番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回の「遠くへ行きたい」は、青森県八戸市を旅します。この地も、3月11日の東日本大震災で津波の被害にあいました。その八戸にぜひ再会したい人がいるとやってきたのは料理人 森野熊八。実は9年前の「遠くへ行きたい」で、この地を旅しました。その思い出とともに、再会・そして新しい出会いを求めて、出発です!

 

写真

 
         
 

在家さん一家との再会

熊八さんが9年前に八戸に来て、お世話になったのが南部せんべいの在家さんの所でした。その時、特製「せんべい汁」を作ってもらい、「このせんべい汁は、僕の中の鍋物トップ3に入っている!」と思ったそう。そんな熊八さん、9年ぶりの在家さんとの、そして特製せんべい汁との再会を果たします。

 

写真

写真

 
         
 

洋望荘

八戸市種差海岸。ここも被害にあったところなのですが、その海岸のすぐ近くに、民宿兼自然食レストランを営む洋望荘があります。その洋望荘にちょっと変わった料理人がいると聞き、お邪魔しますと・・・美味しいお寿司をいただきました!

 

写真
カウンターの中にいるのは!?

 
         
  つぼ焼いも

焼き芋のおいしいおいしい季節になってきましたが、「焼き芋よりもおいしいよ〜」とこの道60年以上!八戸のタマさんがお勧めしてくれる、つぼ焼いも!つぼの下で火をおこし、つぼの中の熱でじわじわじわ〜とお芋を焼きます。ほくほくほっこりのつぼ焼いもの美味しさの秘密と、タマさんの思い出をお聞きします。

 

写真


写真外は寒くても、タマさんのお店と
つぼ焼いもはあったかです。

 
         
 

八戸前沖さば

冬の八戸の自慢の味!と地元の人が声をそろえるのが・・・八戸前沖さば。「立派」という形容詞がぴったりの、本当に美味しいさばです。そのすごさは、放送を見ていただければ一発で分かっていただけます!

  写真飲み屋横丁がいっぱいある
夜の八戸もおもしろい!
 
         
 

山の楽校

「遠くへ行きたい」で旅していると、昔の暮らしというのは、本当に知恵と工夫がこらされているなぁとしみじみ感じさせてもらうのですが、今回お邪魔した山の楽校でもそんな出会いがありました。山で米がとれなかたため、雑穀の栽培が盛んだったこの地域では、人々の暮らしの中でさまざまなものが作られてきました。今回、熊八さんが教えていただいたのは“すまし”といわれる調味料。さてさてどんなものなのでしょうか?

 

 

写真

写真

 
         
  熊八料理試食会

さて、食材との出会いを果たしたその後は、熊八料理に取り掛かります!洋望荘の料理人にも手伝っていただき、町のショッピングセンター八食センターで試食会です。さてさて、八戸の人たちにお気に召していただけますでしょうか?

  写真

写真
 
         
 




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.