番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

今回の旅先は、富山県立山町。富山県の立山黒部アルペンルートは、標高3000メートルを超える北アルプス立山連峰を縦断する観光ルート。立山は富士山、白山とともに日本三霊山の一つ。万葉集では「たち山」と詠まれ、飛鳥時代後期に開かれたと伝えられる山岳信仰の聖地。主峰は3003メートルの雄山(おやま)。富山県では、「男子は立山に登って初めて一人前の男」と認められるという。今回は、俳優の田中要次が「人はなぜ山に登るのか?・・・」の答えを探しながら、雄山の頂上に鎮座する雄山峰本社(おやまみねほんしゃ)を目指す。


 
         
 

立山駅から旅の出発

長野県木曽の出身である田中さん。もともと、山育ちで小さい頃から山登りに行っていたという。今回どのような気持ちを抱いて、旅にでるのでしょう。

 

写真
旅の始まり!

 
         
 

国立登山研修所

日本で唯一の“登山研究施設”。ロープ渡りやロッククライミング、低酸素の宿泊施設などがある。富山県警山岳警備隊の人も、この施設に訪れ訓練を行う。今回、田中さんは、ロッククライミングに挑戦。雄山登山に向けて、頑張りました。

 

写真
高さ8m。高かったです。写真
登山で足場を見つける訓練にもなるそうです。

 
         
 

雄山神社

映画「剣岳 点の記」の舞台にもなった雄山神社。立山町に住む、6〜7割の住民が佐伯という苗字を持つ。立山を開山したとされる、佐伯有頼の血筋を継ぐ者とされる。たくさんの杉の木が並んでいる。

 


 
         
  立山博物館

「立山は、仏教のテーマパーク」と言う、立山博物館学芸員の福江充さん。立山曼荼羅について教えていただく。福江さん曰く、立山曼荼羅は、勉強しても勉強しても、限りなく話が続くとても面白いもの。江戸に描かれた曼荼羅だが、意外と現代にも通じる話がある。

 

写真
立山の歴史のお勉強です。

 
         
 

立山黒部アルペンルート

立山駅から、ケーブルカーに乗ること、7分。標高977mの美女平に到着。そこから、高原バスに乗り継いで、標高2450mの室堂を目指す。

  写真
これはケーブルカーです。面白い形の車両です!
写真
だんだん、景色が良くなってきました。山頂は、もっと素晴らしかったです!
写真
室堂までは、乗り物を乗り継いで、気軽に行けます。そして、この景色!
 
         
 

「立山の母」青山絹子さん

37年間、山岳警備隊、消防隊の食事の世話をいている。「立山の母」青山絹子さん。夏は、けが人や救急隊に運ばれて来る人も多いという。みんなに慕われ、頼りにされています。

 

写真
「立山の母」と呼ばれる、青山絹子さんです。

 
         
  雄山登山

雄山登山。田中要次さんにとって、「山とは・・・?」

  写真
登山前日。夕日もすばらしい。写真
雄山。どんな山なのだろう・・・
写真
かなりの傾斜。
写真
景色が素晴らしいです。カメラを取り出す田中さん。
写真
最後は、頂上。みんなで記念撮影!!!
 


 


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.