番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回、山陰は鳥取県の旅!
旅をするのは、多くのテレビに出演、軽快なトークと巧みなマジックで笑いを届けている、手品師のマギー審司さんです!日本海の珍味、山里の美味しい食材を求めて、いざ旅の始まりです!

 

写真
マギー審司さんの鳥取の旅です!

 
         
 

まずは鳥取砂丘から!

東西約16km、南北約2kmに渡って広がる鳥取砂丘、最高で90mほどの高低差があり、起伏に富んだ地形をしています。日本の地質百選にも選定されているこの鳥取砂丘から、まずは旅を始めます!

 

写真
ご存知、鳥取砂丘です!

 
         
 

日本海の旬の食材を求めて!(浜下商店)

春を迎えた日本海の旬の幸!
脂の乗った新鮮な魚を仕入れている浜下商店を訪れ、浜下哲爾さんに春の海の幸をいろいろ見せていただきます!美味しそうな食材に目移りすること必至です!

 

写真
浜下さん(写真左)とマギー審司さん。

 
         
  鳥取発のハタハタブランド、「とろはた」料理!(山田屋)

ハタハタといえば秋田の特産品として有名ですが、実は鳥取県でもハタハタは「白ハタ」と呼ばれ、昔から食べられてきました。そんなハタハタの中でも、全長20cm以上の大型のハタハタは脂ののりが高く、まるで「とろ」のような食感が味わえるということで、鳥取県漁協では「とろはた」というブランド名を付け現在売り出し中だそうです。それでは、早速とろはた料理を頂きましょう!ということで、山田屋の山田哲彦さんにお話を伺いながら、絶品とろはたを堪能します!

 

写真
山田さん(写真左)とマギー審司さん。

 
         
 

懐かしい玩具がずらり!(昭和おもちゃ館)

鳥取県の若桜町に、古い民家を改装したミニ博物館「昭和おもちゃ館」が、3月25日にオープンしました!館内には、ゼンマイ仕掛けで動く、昔懐かしいブリキの玩具がずらり並んでいます!ネジを巻くときの音と、動き出した後のジージーという音がなんともいえないブリキの玩具。画家・玩具コレクターの竹中信清さんにお話を伺います!

  写真
ブリキの玩具です。
写真
竹中さん(写真左)とマギー審司さん。
 
         
 

因幡の若櫻麒麟獅子舞!

因幡地方は獅子舞ではなく、麒麟獅子舞というこの地方独特の舞が奉納されてきました。これは、江戸時代に徳川家康公のひ孫である、初代鳥取藩主・池田光仲公が始めたといわれ、約350年の伝統を持つ舞です。今回は、若桜町に伝わる若櫻麒麟獅子舞を拝見します!
普段見ている獅子舞とどこがどう違うのか、じっくりご覧ください!

 

写真
若櫻麒麟獅子舞です。舞の様子は番組で!

 
         
  大きい椎茸、その名もジャンボ椎茸!

鳥取市にある、日本唯一のキノコ専門の研究機関、日本きのこセンター。ここで開発されたのが、ジャンボ椎茸と呼ばれる「菌興115号」なのです!そこで早速、日本きのこセンターで菌興115号の胞子を電子顕微鏡で見せていただいた後、ジャンボ椎茸作りの名人、前田菊郎さんの農園を訪ねます!ジャンボ椎茸がどのくらいジャンボなのかは、番組でご確認ください!

  写真
前田さん(写真右)とマギー審司さん。
 
         
 

山郷杉太鼓!

山郷杉太鼓は、林業の町、智頭町山郷地区に生まれた太鼓で、木材景気の低迷で林業不況が起こった山郷地区に活気を取り戻していこう、そして先人の遺徳を偲びつつ次代の林業に生きる人間を育てようという思いが込められている太鼓だそうです。今回は、今年3月に廃校になってしまった旧山郷小学校で行われる、大人と子供たちとの合同練習会。再び活気を取り戻していこうという熱い想いが、子供たちの元気に太鼓を叩く姿から感じられるはずです!

  写真
山郷杉太鼓です!
 

春を迎え、鳥取に響くたくさんの人たちの笑い声と笑顔!
元気が出る鳥取の旅!次回是非ご覧ください!


 

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.