番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 

 
         
 

なかなか寒くならないなと感じていたのに、近頃急に冷え込んで、ぐっと冬を感じる季節となりました。色づいた木々はせっせと葉っぱを地面へと落とし、冬支度をしています。さて、今回の「遠くへ行きたい」はそんな真冬を迎える前の紅葉で色づく京都の旅。旅人は大阪生まれで京都が大好きという飯星景子さん。1200年の都とも云われ、日本の伝統を支えてきた京都の職人さんの技の世界や、京都で暮らす人々のもつ「こだわり」に触れていきます。

 


 
         
 

茶ろん上七軒

京都の花街の中では最も古い伝統を持つ、上七軒へ足を運びます。ここに新しく「茶ろん・上七軒」というレストランが開店し、そこでシェフとして働く大塚さんに会いに来たのです。「グリル大塚」という料理屋をしていた頃からのお知り合いという飯星さん。久しぶりの大塚さんの味に出会います。これから巡る京都の旅で、どこか良い見どころがないか伺います。

 

写真
茶ろん・上七軒のシェフ大塚さんと

 
         
 

七味唐辛子

京都へ来てみてあらためて驚くのが、京の人の「こだわり」です。どこか見習いたい、かっこ好さを感じるのですが、そんなこだわりの一つに薬味の「七味唐辛子」があります。ここ長文屋さんでは、7つの薬味(白胡麻・麻の実・青じそ・青海苔・けしの実・黒ごま・山椒・唐辛子:合計は8つですが)が入った箱を店頭に並べ、お客さんの好みを聞いてから調合してくれるという、昔ながらの七味屋さん。ひっきりなしに地元のお客さんが買いに来る様子を見ると、薬味一つをとってみても「こだわり」を感じるのでした。飯星さんも長文屋のご主人にお話を伺います。

  写真
 
         
  金工

京都市中京区寺町通りに店を構える「清課堂」を訪ねます。ここは天保9年(1838年)に創業。錫製品を扱う店として始まりました。錫をはじめ銀・銅などの多様の金属を用いて工芸品を作っている「清課堂」で、現在七代目の山中源兵衛さんにお話を伺います。今ではあまり生活の中で見られなくなった錫製品。昔は手に入りやすかった素材として重宝されていました。何世代にも亘って長い間使われる事で風合いや味わいが増すという錫器。錫器の魅力に出会い、京都らしい、そして日本人らしいわび・さびの親しみ方をあらためて教えて頂きます。

  写真
写真
溶解した錫を鋳型に流し込みます。
 
         
 

京陶器商

京都は安土桃山時代から焼かれている陶磁器で有名です。窯場は粟田口から八坂、音羽、清水、清閉寺など東山周辺および黒谷、御菩薩などに広がりました。そんな京都には陶器屋さんも数多くあります。飯星さんは老舗の酒見商店さんを訪ねる事にしました。京都では古くから職人さんと料理屋さんなど、食器を扱う人との間には、こうした問屋さんが入り「商取引」を行うのが商売のやり方だったとか。人と人との繋がりが「商売」を成り立たせるという、どこか品がある京都らしい「商い」について教えて頂きます。

 

写真
写真

 
         
 

お箸工房

京都の人の「こだわり」はお箸にもありました。
木材の仕入れからお箸のデザイン、そして誂えまで一貫製作にこだわりお箸を作っているお箸専門のお店を訪ねます。お客さん一人一人に合わせて誂えてくれる手作りのお箸は、様々な外国産の原木から色を選び、長さを決めてくれます。色の美しさやラインの優美さにホレボレ、お箸の奥深さに目から鱗の飯星さんです。

 

写真

 
         
 

お香

香りの文化は仏教伝来と共に大陸から伝わり、平安時代には平安貴族の教養として、そして鎌倉時代には武家社会で香木に関心が深まり、室町時代には「香道」として成立するという長い歴史の中で育まれてきた日本の文化の一つでもあります。薫物(たきもの)に使う香りの木を香木といい、原料には白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)、沈香(じんこう)などが有名です。今回飯星さんが訪ねたのは創業200年という老舗「山田松香木店」。香りの文化を広く分かりやすく体験できるという1時間の「匂い袋」作りを体験する事に。京都らしい良いお土産が出来ました。

     
         
 

鮨 割烹

「こだわり」や奥深い技の世界は、料理の世界にも見られます。こちらは東山区の祇園にある、京都では有名な鮨 割烹の「なか一」さん。料理は勿論の事、盛りつけのお皿も大変美しい品揃えと聞き、お話を伺う事になりました。特別に豆皿料理をご用意してもらい、旅の締めくくりをさせていただきます。

 

  写真  
         
 

納得のいく仕事になるようにと技を磨く職人さんの姿勢があり、そしてその職人さんを育てる目利きの使い手がいる。だから京都には沢山の「いいもの」が残っていくのだなと感じます。目利きな京都の人が、暮らしや生き方の中で持つ「こだわり」。ゆずれないそんな「こだわり」を持っている生き方には、かっこ好い心意気を感じるのでした。番組をぜひご覧下さい!

 

  写真  
         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.