番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から

今回は昨年12月に放送予定でした、増田英彦さんの南大東島への旅です。

「遠くへ行きたい」では二度目になる南大東島への旅。今回の旅人はお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦さん。増田さんもですが、スタッフ全員が初めての南大東島、番組の画面からは<全てが初めての目線>南海に浮かぶ島の様子が伝わってきます。その報告は若いスタッフ木村の目線です。

 
         
 

増田さんが旅先に選んだ、沖縄県の南大東島。沖縄県には何度も行ったことがあるという増田さんが、「余り観光で有名な所ではなくて…」日常の島の暮らしに触れてみたい、と選んだ島。那覇から空路約360キロ、いざ太平洋に浮かぶ絶海の楽園へ!「初めて尽し」の連続、果たしてどんな旅になるのでしょうか?! 

 

画像

 
         
 

南大東島に到着!

お隣の北大東島とともに珊瑚が積み重なって出来た石灰岩の島。今から114年前、無人島だった南大東島はサトウキビ栽培を目指した八丈島の人たちによって開拓されました。今でもサトウキビ畑が島の面積の6割を占めています。

 

画像
展望台から島を見下ろす

 
         
 

島のメインストリートを散策

島の「在所」と呼ばれる集落には、あらゆる施設がそろっています。
郵便局、スーパー、飲食店から、なんとカラオケ店やビリヤード場まで!しかし島のメインストリートといわれる場所を歩いても誰もいません。みんなどこへ行ったのでしょうか。
目についた商店、何でも屋さんと言う風情、出会ったお客さんから珍味を教えてもらいました。それは…番組でのお楽しみに。

  画像
メインストリートに人がいない…?
 
         
 

大物釣りにチャレンジ!

港へ向かった増田さん。港には釣り糸を垂れている人々が…珊瑚礁でできた南大東島、周囲の海がいきなり1000m以上の深さまで落ち込んでいるといわれており、大物がかかることがしばしば!なんと岸壁でマグロまで釣れることもあるんだとか!見ていると殆ど入れ食い状態!普通では考えられないような豊かな島で、増田さんも釣りにチャレンジ!釣りはほとんどやらないという増田さんの竿に大物はかかるのでしょうか!?

  画像
大物なるか!?
 
         
 

探検!サンゴの島の地底湖 

珊瑚礁が積み重なって出来たこの島の地下には鍾乳洞や湖がたくさんあるという世界でも珍しい島。島内にはなんと200もの鍾乳洞があるとか。
今回はサトウキビ畑の中にポツンと口を開けた「秋葉地底湖」へ行ってみます。
この日は島の小学生が地底湖探検ツアーに来ていました。ここで地底湖探検ガイドをしている東さん、ある思いでこのツアーを開いていました。増田さんも小学生に交じって探検!サトウキビ畑の下に広がる幻想的な世界にうっとりです。

 

画像
地底湖

 
         
 

初めての三線チャレンジ!

増田さん、今回の旅でなんとしてもチャレンジしてみたかったのが、沖縄の三味線「三線(さんしん)」です。
島で民謡を教えているという新垣先生に三線を教わります。
教わった曲は、BEGINの「♪島人ぬ宝」。増田さんは三線をマスターすることが出来るのでしょうか?先生は伝統的な曲が得意で、新しい曲は苦手…ということで一緒に練習・・?不思議な稽古風景です

 

画像
三線を習う増田さん

 
         
 

響け!島娘たちの唄

夜になって、新垣先生のもとに子どもたちがやってきました。
島で歌い継がれて来た伝統の民謡を忘れないで欲しいという先生から教えを受ける子供たち。メンバーは幼稚園児から中学生の6名で、「ボロジノ娘」という沖縄民謡グループを結成しています。子どもたちのレベルの高さに驚きを隠せない増田さん。「♪島人ぬ宝」をボロジノ娘と一緒に演奏します!これがとても上手い!彼らは島だけでなく本島でも人気者なんです!

 

画像
ボロジノ娘と一緒に…

 
         
         

編集者から:

島のみんなが家族、と実感した島の人々の温かさが忘れられない想い出となった南大東島の旅。「又、帰って来たいなぁ〜」と思わずつぶやいたそんなこんなの旅でした。なかなか行く機会がない島への旅ですが、日本の広さ、奥深さを画面で見て楽しむ旅としてご覧いただければ、と思います。

次回は2239回渡辺徹さんの京都・丹後地方・舞鶴、宮津を旅します。食いしん坊を自認する渡辺さん、舞鶴で海上自衛隊の厨房にお邪魔したり、その昔海軍の味として知られた「元祖肉じゃが」そして旬のカニ、グジ、アサリ丼・・・食べに食べ尽くす渡辺徹さん、味と人情の丹後地方の旅、どうぞお楽しみに・・・

 







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.