番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 


寒い時には寒い土地へ、となればこれはもう北海道。という訳で今回の益子さんの旅先は旭川、木の町らしく一寸楽しい木工工房から大雪山の最高峰旭岳の中腹まで冬の北海道を思う存分楽しもうという欲張りな旅とはなりました。
最近雪国体験のツアーが結構流行っているそうで、その中でも「スノーウォーキング」というのが格別なんだそうですので、これもお楽しみ下さい。

 











         
 


かくやき

旭川の買物公園でまずは雪対策のお買物となったのですが、ここにはなぜか雪がない。道路の脇に湯気の出ているなにやら黒い箱に秘密があるらしい…簡単に着脱できるすべり止め、とてつもなく暖かい靴の中敷etc etc雪国ならではの見たり聞いたり買ったり…零下7.2度の中を市民の台所、銀座15丁目商店街の市場で目にした物がこの<かくやき>。「戦中戦後食べる物が十分に無かった時、ご飯代わりに食べたもんだよ」とのこと。さてその正体とお味は…?いつものように、はい、放送で。(写真:「普通のかまぼこですよ」とおっしゃるのですが…)



 













 
 


クラフト館


流石木の町らしく家具屋さん、木工芸のお店が目に付く中で、面白い物が並んでいますよと教えられたのがこのお店。
「自分の手で全て作れるものを」と拘りのご主人佐々木さんの作品が並ぶ店内、まず目に入る物がピストル、ライフル銃の陳列棚。「はて、ミニチュア?」良く見ると木ですね、木工芸のお店ですから、はい、納得です。しかしこれ実物大重さもそれなりにあって、試射も出来るんです。    
 他にも佐々木さんの遊び心一杯の品々がありますが、益子さんがいまだに仕掛けが分からなくてイライラしているのが<いらいら棒>という遊び道具、まぁご覧になって下さい。「遠くへ行きたい」チームの中でも出来た人と出来ない人とがいて中々面白いことになっているのです。(写真:全て弾が出るのです。弾は一週間ほど日に当たると自然に帰るというものです。)


 









 
         
 
木彫りの看板


同じく木の町東川町の商店街を歩くと目に付くのが(やたらに目に付く旅ですが)木彫の看板。一寸写真では分かりにくいかも知れませんが、洋菓子店にはケーキの看板という具合に楽しい看板が続きます。

   
         
 
バウ工房

風変わりな名前の大門さんの工房です。「出来た物が、見てもらってあっと驚くような、そんな物を作りたい」おっしゃる言葉通り「えっ!これが木工品ですか?」というこれも遊び心一杯の、しかし木の特徴を生かすことに拘りに拘った大門さんの作品です。これは益子さんと一緒に見て驚いて下さい。
ですので、写真もお見せしないことにします。

     
         
 


なんでもこい漬

東川町の漬物名人、越智さんの漬物です。その名人ブリはお祖父さんまで遡ると言いますから、半端じゃありません。3食違うお漬物が並ぶというくらい色々な物を漬物にしてしまう越智さん、近所の人が試作品を楽しみにしているとか。材料となる野菜は勿論味噌漬の味噌も自家製という拘りようです。(写真:とりあえず出してみようかと、並んだ数々です。)

   
         
 
雪の美術館

旭川市にある教会の様に可愛い建物の雪の結晶などが展示されている美術館です。
雪の研究に生涯を捧げた北海道大学の小林禎作先生の研究資料や雪の結晶の写真が展示されています。中でも楽しいのがクリスタルルームという雪の結晶の写真が映し出されている部屋。こんなにも沢山の種類があるのかと驚く数です。旭川にお似合いの雪のファンタジーという気がしました。(写真:どれを見ても六角形がベースなんですね。)

   
         
 
スノーウオーキング

日本一美しい雪が降るという旭岳の麓で、大雪山自然学校の荒井さんと一緒に雪遊びです。現代版かんじきスノーシューをはいてパウダースノーの林間コースを歩きました。お砂糖のようなさらさらの雪を相手に童心に帰って遊んだ後は、この時期大変珍しい快晴ということで、ロープウエーに乗って森林限界まで行くことが出来ました。画面でも充分に楽しんで頂けそうな気がしますので、是非ご覧下さい。
昭和も40年代ぐらいまではこんな雪遊びが街中でも出来たもんだよなぁ、と思われる方多いのではないでしょうか。(写真:噴煙が見えるところまでも行くことが出来ました。)

   
         
  寒さを忘れてすっかり雪国を楽しんだ益子さん。雪国の生活の知恵、厳しい自然の中での暮し、晴れた日のなんという楽しさ、遊び心一杯の木工芸作家…束の間の晴れ間に恵まれて北国の生活のそんなこんなをめいっぱい楽しませて頂きました。
     
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.