番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

背筋がピンと伸びるような空気が気持ちいい今日この頃。旅先に選んだのは、長野県の戸隠高原〜信濃町。この時期になると、辺りは一面銀世界になります。今回は、何にでも好奇心旺盛な室井滋さんを旅人にお迎えし、この地の冬の名物を見るため旅に出ます。さぁ、長野駅から路線バスに乗って出発です。

 

写真
長野駅から路線バスに乗り込み、いざ戸隠へ!

 
         
 

根曲り竹細工

寒い地方にしかないという「根曲り竹」を使って竹細工を作っている「手力屋」を訪れます。店主の中川綱昌さんは、この道60年以上の大ベテラン。丁寧に手作りされたざるや籠は、上手に使えば、一生使い続けられるそうです。一体、どのように作っているのでしょうか?

 

写真
竹細工を作る中川綱昌さん
写真
根曲り竹で作られたそばざる

 
         
 

スノートレッキング

スノーシュー(西洋かんじき)という、特殊な靴を履いてスノートレッキングに挑戦です。トレッキングルートの周辺は、国立公園の特別保護区に指定されていて、人の手が一切入っていないそうです。山岳ガイドの高橋博文さんに先導していただきながら、マイナス10度の森の営みを見つけに行きます。はたして、何が室井さんを待っているのでしょうか?

 

写真
スノーシュー(西洋かんじき)を履いて出発です!
写真
マイナス10度の中を歩く室井さんと山岳ガイドの高橋博文さん(写真右)

 
         
  戸隠神社

戸隠神社は、霊山・戸隠山の麓を中心に創建された二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。 奥社・中社・ 宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り立っています。この時期は、雪がたくさん積もるため、参拝できるのは、中社・宝光社・火之御子社の3箇所だそうです。室井さんも参拝に向かいます。何をお願いするのでしょうか?

 

写真
雪に覆われた戸隠神社・中社

 
         
 

宿坊でご祈祷

戸隠神社の周辺には、宿坊が34軒あります。それぞれの宿坊では、毎朝、神官がご祈祷を行っています。そのうちの一軒、宿坊宮澤の宮澤豊穂さんにお話を伺うと、一般宿泊の方もご祈祷していただけるとのこと。早速、室井さんもご祈祷をお願いします。

  写真
ご祈祷をする宮澤豊穂さん
写真
 
         
 

やしょうま

この地方で、お釈迦様の命日(涅槃会/2月15日)に食べられる「やしょうま」というものがあります。お米の粉にお湯を入れ、手でこねて作ります。色をつけ、細長く丸めたものを、いくつかの生地を組み合わせ、形を作っていきます。室井さんも挑戦します。どんな形ができるのでしょうか?

 

写真
色鮮やかな、やしょうま作りに挑戦です

 
         
  凍りそば

長野県の中でも、一段と寒いという信濃町。ここには、大寒の前後の数日間だけしか作らない「凍りそば」という珍しいおそばがあります。室井さんは食後に、「これは携帯食としてロケ先にあるといいな」とおっしゃるほどお気に召した様子でした。この凍りそば、一体どうやって作るのでしょうか?詳しくは、番組をご覧ください!
  写真
凍りそばを作っている若月一子さん(写真左)写真
凍りそば
 
         
  人形作家

大きな出来事ではなく、誰もが気にもとめないような些細な出来事に焦点を当てて人形を作ると語る人形作家の戸田澄江さん。些細な出来事を敏感にとらえた作品は、あまり類を見ない楽しい作品ばかりです。タイトルもユニークで、聞いたら「なるほど!」と言ってしまうほどです。室井さんも心から楽しんでいました。
  写真
戸田さんが作った人形たち
 

長野県北信濃の冬の名物を訪ねた今回の旅。冷たい雪をゆっくりと溶かすかのような、室井さんや出会った方々の温かい笑顔が印象的な旅でした。次回、是非ご覧下さい!


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.