番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

3週に亘ってお送りする 北海道の旅第3弾!最後を締めくくるのは、「宇宙戦艦ヤマト」で有名なささきいさおさんです。春の北海道。大自然がようやく寒い冬から開放され、木々のささやき、鳥のさえずりが聞こえてくるようです。そんな雄大な北海道の地とエキゾチシズム漂うレトロな町・小樽を訪れ、釣りやスキーといった前2回とはグッと趣の変ったアクティブでスポーティな心踊る旅をします。と思ったら、小樽の夜のカフェでバーボンを手にジャズに酔う、なんてことも・・・とにかく北海道の魅力がギッシリ詰まった旅で〜す!

 
         
 

夜の小樽はモダンジャズが似合うー

パラッパパッパラッパパッパ〜♪(すいません、ジャズの名曲モーニンです)とくとくと注がれるバーボンウィスキー。(ささきさん似合ってます)まずは夜の小樽でしっとり大人のカフェを堪能します。ここ「Groovy」には伝説のオーディオ名器『パラゴン』スピーカーと『メルコ3533』プレーヤーがあり、モダンジャズを生演奏さながらの雰囲気で楽しむことが出来ます。(本当に圧倒的な音響設備でした)ここでGroovyのマスター野田弘之さんに夜の小樽の魅力を紹介していただきます。(やっぱり音楽には詳しいささきさん、時間を忘れ野田さんと語り合っていました。)

 


 
         
 

夜の小樽運河とブロンズのガス灯

ここ小樽運河、実は一度埋め立てられようとしていたのです。このことは小樽論争と呼ばれ、10年にも渡って論争が繰り広げられました。それが今ではすっかり街のシンボルとなり、小樽に欠かせないものとなりました。その運河にアクセントを与えているのがブロンズ(青銅)で作られた63基のガス灯。小樽運河の夜景を一際輝くものにしてくれています。このガス灯について、鋳物職人の木下修さんにささきさんがお話を伺います。

 

 
         
 

「7日食べたら鏡をごらん」― ガゴメ昆布

カ〜ゴメカ〜ゴメカ〜ゴの中の鳥は〜♪(す、すいません、全然関係ないです)北海道の特産物の一つに昆布がありますが、実は北海道の人たちは昆布をあまり消費しないという統計があります。道民にとって昆布は、海岸で拾ってくるものか、タダでもらうものとされているそうです。しかし観光客ばかりでなく、地元の人にも昆布を買ってもらおうと頑張っている店が小樽にあります。昆布専門店『利尻屋 みのや』がそれ。まずは店主の蓑谷修さんに北海道昆布のイロハを教えてもらいます。昆布にはアルギン酸、U−フコイダン、ヨードなど貴重な栄養素がたくさん含まれていて、お肌の美容と健康にとてもいいんです。そしてこれらの養分はヌルヌルの中にあるので、これを食べない手はないというわけです。お勧めはヌルヌルの沢山あるガゴメ昆布!表面に篭目のような模様があり、そのまわりのヌルヌル度は抜群。興味津々、さっそく試食させてもらいます。昆布ネバネバでお肌つるつるに、なっちゃいます。

 




 
         
 

北海道の春の味覚―「サクラマス」の一本釣り

積丹半島沖合いの日本海では、春になるとサクラマスの一本釣りがベストシーズンを迎えます。ささきさんも大の釣り好き。黙って見過ごす訳にはいきません。何はともあれ早速サクラマス釣りに挑戦します。

「あ〜らよっと!
春のホッケは おぼこの女郎
餌とバケとの見分けもつかず・・・」

 

 
         
 

吟遊詩人の奏でるアイリッシュハープ作り

北海道の雄大な自然の風景は、どこかスコットランドやアイルランドに似ているとも言われたり言われなかったり・・・ そんな風景が気に入ってこの地に工房を構え、ハープを作っている方がいます。吟遊詩人なんかが持っている軽量、小型のハープです。池野泰明さん、この方が作っているのはアイリッシュハープと呼ばれる楽器で、イギリスまで行って有名なハープ職人に手ほどきを受けた、池野さん、イタヤカエデなど北海道産の木にこだわり、その木目を生かしたオリジナルデザインのものを作っています。(ハープは特にこれっ、という形が決まってないんだとか)ささきさん、ハープ作りの工程を伺い、最後に池野さんの演奏で唄う歌はー。

   
         
 

ニセコアンヌプリの春スキー−「テレマークスキー」

近年、オーストラリア等から多くのスキー客がニセコを訪れ、大いに賑わっています。その理由として挙げられるのが、雪の質。パウダースノーと呼ばれるここニセコの雪は、本当にさらさらです。そんなニセコに魅了され、日本で暮らしているロス・フィンドレーさん。彼はNAC(ニセコアドベンチャーセンター)を設立し、スキーやラフティング等、アウトドアスポーツで自然を楽しむ喜びを世界の方に知ってもらおうと、多くの活動をされている方です。ロスさんが今注目しているのが、テレマークスキーと呼ばれるスキー術です。急斜面を滑り降りるだけのアルペンスキーと違って、雪上を歩くのは勿論、坂を上ったり滑り降りたりするのも自由自在。いわばスキーの元祖と言えます。テレマークスキーはスキー靴の踵が自由に動くので、初心者のささきさんでも容易に楽しめてしまう。というわけでささきさん、テレマークスキーを履いてロスさんとともにニセコアンヌプリの大自然を散策しに出かけます。

 

 

北の大地にささき襲来!
という事でささきさんと北海道!
どちらも楽しんでください!

 



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.