番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回の旅、向かう先は白山の麓、山々に抱きかかえられるようにある、石川県の白山市白峰です。訪れた時期はちょうどお盆。帰省した人々で、ささやかな賑わいを見せるこの山間の集落で、鷲尾真知子さんにどんな出会いが待っているのでしょうか?

 

写真
写真
旅の初めに出会った大きな大きなイチョウの木。
鷲尾さん、何か見つけましたか?

 
         
 

林西寺

実はこの小さな集落には、立派なお寺・神社が想像以上に多いのです。白山は昔から山岳信仰の山として、知られています。そのため白山の麓にあるこの村には、多くの人々が信仰を求め訪れました。その内の一つ、林西寺にお邪魔しました。門をくぐると、堂々としたお堂が。「うわ〜」と驚いた途端、鷲尾さんはお堂の横に惹きつけられて行きました・・・

 

写真
ほんとに立派なお堂の中は放送で・・・

 
         
 

村歩き

旅先をブラブラと歩くと、さまざまな出会いがあるものです。鷲尾さんも、白峰村をブラブラ・・・と、遠くから子供たちの声が聞こえてきたり、お盆のお墓参りに遭遇したり、なんだかちょっと特別な出会いがあったようです。

 

写真

 
         
  堅豆腐

堅い豆腐で堅豆腐。白峰名物らしく、立ち寄った北野食料品店さんには、ひっきりなしにお客さんが。わざわざ食べたくなる、ふるさとの味とは・・・?鷲尾さんもいただきます。

 

写真
朝の3時4時からお豆腐を作り、お揚げを揚げて・・・
お盆時期は、どれだけ作るかちょっと分からない程注文があるそうです。

 
         
 

牛首紬

繭から絹糸を引き出し、一反一反、織り上げる。そんな工程を経て作り上げられるのが、昔からここで作られてきた、牛首紬です。今も昔と変わらない手作業で、作られています。現在残る2軒の工房のうちの一軒、加藤改石さんのところにお邪魔して、その美しい織物を拝見します。

  写真
写真
美しいものを生み出す女性たちの姿は、とてもきれいに感じました。
 
         
 

出作り小屋

平地の少ないこの地域では、集落の周りに畑を作ることができません。そこで、春になると集落の人たちは、山に建てた小屋に移って作物を作り炭を焼き、冬前になると集落に戻るという「出作り」という生活を営んできました。最盛期には500もの出作り小屋がありましたが、今では山口清志さんの小屋、1軒のみになってしまいました。車で山のデコボコ道を進むこと1時間弱。やっと見えてきた小屋で、山口さんが待っていてくれました。出作り小屋の、今と昔のお話が始まります。

  写真
写真
 
         
 

初めて来たのに、懐かしさを感じるのは何故?
この場所を大事にしている人々の、思いや振る舞いに触れたから?
不思議な空気の流れる白峰の旅。どうぞお楽しみに。

  写真
 
         
         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.