番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

山梨県。正直、普段はあまり注目を浴びていないかもしれません。ところが、いざ行ってみると本当に素晴らしいところだという事に驚かされます。一面に広がるブドウ畑の風景は、どこか違う国に来ているような心地良い錯覚を与えてくれます。そして世界でもまったく引けをとらない、トップレベルの彫金技術を駆使して製作された宝飾品の数々は、見るものの心までも奪ってしまいます。
さらにこれら山梨で出来たワイン、ジュエリー等を世界に広めようという熱き情熱人たちが、ここ山梨には大勢いるのです。今回はその方たちを関口照生さんが訪ね、交友を深めるのも然り、熱い談義に花を咲かせます。


 
         
 

人生のパートナー、深き絆。(ドッグセラピー)

帝京科学大学。この大学には近年、全国でも大変珍しいアニマルセラピー学科が創設されました。ここでは精神病、障害など難病に苦しむ方たちの痛みを、動物達と触れ合うことによって緩和、改善させていこうという介護療法・アニマルセラピーを教えています。(アメリカでは、50年前から既に取り入れているというんですから驚きです)
関口さんが訪ねると、ドッグセラピー授業の真っ最中で、実際に犬を連れてきての実習形式でした。(生徒の皆さんは、自分の飼っている犬を連れてきていました)
関口さんも患者役に扮し、犬たちと触れ合い授業に共に参加します。
(犬好きの関口さん、犬たちとじゃれあう中でとても癒されているように感じました。ただ、山本先生に言わせると、一人一人の患者さんに最も合うと思われる犬を選ばなければいけないそうです。『人を知り、犬を知る』、言うまでも無く、大変多くを学ぶことが出来ました)

 


偶然わんちゃんがこっちを向いてくました。こういうキョトンとしたところが犬のかわいいとこですね。

 
         
 

熟成せし物たち(赤ワインのテイスティング)

赤ワイン、どことなく魅力のあるお酒です。
一見するとすごい高級なイメージがある(貴族というイメージが僕にはあります)このワインですが、そんなことはありません。
今では日本でも、数え切れないほどの愛飲家がいてワインの味と香りを楽しんでいます。
ここ山梨は、日本でも有数のワインの産地、そして関口さんも大のワイン好き。
とあれば飲まない訳にはいきません。という事で早速知人の大村さんを訪ねて、ワインの試飲!! (この時はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プチ・ヴェルドーのブレンドをテイスティングしました)どれをどのくらい入れて求める味を作り上げるのか、ここが一番難しいところで腕の見せ所です。(僕には3種の違いがほとんど区別できませんでした。こういう繊細なところがまたワインの魅力なんですね)

 
ワインテイスティング中の関口さんと大村さん。
 
         
 

ワインが100万本眠るトンネル(トンネルワイン貯蔵庫)

勝沼には、JR中央本線の通っていたトンネルを改装した、約1,100メートルにも及ぶ巨大なワイン貯蔵庫があります。トンネル内は年間平均14度前後を保っており、ワインにとってこの上なく良い環境だそうです。なので山梨のみならず全国各地から、ここに個人用のワインラックを持つ方が大勢います。(ちなみに、今もまだワインラックオーナーを募集中だそうです)
と、このワイン貯蔵庫をワイナリーの有賀さんに案内してもっらたあとは、関口さん、なんと自身でも初体験だという蕎麦に白ワインという異色の食卓に連れて行ってもらいます。
(今、ワインは寿司など和食にもってこいのお酒として、とても注目されています)
関口さんも新たな体験に顔がほころびっぱなしでした。

 
甲州種の葡萄。山梨県自慢の葡萄です。

暗いんですが見えますか。トンネルワイン貯蔵庫内部です。
※奥にいるのは自転車に乗っている関口さんと有賀さんです。
 
         
 

永久(とわ)の輝き・プラチナジュエリー

サッカー界の「将軍」プラティニ、その似て非なるものが宝石界の「将軍」プラチナ。(なんてことはありません。文字っただけなのです)
この松葉ガニの釜焼きにも勝るとも劣らない、永久の輝きを持つプラチナ。(すいません、これ言ってみたかったんです)知れば知るほどいかに優れているのかが分かります。
関口さんも訪れた白金工房にて、早速ある興味深い実験を見せてもらいます。(全容を詳しくは言えませんが、金とプラチナを使った実験です。ホァチャー!)

 


これが金とプラチナのインゴットです。※同じ1sでも容積の違いで面積が変るんです。

 
         
 

桃花村と田中泯さん

世界的な舞踏家、舞踊家でもあり振付師でもあり俳優でもあり…(枚挙にいとまがありません)、ある一つの枠にはまることなく広く活躍している田中泯さん。
そんな田中さんと関口さんとの出会い。田中さんの手掘りの井戸、そのすべてを自分たちの手で改修したという桃花村を見せてもらい、最後は田中さん自慢の水出し茶を振舞ってもらいます。(なぜかその空間だけはゆっくりと時間が流れている。そんな不思議な印象でした)

 


田中泯さん手掘りの井戸。2年越しだというんですから、驚きです。

お茶を飲む田中さんと関口さん。じっくり味わってます。

 
         
         
         

秋が訪れる山梨、されどこの地に飽きはきません。(僕を山梨の観光大使に任命してください!)世界に羽ばたく逸品の数々をその目でご覧いただく、山梨満喫恍惚うっとり旅。皆さん、是非一緒にご体験ください!!

 


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.