番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回の旅は石川県金沢市。加賀百万石の古きよき町。しかし、今回の旅では今までとは、一味、二味と違った表情を見せてくれそうです。キーワードは「からくり」。そんな金沢を旅するのは、丹波義隆さん。少し違う金沢で、一体どんな出会いがあるのでしょうか?

 

写真
写真金沢と言えば兼六園!
この庭園も、いつもとは少し違った目線で眺めると…
写真冬の土壁を守るこも。
旅の始めに、かわいい出会いがありました!

 
         
 

妙立寺

通称、忍者寺という、このお寺。一見何の変哲もないお寺ですが、中に入るとまさしく、「からくり」。丹波さんも、案内の安田さんに案内されて進む先には、驚きの連続が待っていたようです。設計図なども残っておらず、詳しいことは分からないそうな…加賀百万石の謎とロマンを掻き立てられるお寺です。

 

写真

 
         
 

諸江屋

「からくり」を広辞苑で引くと、(1)糸のしかけであやつって動かすこと。(2)しくんだこと。たくらみ…等々を意味するそうですが、この言葉の先には、人が「うむむ」となったり「へ〜」となったり、「うふふ」となったり、そんな面白味があるような気がするのですが…いかがでしょうか?前置きが長くなってしまいましたが、金沢にはそいういう楽しみが、お菓子にまであるそうで…江戸時代に始まったというこのお菓子、加賀のウィットを感じることができました。

 

写真丹波さんの手中にあるのが、金沢名物!?正月からくり!
写真
写真

 
         
  からくり師 大野弁吉

ここまで金沢の様々な「からくり」を見てきましたが、こちらが「からくり」の大本命、江戸時代末に活躍したからくり師 大野弁吉の作品に出会います。弁吉の作品は、石川県立歴史博物館やからくり記念館でも見ることができるのですが、なんと一般の方も持っておられるというので、お邪魔したのが粟森さんのお宅です。こんな博物館が自宅にあるなんて、すごいです、金沢。

 

写真親子3代に亘って収集、保存されてきた数々。
作品を見せて欲しいと訪れる人が来る度に繰り返される箱から出して〜仕舞ってと、片付けが嫌になったお祖母さんのために自宅を博物館に。

 
         
 

プラネタリウム

金沢にプラネタリウムがあるということで、お邪魔したのが児童館。ドームも見えず、一見何ともない児童館だったのですが・・・。ここにありました、プラネタリウム!工房ひげきたの北村さんが作ったという、手作りプラネタリウム。一体どんな星空が見れるのでしょうか?

  写真写真
この中に、星空が現れる…のか!?
 
         
 

金沢21世紀美術館

現代美術の美術館を金沢に、ということで2004年に開館した、金沢21世紀美術館。撮影が終わって丹波さん一言、「美術の概念が変わった!面白かった!」。一言で美術鑑賞とは言えない体験をすることができたようです。

 

写真

 
         

加賀百万石の時代から現代まで、さまざまな「からくり」のあった金沢。こちらでは、奥歯に物の挟まったようなご案内しかできませんでしたが、果たしてどんな「からくり」が待ち受けるのか、次回「遠くへ行きたい」お楽しみに!


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.