番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころ
 
         
 

 ダ・カーポのお二人久し振りの登場ですが、お二人にとっては最愛の兄上を突然の病で亡くすという出来事直後の旅となってしまいました。ダ・カーポのご主人榊原政敏さんの兄上宗康さん、とてもこの番組が好きでおふたりの旅が決まると、事務所の社長としてだけでなく一視聴者として、どんな旅になるのかをいつも楽しみにして下さっていました。「一寸風邪を引きまして、ナレーション録りの時を楽しみにしています。それと新曲の CD が 4 月に出ます、今回もダ・カーポらしいとてもいい曲が出来ましたから・・・」というような会話を交わして間もなくの急逝でした。お二人は「いつものように、楽しい旅をすることが供養になる」と悲しみを超えてのこととなりましたが、負けることなくいつもの絶妙のコンビネーションで見て楽しい、微笑ましい旅とはなりました。お兄様のご冥福を祈りつつ今回のご案内です。

 “元気です、新潟”というキャンペーンが盛んに行われていますが、観光地へはお客さんが沢山行くことが、何よりの励みではないか・・・と春間近の越後路への旅となりました。

 


収穫の秋になると稲を干すはさぎが見られるタモノキの並木、米どころ越後平野です。


 
 

ジャンボ椎茸

一寸ビックリする大きさの椎茸です。「中華饅頭みたい」「プルンプルンしてますね」「肉厚で、歯ごたえもシッカリしていますね」などなど初めてみる椎茸に感想も様々、見て頂くのがなにより。生産農家の皆さんのお勧めはなんと、“シャブシャブ”でありました。栽培ハウスの中で種菌を台木に植え付けて(植菌)大事に大事に育てます。ところで、皆さんは収穫時期には直径 10 cmにもなるというこのジャンボ椎茸、出荷できる大きさまで成長するまでにどのくらいの時間がかかるとお思いになりますか?

 

種菌を台木にドンドン植付けていきます。

 
         
 

大根カラシ巻き

大根が一番瑞々しくて美味しいこの時期に薄く輪切りにした大根に或るものを入れて巻いていくというお楽しみの逸品。漬物代わりに食べたり、保存食にしている町の郷土料理ということで巻町での試食とはなりましたが、これもどんなものかはダ・カーポの顔から想像してみてください。

 
色々なものを巻いて各家庭の味を作ります。
 
         
 

地ビール第一号

旅先で良く見かけるようになりました“地ビール”ですが地元の物ということで各地の特徴を取り入れた色々な物が出回ってすっかりお馴染みですね。愛知万博の名古屋では名古屋味噌をアピールしようと、味噌入りのビールを作ったそうです。色はともかく味はどんな物なのか、一寸味わってみたいもんです。で、話を戻しますが新潟というと、日本酒処、この地でなんでビール?ですが、これを始めたのが巻町の日本酒メーカーで、それが日本の地ビール第一号というので一寸びっくりでした。何故にビールなのか…答えは幾つかあるのですがその一つは、「日本酒は冬、ビールは夏」と季節が何となく定まっているので、お酒の醸造所としては一年が繋がるということもあるそうです…

 


地ビールは地元で出来立てを飲むのが美味しさ倍増だそうです。

 
         
 

魚の市場通り

寺泊町のお買い物名所、“魚のアメ横”といわれている市場で、関東からお買い物バスでやって来るほどの人気だそうです。魚以外にも野菜 , お菓子などが並び食べ歩きも楽しい市場です。そこでお目にかかった物は{いがぐり団子}おこわの中に草もちが入っているという団子で、「笹団子」と並ぶ名物にしようと、物産展などで偶に見かけるようになりました。作り方は、見てしまえば「なぁんだ」ですがこういう物って、見ると何やら美味しそうに思えませんか。番組をご覧になって、新潟県の物産展を見かけたらのぞいて試食してみては如何でしょう。

 
一つで二つ美味しいいがぐり団子です。
 
         
 

紙風船

「あぁ、昔家に来る薬屋さんがオマケニ呉れたよね」「近所の御菓子やさんに売っていたよね」「民芸品店でみかけますね」と世代によって様々な反応がありそうです。あの紙風船今では作る人も少なくなって、全国シェアの90%を占めるのが出雲崎町なんだそうです。どうやって円くしていくのか、これも見てしまえば「なぁんだ」ですが、その手際の鮮やかさは感心するばかりです。歴史は大正時代に東京から土地の人が持ち込み、冬の間の内職としてこの地に根付いたんだそうです。

 

 
分業で作られている変り種風船です。



 
         
 

浜焼き

炭火で新鮮な魚を焼いている浜焼きのお店にお邪魔しました。焼き立ての美味しさは格別のようで、ダ・カーポのお二人の表情からも充分に伝わってきます。全国にファンがいて、冷凍便でも送ってくれるそうです。味はともかく、その仕事をしているおばあちゃんたちの元気さと明るさがとても印象に残る出会いでありました。お二人は皆さんから元気のパワーを頂いて旅の終りとなりました。

 
実に手際良く次々と焼かれていく魚の数に驚きます。注文を次々こなして働き通しという感じですが、皆さん本当にお元気です。
 
         

気持ちの良い二人の気持ちの良い皆さんとの出会いが、とても楽しい旅でありました。出かけて行けば、何らかの出会いがあってその中からそんなこんなの自分なりの楽しさを見つけられるという、お手本のような旅、どうぞご覧になってご一緒にお楽しみ下さい。

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.