番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回の旅人は、漫画家でありタレント、そして役者としても活躍中の蛭子能収さんです!旅をするのは、広島県は福山市の鞆の浦!江戸時代、北海道と大阪を結ぶ北前船の最重要の寄港地であり、国際都市として栄えた町です。そんな鞆の浦は、往時の風情が今も色濃く残っているので、古い町並みをじっくり見て回りたいと思います!

 

写真
蛭子能収さんの鞆の浦の旅です!

 
         
 

約380年も伝わる鯛の伝統漁法を再現!
(観光鯛網)

福山市営渡船に乗って鞆の浦の仙酔島へ! 約380年前から伝わる鯛漁の伝統漁法・鯛網を再現した観光鯛網に参加します! さらに、今回はハッピを着て網引き体験にも挑戦です。運営委員の大憲司さんにもお話を伺いますが、船団を組んで行われる勇壮な観光鯛網とは、一体どんな漁なのでしょうか。伝統の技、初夏の風物詩を、まずはお楽しみ下さい!

 

写真
江戸時代の蒸気船を彷彿とさせる市営渡船です!
写真
大さん(写真右)と蛭子さん。
写真
さあ、出漁です!一体どんな漁なのでしょうか。

 
         
 

ノスタルジックな町・鞆の浦を散策します!

江戸時代、北海道と大阪を結ぶ北前船の重要な寄港地、風待ち・潮待ちの港として栄えた鞆の浦は、往時の港湾施設がほぼそのまま残っていて、今も使われているという全国的にも珍しい港です。そんな鞆の浦を、奥様ガイドの宮本和香さんに案内していただきます!全国最大規模の常夜燈や雁木といった港湾施設や、古き良き日本の風情溢れる町々は、見ているだけで心が和んできます。

 

写真
宮本さん(写真右)と蛭子さん。
写真
鞆の浦です。

 
         
 

鞆の浦の鯛づくし!

観光鯛網体験、鞆の浦の町を散策して、ちょうどお腹も空いたところで…鯛料理屋・千とせを訪ねて、妹尾陽一郎さんに腕をふるっていただきます! 鞆の浦の鯛は、激しい潮流で身が引き締まっていて、その上、卵を産みに集まる鯛なので脂肪が乗って格別に美味しいそうです。瀬戸内の郷土料理・鯛そうめんや鯛めし、鯛天ぷらなど、鯛づくしの料理を堪能します!

 

写真
妹尾さん(写真右)と蛭子さん。

 
         
 

鞆の浦名産のお酒、保命酒とは!?

鞆の浦を歩いていると、昔ながらの店構えを持つ保命酒の店が目に付きます。保命酒とは、鞆の浦名産の薬用酒で、地黄、高麗人参、甘草や肉桂など、16種類の漢方薬のエキスを混ぜ込んだ焼酎です。今回は、鞆酒造を訪ね、岡本純夫さんにお話を伺います。お酒が苦手だという蛭子さんも、これなら飲める、美味しいという保命酒とは、果たしてどんなお味なのでしょうか。

  写真
岡本さん(写真左)と蛭子さん。
 
         
         

旅の終わりは、蛭子さんのスケッチです。日本の原風景が残る町・鞆の浦を旅した蛭子さんは、一体どんなイラストを描くのでしょうか。次回、是非ご覧下さい!


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.