番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ


 
         
 

今回の旅先は静岡県東部、太平洋に突き出した伊豆半島。伊豆といえば、東海岸には伊豆急行が走り、熱海・伊東・河津・下田など、いわゆる観光地や温泉街として有名な町が多く点在しています。ところが西海岸には鉄道がなく、土肥温泉や堂ヶ島といった観光名所も一部にはあるものの、意外に知られていない町が多いのです。土地の方がおっしゃるには、現在西海岸沿いに走る国道は戦後自衛隊が作った道を舗装して作られたそうで、かつては沼津から船で来るしか方法がなかったという“陸の孤島”だったとか。それだけに、東海岸とは一味違った静かな漁村の風情が今も残ります。今回はそんな伊豆半島西海岸を、元マラソンランナーの増田明美さんが縦断、海と魚を満喫する旅です。

 


旅の出発地・戸田港をバックに美しいフォームで走る増田さん。ロケ中も毎朝のジョギングは欠かしません。

 
         
 

戸田(へだ)港

旅の出発地は西伊豆の玄関口・沼津市戸田(へだ)。駿河湾に面した戸田港は、港口に砂州の御浜岬が弓形に突き出し、これが防波堤の役割を果たす天然の良港です。実は駿河湾は最深部で2500mに達し、1000種類もの魚が獲れるという大変豊かな海。戸田港からは毎日深海魚や世界最大のカニ・タカアシガニを狙う底曳き網(トロール)漁船が駿河湾へ出て行きます。

 


御浜岬によって駿河湾から守られている天然の港・戸田。

 
         
 

タカアシガニ蓄養場

その戸田のシンボルマーク的な存在になっているのが、世界最大の甲殻類・タカアシガニ。駿河湾の水深200〜500m前後に棲息し、両足を伸ばすと3m以上にもなるという巨大なカニです。戸田港は唯一のタカアシガニ水揚げ港で、かつて漁獲量は年間20tを越えていたということですが、年々減り続けひと頃3tにまで落ち込んだといいます。戸田の誇る世界一の水産資源を子や孫の代まで伝えたいと、このタカアシガニの蓄養・増殖を始めたのが中島茂司さん。謎の多いタカアシガニの生態を40年近く研究し、生活排水の少ない埠頭の岸壁に独自の蓄養場を作りました。中島さんの発見したタカアシガニの生態と、自ら考案した生簀による蓄養を見せていただきます。

 
水槽の中で飼育されるタカアシガニ。ここで交尾・抱卵したメスガニは海水が入り込む生簀へ移され、自然と同じ環境の中で産卵する仕組みです。

見て下さい、この大きさ!これでもメスガニはオスより一回り小さいのです。オスガニを見たい方は番組でぜひ!

 
         
 

タカアシガニの釜揚げ

さてこのタカアシガニ、かつては漁師さんが家庭のおかずに食べる程度で大半は捨てられていたそうですが、今やすっかり高級食材。シンプルに釜で茹でたものが絶品です!というわけで、中島さんの経営する「の一食堂」でタカアシガニの釜揚げをいただきます。

 


さすが世界一だけあって、足1本でも相当な身の量です!カニ味噌の量も半端じゃありません。

“サッパリしてるけど、甘くて風味がある!”増田さん、思わず笑顔です。

 
         
 

カニ面

さてこの戸田には、タカアシガニの甲羅に怖い顔を描いて軒先に吊るし、魔除けにするという風習が江戸時代からあったのだそうです。今では戸田でただ一人、その“カニ面”を作り続けている、勝呂(すぐろ)満夫さんを訪ねます。
勝呂さんがカニ面を作り始めたのは40年以上前だそうですが、かつて漁協の職員をしていた頃、あまり人気のなかったタカアシガニのPRのためにと思い付いたのが、終戦直後に見たカニ面。その記憶を頼りに鬼のように恐い顔を描いて物産展に持っていったところ、意外な人気を呼んだのだそうです。今では魚屋さんや料理屋さんでタカアシガニの甲羅が余ると勝呂さんの所へ持って来てくれるそうで、町内の殆どの店には勝呂さんのカニ面が飾ってあるといいます。勝呂さんのカニ面作りを拝見します。

 


怖いといっても、どこか可愛らしくユーモラス。郷土玩具のような味わいのカニ面です。

 
         
 

駿河湾深海生物館

戸田の人たちの暮らしと、何かと縁の深いタカアシガ二。ところで、この巨大なタカアシガニの赤ちゃんは一体どんな姿形なのでしょうか?戸田港の御浜岬に建つ「駿河湾生物館」にタカアシガニの貴重な展示物があるということで、早速訪ねてみます。

 


深海底曳き網・トロール漁船が獲ってくる深海の魚やエビ、カニの標本、300種1千点が展示されています。

成長したオスのタカアシガニ(剥製)。まるで異星の生き物のよう!?

