今度は鹿などから守るために、シールされて大切に育てられます。)

 
 
         
 

北関東という地域の旅でしたが、川と里山のある土地は日本各所にあって、そこにはどこか似通った風景や暮しがあるように思えました。皆さんのお住まいの土地の周辺にもそんなこんなの里山がありそうな気がしますが如何がでしょうか。ご感想をお寄せ下さい。

     
         
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.