番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
京都通の方なら、良くご存じの「京の冬の旅」のキャンペーン。普段は見学することが出来ない非公開文化財の特別公開。次回は平成27年1月から3月まで行われ48回目になるそうです。しかしその前にもお楽しみが・・・そうなんです!今回の旅は、春や秋にもこんな特別公開があるという、秋・紅葉真っ盛りの京都で味わう「特別公開の寺巡り」。旅をするのは女優の奥貫 薫さん、物静かな語り口の大人な京都の散策。それを彩る紅葉の錦と共にお楽しみください。

「秋はもう終わったじゃないか」と言う方のために春への情報もあり、散策のひと休みに秘密にしたい味の情報も満載!京都の美しさを飽くことなく探究している村田吉廣Dと共に「こんな京都初めてロケしました」と言うスタッフの三戸の報告による、番組で取材した特別公開のお寺の見どころです。

 
         
 

京都東山区 智積院

晩秋の京都は、紅葉が最高潮!京都は仕事で来るだけで、ゆっくり見て回る時間がなかったという奥貫薫さん。久しぶりに心の羽根を伸ばして、澄み切った空気を深呼吸。
「さあ、どちらに行こう 風が吹く・・・」


今回は京都の特別公開、特別拝観のお寺をめぐり、今しか見ることができない特別な「美」に出会う旅!
旅の最初に訪れた「智積院」は、黄金色に輝く銀杏も見ごろを迎え、旅の期待感を盛り上げてくれます。


 

画像

 
         
 

特別公開 その1
皇女和宮ゆかりの尼門跡
宝鏡寺 秋の人形展


素敵なお寺で 普段は観ることができないお宝と紅葉を眺めることができる「秋の特別公開」。宝鏡寺は、「人形寺」の名で親しまれている尼寺。近世より帝の皇女も尼となって住んだ位高い尼寺で、もちろん普段拝観は許されていない。春と秋の特別拝観の時だけ、そのふしぎな人形たちに出逢えるチャンスがある。それらの人形の多くは、長い歴史の中で寺へ入った皇女たちへ、家族から贈られたもの。更なる見どころ、人形師・伊藤久重が作った等身大の皇女和宮の人形は迫力満点。宝鏡寺に伝わる装束を身に纏い、貴族の暮らしぶりを今に伝えている。 奥貫さんは寺で人生を過ごした女性たちに思いを馳せ、彼女たちが愛でたであろう庭の紅葉を見る。

 

画像

 
         
 

特別公開 その2
重要文化財 特別公開
方丈障壁画

妙心寺は、秀吉と淀君との間の幼くして亡くなった子、鶴松の葬儀を行った由緒ある寺。以降多くの大名が、ここに僧院である塔頭を建立した。そのため、妙心寺の中には、46院が生まれ、まるで一つの大きな町のよう。保育園や借家もあるのです。奥貫さんが目指すのはそれらの塔頭の中の一つ天球院。姫路城を作った大名池田輝政が仏門に入った妹・天球院のために建てたもの。そこには、狩野派の天才親子と言われた狩野山楽・山雪の傑作群、方丈障壁画が飾られている。襖絵と杉戸絵あわせて152面(重文)。黄金襖絵「竹虎図」「梅に山鳥図」の実物に対面し、奥貫さんは息をのむ。実はこの襖絵は現在、高細密複製画化(京都文化協会とキヤノン共同事業「綴プロジェクト」)が進められており、2016年には、原画はすべて、京都国立博物館へ移され、所蔵管理されることが決定している。 なので、この場所で本物の障壁画に囲まれるのは、この1,2年の特別拝観の時だけになるかもしれない。

  画像

 
         
 

特別公開 その3
高台寺 秋の夜間特別拝観
神秘の絶景
 臥龍池

高台寺は北の政所ねねが豊臣秀吉の冥福を祈って建立したお寺。ねねは、この地に移り住み徳川の世への移行を眺め過ごした。その庭は史上最高と言われる・茶人であり作庭師としても名高い小堀遠州の手によるもので、とりわけ「臥龍池」の紅葉が美しい。夜になると、ライトアップされた紅葉が臥龍池の水面に映しだされ、神秘的な風景が広がる。訪れたこの日は全くの無風状態、まるで鏡のような息をのむ実景を更にじっくり、放送でお楽しみ下さい。

  画像

 
         
 

特別公開 その4
圓徳院 秋の特別拝観絶景
ねねが愛した名庭園 ライトアップ


高台寺の塔頭、圓徳院はねね終焉の地。ここは、彼女がかつて住んだ伏見城の化粧御殿を移築したもの。ねねが、とりわけ愛したであろう庭が「北庭」。ここには、ねねがわが子のように育てた武将たち、加藤清正や福島正則らから贈られた石が配されている。紅葉は燃えるような赤。ライトアップされることで、人々を愛し、人々に愛されてきたねねの心を映しだしている。

 

画像

 
         

編集者から:

初めにも書きましたが、今回のロケはともかく天候に恵まれ秋の特別公開に匹敵する紅葉の錦が撮影出来ました。奥貫さんにとっては仕事場としての京都がこんなにも奥深く体験できた「特別公開の寺巡り」紅葉に包まれて仕事の合間にそんなこんなの見どころが沢山増えた京の旅です。春には貴方の京都を見つけに行きませんか。

次回は、ますだおかだの増田英彦さんの沖縄県南大東島の旅です。南の孤島で不思議な鍾乳洞、島ならではの酒、味そして島の唄・・・機会を見つけて一度は行きたい島への旅です。
(尚、次回はサッカーのクラブ杯CWCの中継放送が延長になる場合には、放送順番が変わります)







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.