番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 

70年代後半の人気のロックンローラー、「セクシャル バイオレットNo1」といえばお分かりでしょうか、あの桑名正博さん初お目見えです。今はミュージシャンとしての音楽活動の他に会社経営者、車椅子バスケットなどのボランティア活動、ラジオのDJ,俳優・・・と幅広い仕事の毎日でいらっしゃいます。

大阪での打ち合わせでお目にかかった印象は、関西弁のソフトな話振りがナンともやさしい好中年でありました。音楽活動の傍らやっている車椅子バスケットのこと、地方へ行った時の時間を見つけてのボランティアのコンサートのことなど、さりげなくしかし楽しげに語ってくれました。放送前の定例の試写会のメンバーは皆ファンになってしまったものです。
で、今回の旅先札幌は20年来の音楽仲間達が集まるライブハウス、手作りで楽器を楽しむ人々、海の珍味、ボランティアのコンサート・・多彩なプログラムとはなりました。(写真:小樽の南日本海に面した岩内漁港、珍しい食べ物もありましたが、とてつもない波の大きさに驚きました。)



 











         
 


市場食堂



小樽の名所といえば運河、レンガの倉庫、ガラス工房、明治時代の建築そして裕次郎記念館と言ったところでしょうが、北海道小樽と言ったらやはり魚市場ですよね。小樽の鱗友市場を訪ねました。
 カジカ、マダラ、文字通りの姿のハッカク(八角)…冬の美味しそうな魚が並んでいました。それも驚くような安い値段で。市場見学の後は市場の中の食堂で朝ご飯。サケ、キンキ、ソイどれも美味しそうな煮つけの中に写真のような「ほっかいどう」という物が・・・(写真上:「旅の初日でなければあれもこれも買って帰りたいなぁ」と桑名さん。/ 写真下:「ほっかいどう」です、正体は…お分かりですよね。)

 












 
 
白子(たつ)かまぼこ

スケソウダラ漁の盛んな岩内町、この町で昔どの家庭でも作っていたかまぼこです。<一寸変わっています!>
この町ではタラの白子の事を「たつ」とか「たち」と呼んでいるそうで、文字通りこの白子を使ったかまぼこです。<作り方も変わっています!>
但し、最近は漁も大幅に減って貴重なものということで、この町でしか食べられない珍品になっているので、取り寄せが出来ず残念なことです。申し訳ないのですが放送でその不思議振りをお確かめ下さい。(写真上:こうやって丸くして・・・ /  写真下:10分ほど茹でて出来あがりです。)
 












 
         
 
楽器を作る人々


<ギター工房>
愛知県から移り住んで札幌郊外当別町でギター工房を開いているのは青木さんご夫妻。「祖父が大工でしたから、道具を使って何かを作るのは好きだったんです」ですと青木さん。北海道の乾燥した気候が楽器作りに良いのだそうで今まで作った100本余りのギター、これが全てオーダーメイド。最近は制作教室も開いています。

<ケーナ工房>
こちらはフルート奏者として活躍していた河辺さん。或る時「コンドルは飛んで行く」を演奏する事になって、どうせならオリジナルの楽器で演奏しようとケーナを作り始めたのがきっかけとか。今までに5000本余りを作って、演奏活動もしていてケーナ奏者としても第一人者の河辺さんが「どんな自信作で吹いたのよりもこれが一番受けちゃうんですよ」と苦笑しながら見せてくれたのが筒状のものならナンでも音が出るというあれこれ・・まぁびっくりですから・・・
音楽仲間ということで桑名さんの表情もなごやか、音楽談義と実演に時間を忘れての楽しいひとときでした。
(写真上:自信作を手に工房の皆さん / 写真中:何を口にしているとお思いですか? / 写真下:河辺さんの作品、色々な笛も。)


 










 
         
 
チャックベリー


札幌にあるライブハウス、桑名さんとは20年来のお付き合い。
札幌に行くとここでライブコンサートをやったりもしますが、ここのメンバーが小樽にある知的障害者入所施設・和光学園で20年以上前から学園祭や行事に参加して学園と交流があるということで、今回桑名さんも参加してのコンサートが実現しました。コンサートの前に皆がやっているガラス工芸、織物、パン作りなどの仕事場も見せて頂きました。
ここで作るものは即売されて施設の運営資金にもなるそうです。コンサートはケーナの河辺さんも飛び入りして桑名さんの歌を皆が楽しんでくれました。(写真:学園のガラス工芸班の作品です。)
 


   
         
 

桑名さんのやさしい人柄もあったのですが、小樽,岩内、札幌今回の旅先で出会った人々とは沢山のそんなこんなの想い出を一杯残す事が出来たようでした。 「めっちゃ楽しい旅やったで!北海道の皆、おおきに!ありがとう!」・・・旅の終わりの言葉です。(写真:札幌大通り公園で1月4日まで見られるイルミネーションです。次ぎは雪祭りの雪像が並びますね。)

   
         
         
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.