番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

スポーツ選手という人たちは引退すると当然のことながら皆さん少し〜大幅に体形がかわりますね。関取は随分細くなりますが、野球選手はマスターズリーグの試合などを見ていると、ほとんどの人が結構皆さん太り気味でいらっしゃいます。一方、今回の旅人増田さんのようなマラソンの人たちは一線を退いてもそんなに変わらない体形のように見えるのですが「毎日走るようにしていても随分太ってしまった」とおっしゃいます。それも1キロや2キロの話じゃないので一寸ビックリです。運動量が現役のときとは全然違うからなんだそうですが、ロケのときなんかも毎朝仕事前に必ず1時間ぐらい走る増田さんに、スタッフの若者が挑戦して一緒に走りますが「スピードなどを加減してくれるので2、3日のことだから何とかついていけますが、あれを毎日というのはとてもとても・・・ですねぇ」と感服の一言です。そんなエネルギーを何処にためているのかしらんという元気の塊みたいな増田さん「美味しいもの、珍しいものに出会って、また太っちゃいました」という島原の旅、文字通り隠れた逸品との出会いです。

 


島原半島のシンボル島原城をバックに快晴の旅立ちです。

 
         
 

イルカウォッチング

口之津港から観光船で行くイルカウォッチング。本来日本の海に定住することはないバンドウイルカの群れが、有明海には300頭ぐらいが暮らしているそうで、それを目当ての観光船が運航されています。目の前でイルカたちの生態を見ることが出来るのはまたとない体験のようでした。

 
丁度出産を済ませ、生まれて間もない子供を連れて泳ぐ母と子のイルカの仕草は神秘そのもの。
 
         
 

島原素麺

水が豊かだからでしょうか、素麺が島原の名物なのですが、ここだけという素麺がありました。それはどんなものかというのは言わない方が、テレビを見る楽しみがあるかな、と思うのですが・・・品物の名前と原料だけ申し上げておきます。「いか墨素麺」原料はモンゴイカの墨袋と小麦粉、腰の強さが特徴です。そこいら中黒くなりゃしないかなんていう心配はどうか、などなどはどうぞ放送でお楽しみ下さい。

 
墨が沢山取れるので原料にする墨はモンゴイカが良いそうです。
 
         
 

じげ納豆

醤油、味噌の醸造所で造られている島原の納豆です。じげ=地元という文字が当てられるそうで、文字通り島原地方の納豆であります。さて、どんな納豆か・・・普通の納豆みたいにネバネバしないのです。これもあとは放送でお確かめ下さい。見ると分かりそうなので写真もお見せしないことにします。

 


 
         
 

島原見て歩き

島原市内にはあちこちに地下水が湧き出していてその数60箇所以上とも言います。水路には大きな鯉も泳ぎ、流れる水音が涼しさを運んでくれます。水路の脇には武家屋敷が連なり、島原散歩に趣を加えています。そして半島をめぐる島原鉄道のトロッコ観光列車、1990年に噴火した普賢岳は今は穏やかに水蒸気が噴き出して、空から蒔かれた植物の種が斜面を覆ってようやく復活した緑を眺めながらの短い列車旅を楽しめます。

 


お城の様な島原駅から深江駅まで一日三便のトロッコ列車です。

 
         
 

島原灰干し

普賢の火山灰を使って造る干物です。火山灰が微妙に魚の水分を吸い取ってくれることで魚のうまみが残って、美味な干物が出来上がるそうです。タイ、アジ、フグ、シタビラメなど旬の魚の干物「普賢」印です。

 


 
         
 

島原木綿

和風から洋風へ生活様式の変化で服装も様変わり、伝統のある島原木綿も次第にすたれていきました。この伝統工芸の技術を残そうと活動を続ける「島原木綿保存会」。藍染の糸で織る縞模様が特徴の島原木綿、そのポイントとなる織物の構成図案を伝えるのが縞帳、糸の量と色の配色を図式化したもので、建築で言えば設計図、音楽で言えば楽譜のようなものなんですが、まぁご覧下さい。日本の伝統工芸の緻密さがとても良く分かります。

 


若い人たちにその技は継承されていて、体験学習には子供たちも参加しています。

 
         
 

パッチワーク

普賢岳の裾野にペンションとアトリエを構える深江町の北田さん。ペンションはそのまま作品展示のギャラリーといったところ。普賢をモチーフにした作品の数々を拝見しましたが、北田さんのパッチワークは幾何学模様のアメリカンパッチワークと違って、独自の模様構成でなかなか楽しい世界です。作品を拝見した後、増田さんの体験したのはこのペンションで行われる料理教室。新人主婦としての増田さんの料理体験如何なりますか、どうぞご覧下さい。

 


 
         

久し振りの増田明美さんの旅、島原半島で思わぬものに出会って隠れた逸品とそんなこんなの印象深い出会い、早朝のマラソンもいつかご紹介したいと思いますが、なんだか手に入れてみたいものの数々と共にお楽しみ下さい。

 


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.