番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ  
 


美濃というと美濃紙、美濃焼きなど岐阜県の美濃地方のイメージになってしまうため、東美濃、西美濃という言い方で区別されるようで、今回の旅先のあたりのパンフレットは「東美濃」と書かれています。で、この東美濃地方は多治見、土岐などを中心に古くから焼き物の町として栄えているところです。織部、志野などもこの辺りの焼き物ですよね。
「じゃ、あの高そうな、古い伝統工芸の器の話かい」などと早合点しないで下さい。タイトルに“最前線”とありますでしょう・・・「炎の一瞬に賭ける伝統の技」「当り前のように、一日に200個も同じ模様を手描きしてしまう職人技」「へぇ〜こんな方法の大量生産があるわけか・・」などなど、まぁ焼き物の話でこんなに楽しめるのも「遠くへ行きたい」ならでは、チーフディレクター森健一ならではの旅の30分です。


 











         
 


鷹匠

焼き物の話からかと思ったら、いきなりのフェイントです。日本には10人そこそこの人が鷹匠の伝統を守っています。しかしアメリカでは3万人を超す人々がスポーツとして楽しんでいるという、鷹狩のお話です。
小学生の時に鷹が大空を舞い、キジを捕えるその見事さに魅せられて、15歳で弟子入りしたという箕浦さんです。実際の訓練の見事さもさる事ながら、箕浦さんの本業のお話も「へぇ〜そうですか」であります。(写真:渡辺さんも一寸体験させて頂きました。)



 













 
 


黒織部


まずは、伝統の焼き物です。黒織部を得意とする瀧口喜兵爾さんの窯です。本来茶色に仕上がる鉄分の釉薬を塗ったものが、黒く仕上がるという「引き出し黒」の誕生の瞬間を見せて頂きました。どうして黒くなるのかは、必見の“へぇ〜”であります。(写真:窯から出したものが見る見る黒くなっていく様は一寸凄いですよ。)




 









 
         
 
虎渓山永保寺

臨済宗の名刹、本堂と庫裏が昨年秋消失してしまったそうですが、国宝の観音堂と太鼓橋は健在、ホッとするお寺の散歩です。 町の中の、本町オリベストリートという商家や蔵に手を加えた町並みもなかなかです。(写真:地元の方が来る度に新しい発見があるという静かな境内です。)


   
         
 
さかづき美術館

多治見市の郊外の小さな町、市之倉にあるさかずきの美術館です。ここ市之倉は日本の盃の7割を生産するというさかずきの町です。何故この町でこんなに沢山の盃が作られているのか・・・知っていますか? (写真:市之倉さかずき美術館人気のミュージアムグッズです。詳しくは来週のお得情報でどうぞ。   ※ いつも放送後にこういうお問い合わせを戴くのですが、こういう情報は見逃された方のために放送の翌週のこのページで「お得情報」としてお知らせしていますのでそちらをご覧下さい。)

   
         
 


古染付け

これぞ職人技という染付けを拝見しました。大量に作る生活雑器のために明治にはもうその為の機械があったんです。成型は機械ですが、素焼きに顔料で絵を描く染付けは手描き作業。「私は、伝統工芸士といっても職人ですから、同じものを沢山描けないと仕事にならない」という加藤幸祐さん。その数、一日に200個ぐらいかね・・と事もなげにおっしゃるのです! (写真:お話をしながらも手は休むことなく、伝統的な絵柄の器がどんどん並んでいきます。)

   
         
 
やきもの最前線

普段使いの陶磁器を量産で安く食卓へ送る、生産最前線で見せて頂いたものは・・・渡辺さんの口癖“へぇ〜”の連続です。本焼きの作業がたったの4時間・・・とか。まぁ、ご覧下さい。(写真上:模様を印刷するシリコンのパットです。(手触りはやはり・・・みたいなものだそうです / 写真下:パット印刷というのだそうです。これは2色ですが、それ以上になると更に奥の手が・・・)

 
 
         
 
鯉のぼりとネパールの初めての子供の絵

という展覧会を主催した染色家の近藤愛子さんのお話を会場で伺いました。「中津川がいつまでもきれいで、鯉のぼりが泳ぐ空がいつまでも青く、子供たちが逞しく育って欲しい」という願いを込めて作った、自由なデザインの鯉のぼり、そしてネパールの子供たちが初めて描いたという画用紙の絵がとても興味を惹きました。 どうしてネパールなのかというのは、放送でご覧頂くとして、子供たちの絵がここに並ぶ事になったお話も是非。 (写真上:大空に舞う近藤さんの鯉のぼりです。  / 写真下:ネパールの子供たちの絵の一部です。山と太陽はどこの子供たちも同じような書き方をするようですよ。)
 
 
         
  大人の社会見学とでも言うのでしょうか、焼き物の町を歩きながら、焼き物だけじゃないお話、職人さんの心意気からネパールまで、好奇心まかせに歩いて出逢った、そんなこんなの興味深いお話の数々を楽しむ旅とはなりました。      
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.