番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

前回に続いての高島礼子さんの「京都スペシャル」、京都で「作る、出会うクリスマス」がテーマです。番組はこんな風に始まります。

「一足早いクリスマスを、ここ京都で見つけたいと思うんですけれど。何があるかな?クリスマス、京都のクリスマス!ワクワク」

<高島流京都のクリスマス、皆さんも一緒にどうぞ!>

 
         
 

寺町通り 町歩き
〜錫器と木版画のクリスマスカード〜


まず高島さんが向かったのは、寺町通りにある錫製品のお店“精課堂(せいかどう)”です。店内には独特の輝きを放つ錫器が美しく並べられていました。中でも、高島さんの目を引いたのは錫のちろり。錫の酒器でお酒を飲むと口当たりがまろやかになるんですって!そして、工房では今まさにクリスマス用のケーキ皿の試作中・・・ひとつひとつ手作りの職人技に感激し通しの高島さんでした。


 


小倉百人一首の舞台・小倉山は紅葉まっさかり
写真
精課堂の七代目 山中純平さんと

 
         
 

精課堂を後にして、数軒先の木版画のお店“芸艸堂(うんそうどう)”に向かいます。そこで進駐軍に納められていたという木版画刷りのクリスマスカードを発見!さらに、絵師 神坂雪佳(かみさかせっか)、明治時代の作品「百々(もも)世(よ)草(ぐさ)」の貴重な初版本を拝見。今見ても新しい構図や色使いにうっとり見入ってしまいます。


 

写真
クリスマスケーキ皿の試作中です!地道な手仕事です

 
         
 

創作和菓子 松彌(まつや)
〜和菓子作り初体験!〜

次に向かったのは、創作和菓子のお店“松彌”。和菓子職人の國枝さんが今まさにクリスマス用の和菓子の試作中でした。その名も“スノードーム”。型の中に“錦玉”という銀箔と金箔を混ぜた寒天を少しずつ流し込み、雪の結晶やヒイラギの葉などを浮かべていきます。最後は、高島さんもお手伝い・・・その出来映えはいかに!

  写真
和菓子作り初挑戦!
 
         
 

本家 鳥初
〜ほっこり滋味深い・・・京風クリスマスチキン〜

一日歩きつかれた体を癒してくれるのは、“本家 鳥初”の水だき。中でも、鳥をじっくり煮込んで、生姜やコショウなどスパイスと合わせていただく鳥スープは絶品!身も心も温まります。

 


 
         
  京焼き 松谷(しょうこく)窯
〜名工が作るクリスマスとは!?〜


旅の二日目に訪れたのは、京焼の名工 叶(かのう)松谷(しょうこく)さんの松谷窯。クリスマスツリー型のお重がどーんと高島さんをお出迎え!さらにトナカイ柄の湯碗や雪の結晶柄のお皿まで、テーブルセッティングが楽しくなる京焼が目白押しでした。

  写真
クリスマスツリーのお重にびっくりです!
 
         
  町家イタリアン 東洞(とうどう)
〜とっておきのクリスマスメニュー!〜


最後は町家を改装した隠れ家的なイタリア料理店“東洞”さんへ。高島さんが集めた錫器や京焼でとっておきのクリスマスメニューに舌鼓。楽しい京風クリスマスに大満足の高島さんでした。

編集者注
京都で見つけた「こんなクリスマスもいいね」という高島礼子さん。伝統の話、技の話、風景の話…書くことは沢山あるのですがあまり詳しく書いてしまうと、楽しみが少なくなるのでどうぞ放送をご覧になってください。

 

  写真
ツリーの中には・・・絶品!イタリアン
 
         
         

 



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.