番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

新年2回目の旅はミュージカルなどの舞台演出を手がける宮本亜門さんです。ずっと、日本の神話が気になっていて前回の旅でも「古事記」片手に大和地方を歩きました。そして今回は神話の生まれた地として有名な、宮崎県高千穂町です!舞台に関わる仕事をしている宮本さんにはそのルーツにつながる神様がおわします土地を踏みたい!というのも楽しみです。

<旅のルート>
JR延岡駅からバスで五ヶ瀬川沿いに走ること約一時間半。

では、スタッフの眞下奈生の感想をまじえての見どころです。

 

写真
旅の舞台となる高千穂

 
         
 

神々の里のバス停は神殿?

高千穂は、平地の標高がおおよそ300m。周囲を山々に囲まれた盆地です。高い場所だから、神々も舞い降りやすかったのでしょうか!?それはさておき、到着後、さっそく町の散策を開始。目に付いたのはバス停です。「さすが神話の地!バス停の名前が、シンデンだもんね!」亜門さん、神々の里に触れて、感激しています。「しかし亜門さん、これはねシンデンではなくて・・・と読むのですよ」さて、その答えは?例によって放送でお確かめください。

編集者注
旅先でお目に掛かるその土地独特の読み方、難しいですね。今の時代になっても普通のワープロでは変換できない地名沢山ありますね。駅名ではもっと沢山あるような気がします。地名では、意外に千葉県にも多いですね「夷隅、匝瑳、山武…」知名度を上げるためにひらかなにしてしまうところ、逆手に取って漢字のままの所もありますね。あなたはどちら派ですか?


 

写真
バス停「神殿」!?

 
         
 

黄金にかがやくのは何?

読み方クイズで遊んだあと、町散策で次にお邪魔したのは、高千穂町の真ん中にある「がまだせ市場」。町の物産市場です。そこで目に付いたのは、黄金色の何かがたっぷりと詰まったビン。試食が出来たので、一口頂きました。「・・・甘い!」そうです、黄金の正体はハチミツ。店員さんに話を聞くと、高千穂は昔からニホンミツバチの養蜂をする人がいるそうです。亜門さんの目が、キラ〜ンと光ったのは、気のせいでしょうか?

  写真
ニホンミツバチの蜜は栄養満点
 
         
 

舞台の神様のお足元

亜門さんは演出家。ミュージカルなどの演出を手がけています。そんな舞台人である彼に、縁の深い女神が高千穂にいます。アメノウズメノミコト。神話では日本最初の踊り子といわれており、亜門さんはこの女神が舞台等の芸事の原点、と考えています。そんな女神が立つ舞台、それは・・・


 

写真
アメノウズメが乗っているものに注目です

 
         
  蜂の巣を丸かじり!?

町の物産市場で食べたハチミツの味が忘れられなかった亜門さんが、次に訪ねたのは、高千穂で養蜂をする佐藤さん。なんと、県内外に600以上の巣箱を持つハチ名人です。そんな佐藤さんの「冬の楽しみ」に同行させていただきました。

  写真
冬の楽しみ…これは一体?
 
         
  高千穂伝統の労働歌

次にたずねたのは、標高約500メートルの草地。ここでは刈干切歌という、独特の労働歌を拝聴。名人の興梠(こうろき)則夫さんいわく、一部の刈干切歌は自分の労働の成果を人に自慢する為に歌われていた為、歌い方も遠くまで聞こえてるように、工夫がされているそう。一体どんな歌なんでしょうか。ちょっぴりエッチなバージョンも、教えてもらいました!

 

  写真
右が刈干切歌名人の興梠さん
 
         
  浅ヶ部集落 神楽の稽古

高千穂に昔から伝わる「高千穂神楽」。年の瀬から収穫を感謝し、来る年の豊作を祈るという30の集落で行われる「夜神楽」、取材をさせて頂いたのは昨年の12月、シーズンも間近という事で、稽古を始める集落がちらほら。今回はその中の浅ヶ部集落の稽古に、お邪魔させて頂きました。舞い手は「奉仕者(ほしゃどん)」と呼ばれ、本番の舞台では彼らは「神様」になるんだそうです。亜門さんも念願であった「夜神楽」、村人の真剣な稽古にじっと見入っています。「高千穂神楽」本来は一晩中踊られるものということですが、時間を区切って観光客にも見てもらうための公演も行われています。

  写真
浅ヶ部集落 神楽の稽古
 
         

神様と一緒に頂く土地の料理、氏神様とのご対面、高千穂峡めぐりの舟遊び…他にもそんなこんなの出会いのあった、普段なかなか行く機会のなかった「神話の里・高千穂」への旅。お目に掛かった高千穂の皆さんは、神様を大切にし自然を大切にし、日常生活の中に神話の世界を受け入れていると感じられました。「日本の原風景」がまた一つ、宮本さんのかばんに収まりました。



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.