番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

今から30年前、一大旋風を起こしたアニメ「宇宙戦艦ヤマト」。今回は、その主題歌を歌うささき いさおさんが、宇宙戦艦ヤマトのモデルとなった、戦艦大和のふるさと、広島県を旅します。

 
         
 

戦艦大和に秘められた脅威の技術

戦後60年の節目を迎えた今年。広島県呉市に、−呉市海事歴史科学館−通称「大和ミュージアム」がオープンし、大きな話題を呼んでいます。館内には、精密に復元された戦艦大和の1/10スケール模型や、本物の零戦が展示してあり、当時、呉の街に日本の技術が結集されていたことをうかがうことができます。中でも、大和には戦後の経済復興に大きく貢献した技術がたくさん隠されているとか。その脅威の技術を館長の戸高さんに伺います。


 



 
         
 

球状船首

普段は、海の中で目にすることの少ない船の船首。宇宙戦艦ヤマトを見ればお解り頂けると思うのですが、近代の大型船船は、みんな船首が丸く突き出しているのです。普段は気づかないそんな所に、世界に誇る日本の造船技術の秘密が隠されています。その秘密を神田造船所の流田さんにお聞きしました。
 

 
         
 

金曜日カレー

明治初期、洋食をいち早く取り入れた日本の海軍は、イギリスから伝わったサラサラのカレーを日本流のドロッとしたカレーに変身させ、日本人の国民食に育てたといわれます。海上勤務に就くと「月月火水木金金」といわれるように、曜日の感覚が薄れがち。そこで週末を迎える金曜日の昼食には、カレーライスを出したのだとか。と、いうわけで海上自衛隊の『護衛艦ひえい』に乗艦し、本家本元の伝統を引き継ぐ艦内の調理室で、カレー作りを見せてもらいます。

 




 
         
 

旧海軍兵学校

広島県江田島市。ここにも、旧海軍兵学校の伝統を引き継いだ、海上自衛隊幹部候補生学校があります。この学校は、明治21年に作られた海軍兵学校の伝統を今に引き継ぎ、イギリスのダートマス、アメリカのアナポリスとならぶ世界三大海兵学校として広く世界に知られていました。重厚な雰囲気を持つ校舎のレンガはイギリス製で、一個一個、包装紙に包まれて輸入されたもの。また、瀬戸内海の御影石で作った大講堂などがあります。

番組の中では紹介できませんでしたが、この学校の中庭には、「貴様と俺とは〜同期の桜〜♪」の歌で有名な「同期の桜」のモデルとなった桜の木があります。実際にモデルとなった桜があると聞き驚きでした。

 



   
 
         
 

大崎下島、御手洗地区で雅楽を聴く

大崎下島にある御手洗地区は古くから北前船が、来島海峡を渡るために、風待ち潮待ちで立ち寄る港として栄えてきました。そのため町は、問屋仲買として大変な財を成したのだとか。そのころの旦那衆の遊びとして現在も伝わる「雅楽」を聞きながら今回の旅は終わります。


 




 
         
         
         
         
         
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.