 
         
 

ちらし寿司弁当「ザ・トロール」

戸田の鮮魚店のほとんどは、自分の持ち船で獲って来た魚を売る網元のお店。そんな中の一軒・山竹商店さんでは、底曳き網(トロール)漁で獲って来たタカアシガニや深海魚を豪華に盛付けたちらし寿司弁当、その名も「ザ・トロール」を作っています。
奥さんの山田千恵子さんが、網にかかって取れてしまったタカアシガニの足を活用したいと始めたこのお弁当、ご主人が駿河湾で獲って来た深海魚を使うのはもちろんのこと、大葉、パセリ、レモン、ダイダイ、生姜などの野菜も、近所のお仲間の畑で朝採ってきたばかり。魚を酢でしめ、味を調えるのは地元の名産「戸田塩」。地元の素材と女性たちがワイワイと台所に集まって、増田さんも一緒に「ザ・トロール」作りを楽しみます。

 


タカアシガニ、深海魚のメギス、アマエビ、タコはすべて前夜ご主人が駿河湾で獲って来たばかり。

山田さんとお仲間に混じって、増田さんも盛付けのお手伝いです。
彩りも華やかな「ザ・トロール」、タカアシガニまで入って1個600円!すべて自前だから出来るお値段です。

 
         
  NPO戸田塩の会

さて「ザ・トロール」にも使われた「戸田塩」ですが、駿河湾の海水を使ったこの土地の塩作りの歴史は古く、1500年程前、安康天皇に献上されたという記録も残っているそうです。戦後まったく途絶えていた伝統の製法による塩作りが、平成7年、地元の有志が結成した「NPO戸田塩の会」によって復活しました。
  塩作りに使う海水は駿河湾に入ってくる黒潮の水。海面から15m程下には南洋のプランクトンをたっぷり含んだ黒潮が蛇行しながら入って来ており、それを会員である地元の漁師さんがポンプで汲み上げるのだそうです。
  イラクに駐留する自衛隊のミネラル補給に持たせたいというオファーもあったという戸田塩(残念ながら要求される生産量が多すぎて実現しなかったそうですが)、ミネラル分が豊富だそうですがお味はいかに・・・?

  伊豆独特の海鼠壁の町並を歩きます。この壁は強風に対する補強と防火を兼ねているそうです。
地元の薪と流木を使い、13時間も炊き上げた海水から塩の結晶をすくいます。
駿河湾から取れた海の恵みです。
 
         
  土肥温泉へ

沼津〜戸田〜土肥を結ぶ高速船に乗り、戸田港を出て17分で土肥港へ到着です。バスだと険しい山道を曲がりくねって30分、船の方が早いのです。
辿り着いた土肥温泉は、江戸時代に金山の町として栄えた古い温泉街。ここで少しお寺巡りを楽しみます。

  珍しい萱葺きの朱塗りの山門がある清雲寺。1570年頃創建された古刹。  
         
  西伊豆町・堂ヶ島

さらに南へ下って、西伊豆町へ入ります。 伊豆半島随一の景勝地・堂ヶ島へ。ここで今度は遊覧船に乗り、リアス式海岸と小さな島々を縫うように進む短い船旅へ。

 

リアス式の切り立った崖が眼前に迫ります。

昭和10年、天然記念物に指定された天窓洞。安山岩で出来ている海触洞窟です。

何度かの落雷によって出来たという洞窟の天窓から光が差し込み、神秘的な光景を作ります。

 
         
  鰹節

堂ヶ島のお隣、田子(たご)漁港へ。ここはかつて鰹漁業の拠点として栄えた港町で、鰹節作りが大変盛んだったといいます。しかし昭和50年代を境に鰹漁船の数は激減、かつて20軒あったという鰹節工場も今は5軒となりました。その中の1軒、カネサ商店さんを訪ねます。
創業明治15年(1882)というカネサ商店さんは、現在4代目の芹沢里喜夫さんと5代目の安久さんがきりもりしています。その製法は創業当時と変わらず、中でも切身にした鰹を燻し、乾燥させる工程には特にこだわっています。職人さんの目、鼻、手触りなどあらゆる感覚を働かせ、更に天候や湿度も考慮しながらという、正に職人ならではの拘りの作業工程を経て、田子で作られてきた鰹節は「田子節」と呼ばれています。芹沢さん拘りの「田子節」作りを拝見します。

 
細心の注意を払って燻し具合を調節します。

セイロ上で燻される鰹の切身。

燻し、乾燥した後は表面を削って形を整え、発酵菌(カビ)を吹付けて樽詰めにします。

発酵中の鰹を天日干し。こうして樽詰め、発酵、天日干しを4ヶ月繰り返して、ようやく鰹節は完成するのです。
 
         
  潮鰹

さてこの田子には、鰹漁の町独特の保存食文化が残っています。鰹を1週間ほど塩に漬け、冬に吹くこの土地特有の強い西風で乾燥させた“潮鰹”。冷凍技術のなかった江戸時代に鰹を長く保存するため干物にしたのがルーツだといいます。お正月には神棚に吊るして大漁祈願し、小正月を過ぎると少しずつ削って家族で食べるという、西伊豆独特の潮鰹を拝見します。

 


伝統的な飾り付けでありながら、どこか粋でモダンな潮鰹。

 
         
  伊豆半島西海岸を縦断し、海と魚を満喫した今回の旅。堂ヶ島の風光明媚な乗浜を走りながら、旅を終わります。
   
         



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.