番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

「遠くへ行きたい」では2回目の旅となる作家・夢枕獏さん。無類の釣り好きであるだけに、前回は四国の清流・仁淀川を訪れてアメゴ釣りを堪能しました。釣り仲間から“いい釣り場”の噂を聞くと行かずにはいられない獏さん。何年も前からずっと行きたいと思い続けた憧れの場所があるのだそうです。その場所が今回の旅先!東京都青ヶ島村です。大物釣りのメッカとして知られる青ヶ島ですが、実は行きたくても行けない事情がこの島にはあるのです・・・小さくても濃〜い青ヶ島を味わい尽くします!
 
         
 

絶海の孤島 青ヶ島

伊豆諸島最南端の島、青ヶ島。東京都にある日本で一番人口の少ない村でもあります。黒潮の中に浮かぶこの島へ行くには定期船かヘリコプターに乗るしか手段がありません。しかも海は荒れることが多く、定期船の就航率は50%ほど。ヘリコプターの座席も9席しかないため、満席で乗れないこともしばしば。訪れること自体が難しい島なのです。


 

写真
断崖絶壁に囲まれている青ヶ島

 
         
 

火山島 青ヶ島

青ヶ島は火山の島でもあります。大昔に大噴火した跡があり、近年も天明5(1785年に大噴火しました。その跡が世界でも珍しい二重カルデラとして残っています。青ヶ島では今も火山活動が続く様子が体感出来ます。島の方言で“ひんぎゃ”と呼ばれる地熱蒸気の噴出孔です。ひんぎゃは触れられないほどの熱さ!

 

写真
二重カルデラの眺め
写真
地面から蒸気が立ち上るひんぎゃ

 
         
 

世界で唯一! 地熱で塩づくり

青ヶ島では“ひんぎゃ”の熱を利用した塩づくりが行われています。その様子を見せてもらいます。海水を温め始めて十数日後に塩の結晶が現れます。さらに煮詰めて乾燥させて…出来上がるまでおよそ一カ月もかかるそうです。じっくりと時間をかけて作り上げられる“ひんぎゃの塩”。さて、お味は・・・!?

 

写真
地熱を利用した塩づくりは世界でもここだけ
写真
精製途中に出来る塩の結晶

 
         
  まるでジャングル!? 亜熱帯の森

青ヶ島は宮崎県と同じぐらいの緯度にあり、黒潮暖流に包まれているため一年を通じて温暖な気候です。噴火口跡の中は、殆どが人も住んでいない手つかずの森のままです。特に亜熱帯性の植物・オオタニワタリが群生している様は見事で、とても日本の風景とは思えないほどです。

 

写真
オオタニワタリ
写真
群生するオオタニワタリ

 
         
 

伝統の郷土料理に椿油

水が貴重な青ヶ島。お米が作れないため里芋とサツマイモがかつての主食でした。そのため食べ方が色々工夫されてきました。茹でた里芋に魚を塩漬けにした塩辛を付けて食べたり、潰して明日葉と混ぜて食べたり。島では今も様々なものが自給自足されています。里芋やサツマイモ、明日葉はもちろんのこと。中でも椿油を手作りしている人達に出会いました。今も受け継がれている伝統の作り方をご紹介します。

  写真
里芋と明日葉を混ぜて作られる「芋つき」
写真
伝統の機械で搾られる椿油
 
         
 

大荒れの海 釣りは出来るか!?

“大物が釣れる”と釣り人達の憧れの地でもある青ヶ島。しかし、低気圧の影響で海は大荒れ・・・風も強く、とても釣りが出来る状況ではありません。果たして、獏さんは無事釣りが出来るのでしょうか!?

 

写真
低気圧の影響で大荒れの海
写真
他県から訪れた釣り人

 
         


 


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.