番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

今回の「遠くへ行きたい」の旅人は佐藤正宏さん。旅先は岩手県大船渡市です。佐藤さんは以前に東日本大震災の復興のボランティアで、大船渡を訪れています。当時のボランティア仲間から「大船渡の人達の笑顔を見に来ませんか?」という便りを受けて、再び大船渡の地を訪ねます。いったいどんな笑顔に出会えるのでしょうか?
 
         
 

JR大船渡線の終点盛駅〜元・線路を走る高速バス!?〜

気仙沼駅から大船渡の盛駅へと向かうため、佐藤さんが乗り込んだのは高速バスです。もともと線路だった道は舗装され、今ではバスが走っています。
バスがJRの駅舎に停まる風景はなんとも不思議な光景です。
BRTというバス高速輸送システムです。

 

写真
JRの駅舎に停まるバス

 
         
 

大船渡漁港〜三陸の海の幸〜

まずやって来たのは活気溢れる大船渡漁港。三陸の新鮮な海の幸が続々と水揚げされていました。この日はブリの若魚、ワラサが大漁!魚を仕分ける漁師たちにも笑顔が溢れていました。

 

写真
大船渡漁港
写真
ワラサがこんなにたくさん!溢れんばかりです

 
         
  名勝穴通磯〜大迫力の新名所・潮吹き岩とは〜

次に訪れるのは碁石海岸の名勝穴通磯です。遊覧船を操船するのはベテラン漁師の大磯さん。海の浸食でできた岩穴を、磯船で楽々くぐり抜ける操船術はお見事です!さらに、碁石海岸には大迫力の新名所がありました。これはちょっとすごいですよ。現地でじかに見ると音と共に迫力いっぱいです。

 

写真
この見事な岩の形!すごいですね

 
         
 

ポルコ・ロッソ〜三陸イタリアン!?〜

大船渡でイタリア料理店を営むシェフに出会いました。シェフ・山崎さんが作るのは旬のサンマ料理。なんと陸前高田の名産の桃も一緒に使うのです!一体どんな料理になるのでしょう?思わず笑顔になる絶品イタリアンとは?

  写真
とっても明るい山崎さん。思わず会話も弾みます
写真
大船渡のサンマと陸前高田の桃を使った絶品ガレット。技ありです。
 
         
 

菊三鍛冶〜野鍛冶が作る極上の包丁とは〜

佐藤さんが大船渡に来たらぜひ会いたかったのが、野鍛冶の新沼さん。鉤やモリなどの漁具やコンクリートの削岩機までなんでも腕一本で作ってしまうのです。佐藤さん愛用の包丁も新沼さんの作。柄がゆるんだ包丁を快く直してくれました。

 

写真
笑顔が素敵な新沼さん。新沼さんの手は何でも作れる手なんです
写真
新沼さんの包丁

 
         
  ボランティアの森さんと再会
〜トレードマークはアフロヘアー!?〜


「大船渡の人の笑顔を見に来ませんか?」と誘ってくれたのが、ボランティアの森さんです。森さんが現在、行っているボランティアは地元の人の交流の場を作るお手伝いです。

  写真
アフロヘアーの森さん。思わず笑顔になりますね
 
         
  落ち着き膳〜大船渡伝統のおもてなし〜

佐藤さんが森さんのお宅で話し込んでいると、目の前にお膳が運ばれてきました。うどんにお餅、煮物など素朴なご馳走が・・・。“落着き”という、大船渡伝統の旅人をもてなす風習でした。

  写真
素朴なおもてなし落ち着き膳。胃も心も落ち着きます。
 
         
  佐藤正宏の手作り紙芝居
〜大船渡の人々に笑顔のお返し〜


「大船渡の人を笑顔にすること出来ませんか」とボランティアの森さんから頼まれていた佐藤さん。紙芝居の会を開く事にしました。大船渡の皆さんは笑ってくれるでしょうか。
  写真
花さかじいさんをアレンジした物語
写真
 
         
         

震災を乗り越えて笑顔で生活する人々に出会う旅。元気になること間違いなしです。
どうぞお楽しみに!


Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.