番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
ゴールデンウイークの真ん中、みなさんはどんな風にお過ごしですか?今年は青森県弘前をはじめ東北のさくらが満開の賑わいでした。そして北海道の桜がGWと共に咲き始め、ほぼひと月に亘って日本列島を駆けのぼった「桜便り」も終わって、街路樹や山の緑がまぶしい本格的な旅シーズンになりました。
そして、今回の「遠くへ行きたい」は春の人気イベント「こんぴら歌舞伎」の公演が行われている、四国は香川県への八代亜紀さんの旅です。いつもは駅から会場というのが定番の旅公演から離れて、列車で気ままに途中下車のゆったり気分。讃岐の国の名物、名所を歩きます。八代さんと共に初めての讃岐を満喫したスタッフ上田真美からの見どころ報告です。

 
         
 

昔からうどんが大好きな八代さんが、本場讃岐でうどん屋さん巡り。そして、785段の長〜い階段を登って、こんぴら参りを初体験します!春の陽気で賑うこんぴら参りの旅、どんな出会いが待っているのでしょうか?

 

写真

 
         
 

うどんタクシー!

まずは、讃岐の名物大好きなうどん。最近ご当地で観光客に注目されている、うどん屋を巡る貸し切りタクシーその名も「うどんタクシー」!穴場のうどん屋さんを案内してくれる時間貸し切りのタクシーで専任の運転手さんが案内してくれます。専任ドライバーになるには、学科と実地試験があるんだそうで、運転免許より難しい!とか。うどんに関するありとあらゆる知識と、自分で美味しいうどんが打てる事が必須なんだとか!さて、どんなうどん屋さんに連れて行ってもらえるのでしょうか?

 

写真
タクシーの屋根にはその名も「うどん」の表示

 
         
  超穴場のうどん店へ

えっ!こんな所にうどん屋さん!?意外な場所にある超穴場といううどん屋さん。まず一軒目に訪れたのは、なんと、神社の境内にあるうどん屋さん「手打ちうどん うぶしな」。名物の「宮うどん」には、神社に奉納されたあるものがのっています!奉納されたものを頂くのは「お福分け」というそうで、御利益があるといいます。次に訪れたのは、ビニールハウス??恐る恐る中へ入って行くと、そこはうどん屋さん!「岸井うどん」全てがセルフのこのお店、薬味のショウガも自分ですります!おすすめは「肉釜たまうどん」。甘辛く味付けされた牛肉がたっぷり!卵をしっかりからめていただきます!

  写真

写真
 
         
  民謡 こんぴら船々踊り

「こんぴら船々」は、かつて金毘羅参詣客を相手に琴平町の花柳界で唄い踊られて来た民謡です。時代の流れでしょうか、だんだん踊り手が少なくなってしまいました。この伝統芸を絶やさないようにと、活動をしているのが香川県立琴平高校の生徒たち。この民謡にあわせて踊りを披露してくれたのが琴平高校郷土芸能同好会の皆さんです。踊りを見学していた八代さんに、学生さんから「踊ってみたいですか?」の一言が!八代さんも一緒に踊っちゃうのでしょうか?!伝統芸能の歌と踊りを継承する学生さん達から、熱いパワーをもらいます!

  写真
 
         
  旧金毘羅大芝居「金丸座」の歌舞伎公演

「こんぴらさん」こと金刀比羅宮の本宮への石段は、786段!その長〜い石段を登る前に、石段道を曲がってちょっと横丁へ寄り道。現存する日本最古の芝居小屋、旧金毘羅大芝居「金丸座」です。建物内は、冷暖房を完備していないので、一年の中で一番過ごしやすい春にだけ歌舞伎の公演を行っているんだそうです!今年の公演の座頭は・・・いったい誰だと思いますか?公演は大入り満員のため、八代さんは外から様子を伺うだけでしたが、中の様子はカメラで少しだけご紹介します!舞台の模様は番組でご覧下さい・・・

  写真
 
         
  いざ、こんぴらさんの本宮へ!

石段の数は786段、かごに揺られて登ることもできますが、せっかく来たのだからと八代さん、ガイドさんのお話しを聞きながら石段を登ります。まずは365段目の大門に到着。大門から先がやっと、金刀比羅宮の境内です!途中で石段の数についてのクイズがあります。そのポイントは一段下がった石段。実は登りの石段の数は786ですが、(悩む)では縁起が悪いので一段下げて785段にしているんだとか。「悩みを消す」という楽しい語呂合わせ…これで、悩まないですむ!と喜んだのも束の間・・・その先には更に急な石段が待ち構えていました!お参りを済ませて下ってくる人たちの励ましの言葉を沢山いただいて、本宮まで登り切りました!意外とタフな八代さんでした。頑張ったご褒美に、この時期には運が良い…という素晴らしい絶景にも出会いました。(これはエンディングのお楽しみです)

  写真
 
         

<「遠くへ行きたい」ではいつも舞台の仕事では味わえない、名物や名所をゆっくり巡ったり、土地の人とお話しが出来るのが楽しい>と、日常を忘れての時間を満喫した八代亜紀さんのそんなこんなの讃岐の旅でした。

次回は2205回・「ごちそうさん」でお馴染みの中村靖日さんの八丈島への旅。南洋植物に特別の想いを持つ中村さんの八丈島大探検、
島のグルメ・・・どうぞお楽しみに。



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.