番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅をしていると、「いい顔だなぁ…」としみじみしてしまう人との出会いが度々あります。そんな顔に今回も沢山出会いました。向かったのは新潟県最北の町、村上市。ここには、海の恵みを愛し、昔からの山の文化を守り続けている人々がいらっしゃいました。そんな方々に出会うのは、俳優の佐藤正宏さん。海から山まで!新潟北部の旅にレッツゴー!です!

 


 
         
 

岩牡蠣

「本当に豊かな海なんだなぁ!」と実感させてくれる恵みが溢れる寝屋の港。そんな港の夏の名物の一つが天然岩牡蠣。牡蠣というのは、冬の食べ物というイメージのあるものですが、ここ村上市寝屋港では違います。お邪魔したお盆以前がシーズンで、見事な岩牡蠣がざっくざく!牡蠣だけでなく、「本当に豊かな海なんだなぁ〜」と実感させてくれる恵みが港には溢れます。佐藤さんがぺロリと牡蠣を食べた印象は…“プリプリジュッ!!”さて、みさなんも、朝から“プリプリ”として“ジュッ”体験とその秘密をじっくり味わってください。。。

 



さすがの一言!牡蠣!“ジュッ”伝わりますか?

 
         
 

キハダ

海を後にし、どんどんどんどんと山の中へ…という距離ではないのですが、海を背にすると、山が迫るこの土地では、少し奥に入るだけでどんどん山奥に入って行く印象を受けます。そんな山越え、谷越えて(?)、やってきたのは荒沢集落。そこで、昔から林業を営んでいるという、大滝由博さんに連れていっていただくのは、山!奥地の集落に来て、また奥へ!?と言わずにお付き合いください。大滝さんの山に自生しているという不思議な木の所へ案内していただくのです!そんな木の不思議さにも「は〜!」となりましたが。大滝さんの山の技にも「は〜!ほ〜!!」と唸らされました!

 
いよいよこれから上ります!山の技!拝見いたします!
 
         
  マタギの話

またまた少々足を伸ばし、山熊田集落に。ここでお邪魔させていただくのは、マタギの大滝正さんの納屋の二階。ここに何があるのか!?と階段を上がると、マタギの道具がずらっ!と。正さんにいろいろご指南いただきまして…時間が経つのも忘れしばしのマタギの世界へとスリップしましょう(何が出てくるかは放送にて!)。

     
         
 

演歌トラック

ラジオ体操や有線放送など、朝一番に大きな音を出すことができる、というのは田舎の特権というか特徴というような印象を持っているのですが…そんな放送が、ここ山熊田でも流れてきました。朝7時!山々の間から、流れてくる演歌の歌声!?…は吉幾三ではないでしょうか?その音楽に導かれるように、集まってくる集落の方々…一体何が始まるのでしょう…

 


一見穏やかそうなこの男性が大音量の犯人?
この音楽が聞こえない日は集落の人から心配の電話がかかってきてしまうといいます。

 
         
 

灰汁(アク)料理

この地方では昔から、灰汁(アク)をいろいろなものに、利用してきました。アクといっても、一般的に想像する、アクとは少し違います。特別な木材を冬の間の生活で燃やし、材料にします。その木灰を大切にとっておき、グツグツ煮ましてアクにします。そしてそのアクの利用法として、まず紹介させていただくのは、料理!「アクで料理!?」と佐藤さんもびっくりですが、「大丈夫、おいしくなるよ」と、アクを使った料理を作ってくださる大滝朝子さんはにこにこ。さていかがな料理ができますことやら!?

 


灰を煮ます…佐藤さん!そのお味は?

みんなでお料理の下準備。
どこにアクが使用されているのでしょう?

 
         
 

シナ布

木の皮が布になる。なんとも不思議な話ですが、昔の日本には各地にあったということで、収穫物の保存に使用したりと生活の中で利用されていたものだったそうです。しかし、麻布の輸入が盛んになりどんどん衰退しく歴史を辿ります。ここ山熊田でも、一度は途絶えかけてしまっていたそうですが、まだ残っていました。シナの木から布を作ります。芭蕉布・くず布などと同じく古代布と呼ばれ、作り方もほぼ同じ。そしてここでもアクが活躍します。そんな不思議な技と、本当に忍耐の必要な行程を見せていただきます。

 
この方がくたっとした物がカチカチの木皮だったんですよ!

ここに来るまでに気の遠くなる作業が多々。
山熊田シナ布のとっておき話をお聞きしながらお仕事を見させていただきます。
 
         
  土地の魅力はもちろんのこと、言葉であったり、表情であったり、その土地への想いを持つ人々に出会ってしまった時「あ〜今回もいい場所に来させてもらったなぁ」と胸があったかくなります。今回の旅もそんな旅。ほっこりのんびりの旅をみなさんもご一緒に。    




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.