番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
およそ8カ月ぶりの寺島さん、「遠くへ行きたい」の旅ごころを我がものにした感じで、俺流の2泊3日を楽しんだようです。今回の旅のきっかけは、やはり自分の原点ともいえる東映京都撮影所を皆に紹介したいということで始まりました。寺島さんの俺流にすっかりはまったスタッフ佐藤の報告とともに番組をお楽しみ下さい。

 
         
 

今回の旅人は「遠くへ行きたい」2回目の旅となる俳優・寺島進さん。北野武監督の映画をはじめ、数々のドラマや舞台に出演し、男気溢れる役柄を演じる。時代劇の撮影でたびたび訪れるという京都で、まず向かうのは太秦にある「東映京都撮影所」。撮影所の仲間との再会から旅は始まります。「京都に来たらぜったい外せない!」という寺島さんオススメのスポットへ!京都の裏側、旅情をそそる銭湯や今が旬の旨いもの巡り。里山の暮らしが色濃く残る「筍の里・大原野」と「関西の食の宝庫・美山」。ここでどんな食材に出会えるのか? 京の春の美味を満喫し、 寺島のアニキに連れられて、「あ、こんな京都もあるんだ!」と、隠れた京の遊び方を再発見する旅です。

 

画像

 
         
 

“俺の京都”へ! 時代劇発祥の地「京都太秦撮影所」

京都駅からJR山陰本線に乗り込み最初に向かうのは、寺島さんが若い頃から時代劇の撮影などで通い詰めている京都・太秦(うずまさ)。太秦は時代劇発祥の地であり、京都で一番長い歴史を持つ日本映画製作のメッカ「東映京都撮影所」があるところ。そんな寺島さん馴染みの撮影所の舞台裏に潜入!気心のしれた撮影所のスタッフとの再会や、普段は目にすることができない美術スタッフの作業場に驚きの連続。アノ有名時代劇の俳優さんにも偶然バッタリ!知られざる撮影所の裏側へご案内!!
そしてそこにある映画村は一般の観光客も楽しめる時代劇体験など、とても楽しいところです。

 

画像
隣接の太秦映画村には、実際の時代劇の撮影に使う本物のオープンセット
画像
このお地蔵様も実は・・・

 
         
 

薪で焚く銭湯「旭湯」

京都は、市内の狭い範囲に130軒ほど銭湯がある“銭湯の町”。風情ある銭湯が立ち並ぶ中で、「京都に来たら必ず行く」という寺島さん行きつけの銭湯が「旭湯(あさひゆ)」。民家を取り壊した廃材や、材木屋から出るおが屑を使ってお湯を沸かしている。情緒あふれる町の銭湯では、電気風呂やトルネード風呂、サウナ、温泉の湯などいろんなお風呂につかりながらゆ〜っくりできる。

 

画像
大正14年創業の「旭湯」
画像
薪風呂のやわらかいお湯を満喫・・・

 
         
 

絶品!京たけのこ堀りに挑戦

今が旬の京たけのこの農家を訪ねて、町から少し外れた京都盆地の西にある大原野(おおはらの)へ。ここ大原野は京たけのこの里として有名なところ。寺島さんがお邪魔した齋藤治喜さんのお宅は、4世代9人家族。13代も続く京たけのこ農家。京たけのこのおいしさの秘密を探ります!

  画像

画像
 
         
 

心と体に優しいレストラン

掘りたての京たけのこを持って、寺島さんが訪ねたのが大原野の「nest(ネスト)」というお店。店主の仲上雅子さんが、陶芸教室とランチカフェを兼ねている店を切り盛りしている。店の近くでは仲上さんのお母さんが有機野菜を作っていて、その食材で作る季節料理と、自分が焼いた陶器の器に盛り込んだ“気まぐれランチ”が大人気。さて、寺島さんが自分で掘った京たけのこ、どんな料理になるのやら・・・?

  画像
畑いじりにも初挑戦。
画像
仲上さんの料理に興味津々♪
 
         
 

美山町の猟師との出会い 里山料理を満喫!

仲上さんに、自然のことを教えてくれた師匠がいるという美山へ向かう。川原浩敦紀(かわはらひろあき)さんは、猟師として20年以上のキャリアを持つ。実家を改装して「猟師の家」と名づけ、“田舎暮らし”の魅力を伝えている。川原さんと一緒に、渓流の女王と呼ばれるアマゴ釣りに初挑戦!
そして、里山の自然が大好きな女子たちが集い、山の夕食会。OLとして働きながら、クレソン農家を始めたり、移動式の手作りピザ屋を始めたり。はたまた、「猟師になりたい!」と弟子入りした若手の女子ハンターなど。「本物の贅沢な幸せな時間が過ごせる」とやってくる。里山で出会った美女たちの絶品里山料理に、寺島さんも鳥肌!?

 

画像
美山の猟師・川原さんに弟子入り。
画像
はじめての渓流釣り!はたして・・・?
画像
絶品!鹿肉のたたき

 
         
 

奥深い京都の魅力。里山で食のありがたみ感じる旅。
寄り道すると、知らない京都が見えてくる。みなさんも、こんな旅どうですか?
ちょっとディープな!京都、ぜひお楽しみください!

 

画像

 
         

編集者から

旅の動機・太秦撮影所と映画村を皆に見せたい、ということで始まった、俺流の旅でありながら番組をみる人がそれぞれに楽しめるものになった今回の寺島さん旅、
そこここに「へぇ〜」を感じて頂けたと思いますが如何だったでしょうか。
これからも「遠くへ行きたい」の<へぇ〜>の旅をお楽しみください。

次回は前田吟さんが新潟県の燕三条と寺泊、そして柏崎をめぐります。
世界が認めた職人技の町・燕三条から始まり、越後随一のパワースポット・彌彦神社を参拝!
魚のアメ横と呼ばれる寺泊で絶品・海の幸を堪能、柏崎に500年もの間受け継がれてきた
雅な伝統芸能「綾子舞」などなど見所たっぷりです。
前田さんにとって35年ぶりの『遠くへ行きたい』!どうぞお楽しみに…

 

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.