番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

今回の旅人は俳優の中本賢さん。おそらく、日本で一番川のことに詳しい俳優さんではないでしょうか。その知識量たるや、生半可なものじゃありません。(どんな川で獲った魚や虫でも、瞬時に名前が出てきます)
そんな中本さんが、今回は愛媛の山里を旅しながら、日本の古くからの暮らし、そして日本といえばという、原風景を探して歩きます。
さあ、中本探検隊出発です!
 
         
 

まずはガサガサから!

ガサガサとは、川で川魚や川虫のいそうな所をガサガサと探り、タモで掬うという中本さんオリジナルの技。川魚や川虫など、川の生態や水質を調べていくと、その町の暮らしが見えてくると、中本さんは言います。早速、内子町の下調べです!

 

写真
ただ今、ガサガサしています。
写真
何を捕まえたんでしょうか!?

 
         
 

至極の茶の湯炭!(伊予切炭)

内子町石畳地区。ここはかつて木炭作りが盛んだった所です。現在はただ一軒になってしまいましたが、古くからの伝統をしっかりと受け継ぎ、今では茶道に用いられる茶の湯炭を作っている方がいます。大木一さんです。燃料革命によって炭の需要が減ってしまい、周りの炭職人がどんどん減っていく中、どうにか炭を残せないかと、30年もの歳月をかけて、独自の技で茶の湯炭を作る事に成功したんだそうです。早速その極上の炭、そしてお話を伺いたいと思います!

 

写真
大木さん(写真左)と中本さん。写真
炭焼き窯です!

 
         
 

凧合戦!(五十崎凧)

内子町五十崎(いかざき)地区。ここでは400以上も前から、凧揚げが行われています!形は、四角でシンプルなものですが、日本一揚がる凧だと、凧作り名人の奥島重利さんは言います。(自分の子供の名前や地名など、凧に文字を書くのが特徴です!)そして、この凧同士で、ガガリと呼ばれる刃物を付けて合戦します。そうと聞いたら、中本さんのわんぱく心が黙っていません。奥島さんの凧をお借りして、凧揚げ名人の上田光明さんと…合戦です!

 

写真
奥島さん(写真左)と中本さん。
写真
五十崎凧!
写真
上田さん(写真左)と中本さん。

 
         
  川まつり「筏(いかだ)流し」!

内子町川登地区を流れる小田川では、毎年この頃になると「筏流し」という川まつりが行われます!このお祭りは、筏を何連にも連結し(今年は16連です)、筏師は木の棒一本で筏を操り川を下っていくというものですが、昭和23年頃までは、実際にこのようにして木材を長浜まで流していたというのですから…驚きです!今回は、お祭り前日の筏連結作業を拝見、保存部会・会長の山田富泰さんにお話を伺います!

 

写真
山田さん(写真右)と中本さん。筏の連結作業中です。

 
         
 

ガラ引き漁!

内子町小田地区の川で、寺井勇さんをはじめとする川漁愛好会の皆さんが、ガラ引き漁の真っ最中。ガラ引き漁?ガラを引く?一体どんな漁なのでしょうか?
ただ、川と聞いたら中本さんが黙っていません!仲間に加えてもらってガラ引き漁に挑戦です!そしてその後は、獲った魚を頂きます!

  写真
漁の真っ最中ですが…一体どんな漁なのでしょうか?
写真
寺井さん(写真右)と中本さん。
 
         
         

今回の旅で思ったのは、自然を眺めるってやっぱり素晴らしい!ということでした。
大自然の中にぽつんと立つと、自然と調和しているという事が改めてよく分かります。
皆さんも自然と調和してみてください!中本探検隊in内子町、是非ご覧ください!


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.