番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
「遠くへ行きたい」では色々な土地に旅していますが、その土地ならではの名物、名産、歴史など色々な情報も興味深いのですが、<こんな人生があるんだ><こんな夢を持っている人がいるんだ>…というのを見たり聞いたり出来るのも、旅番組ならではの楽しみだと思います。尾道は、時代をさかのぼれば「志賀直哉、林芙美子などの文学散歩」、最近では「映画の舞台」で知られる土地ですが、今回の旅は一寸視点を変えて、原さんの旅は尾道に滞在しての街歩きの中から「こんな暮らしをしてみたい」「こんな夢を持って生活している人」の話を聞いたり、訪ねたりする旅になりました。サブタイトル通りの「夢追い人」たちとの出会いをお楽しみください。演出の伏谷、旅人の原日出子さんとのやり取りと共に一緒に旅したスタッフの木村の報告をお読みください。

 
         
 

小津安二郎、大林宣彦監督らの映画の舞台となった広島県・尾道市。その尾道が今、若者たちの手で変わりつつあるのをご存知でしょうか?
今回は、映画の世界の住人・原日出子さんが、ロケ地めぐりだけではわからない、もう一つの尾道の「現在」をたっぷり紹介します!

 

画像
尾道市を見下ろす

 
         
 

「ネコノテパン?」

尾道といえばやっぱり「坂と階段の街」。尾道水道に面した駅前広場から山の方を見ると、山肌に張り付くように住宅地が広がっています。という訳でまずは、そんな尾道の坂を散歩してみましょう。
散歩途中、「ネコノテパン工場」と書かれた廃材で造られた看板を発見!矢印の方向へ向かってみると、そこには小さな小さなパン屋さんがありました。売り場のスペースはなんと、人がたった一人しか入れないというほどの小ささ!心なしか、パンもお店のように小さくて可愛らしい!
どうやらこれは「坂と階段の街」尾道の地形と関係があるようなのですが…

 

画像
お店は人一人入れるくらい… 

 
         
 

尾道で夢のマイホーム!

尾道には、坂と階段が多いという立地条件もあって近年、空き家が増えているんだそうで、その活用を図るNPOの活動も盛んです。そんな空き家のひとつに、東京から尾道に移り住んだという 漫画家・つるけんたろうさん の自宅を訪問。つるさんの家は駅前の高台に位置し、窓から見下ろす尾道の景色はもう最っ高〜!こんな物件、さぞお高いのでは…と想像してしまいますが、なんと「0円で」貰い受けたというから驚きです!なんとも羨ましいお話の真相を探ります。

  画像
窓から尾道の景色を眺める
 
         
 

「尾道デニム」の秘密

全国のおしゃれ好きが注目するかなり珍しいショップがあると聞きました。商店街の中にある「尾道デニムショップ」、お店にはジーンズがズラ〜リ。サイズも、色の落ち具合やアタリなどの風合いも千差万別。二本として同じものはありません。古着屋さん?レアなヴィンテージ・デニムの専門店?いえいえ、ここに並んでいるのは全て、もとは同じジーンズだったんです。どうすればこんなにも多様な表情が生まれるのか…その驚くべき“味出し”テクニックとは!?

  画像
店内にはジーンズがズラリ
 
         
 

「尾道デニム」の秘密その2

尾道デニムの秘密を解く鍵はどうやら尾道の対岸にある「向島」にあるようです。数分間隔で往き来しているフェリーで尾道水道を渡り、向かったのは「向島町漁業協同組合」。漁師さんたちにお会いしてびっくり。なんと全員がジーンズをはいています!「海の男たち」と「カッコいいデニム」の関係とは!?
さらに漁協では「海のフォアグラ」と呼ばれる珍味と出会います。ここ向島で生まれた贅沢な味を、原さんもいただきます!

 

画像
漁協で出会った漁師さん
画像
「海のフォアグラ」

 
         
 

島のチョコレート工場

向島で最近話題になっているのは小さなチョコレート工場。山の上にある手作りのスペースで3人の若い男性が作業をしていました。飄々とチョコレートづくりに勤しむ彼らですが、やっていることはちょっと真似できないほどマニアック。試食させて頂いたのは4種類のチョコレート。見た目はほとんど同じですが、口に含んでびっくり。ひとつひとつまったく違う個性を持っているんです!
この3人、尾道の出身ではないそうですが、どうしてこの街でチョコレート工場を開くことになったのでしょうか?彼らの夢は更に大きく膨らんでいます。

多くの人を惹きつける尾道の魅力をいっぱい感じることが出来ました。皆さんも、番組でお楽しみ下さい!

 

画像
それぞれに味が違う
画像
作業風景

 
         

編集者から:

土地の情報だけでなく、尾道に住む人、移り住んだ人…原さんにとっても、尾道の新しい魅力を、夢追い人の目を通してみることが出来た、想い出深いそんなこんなの尾道の旅です。
次回は2243回、もと巨人軍投手・宮本和知さんの香川県・小豆島への旅です。オリーブの島として知らていますが、名物の素麺、醤油などの他、出会ったのは何故か「オリーブ牛」!「遠くへ行きたい」初めての旅をした宮本さんの「へぇ〜」をお楽しみに…

 

 







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.