番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
初お目見えの宮下純一さん。朝の番組などでおなじみの方もいらっしゃると思いますが、とても爽やかな初旅になりました。「南の海で、泳ぎた〜い」と向かった石垣島、宮下さんは3歳の頃まで沖縄に住んでいたことがあるそうですが、殆ど記憶がないそうで、期待いっぱいの島へ。沖縄と言えばおばぁ・おじい、そして子供たちとの出会い、そして青い海とサンゴ礁・・・
宮下さんと一緒に石垣島を満喫したスタッフ細村の楽しそうな報告でどうぞ。
余談ですが、オリンピックで活躍した水泳選手が目立つと思いませんか?今回の宮下さんは北京オリンピック、東京の木原光知子、ソウル・バルセロナの藤本隆宏、シドニーの田中雅美…タレント部門水泳大会が出来そうですね。
では、見どころへどうぞお進みください。

 
         
 

青い空!青い海!誰もが憧れる常夏のリゾート・石垣島を旅するのは、
元競泳選手(背泳ぎ)の宮下純一さんです。宮下さんは、7年前の北京オリンピック男子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得したイケメンスイマー。でも海で泳いだことはあんまり無いとか。そこで、今回の旅の目的は、石垣の青い海で思いっきり泳ぐ事!メダリストの華麗な背泳ぎに期待です。

 


 
         
 

サンゴ礁に潜る、遊ぶ…

宮下さんが向かったのは、石垣市白保の海。シュノーケルをつけて、珊瑚礁のポイントへ潜ります。100種類以上のサンゴが群生する白保の海で出会ったのは・・・海のアイドル“カクレクマノミ”です。海からあがったら、元気な島の子供達と磯遊び。子供達は、白保に昔から伝わる伝統漁の体験学習をしていました。その伝統漁とは“カチ(垣)”と呼ばれ、浅瀬に石垣を積み上げて、満潮時に入った魚が干潮時にカチに阻まれて戻れなくなったのを捕まえるという、なんとも素朴なもの。果たして、魚は獲れるでしょうか!?体験学習の後は、子供たちの大好きなかき氷もいただきますよ!

 

画像
これがカチ(垣)大漁の時は体験学習どころじゃない大騒ぎだそうです

 
         
 

島の名物・ヤギ汁

ヤギ汁が自慢の名店へ。臭みもなく、滋養強壮パワーの源・ヤギ汁を頂きます。ふと見ると店の外にはなぜか「リング」が。屈強な男性たちがたくさん集まっていました。店のご主人の腕も半端じゃない太さ!実は、この人たちは、アームレスリング愛好家のみなさん。全国大会で優勝するほどの腕前の選手たちです。とても勝負にはならないけれど、やってみたい…
筋肉では負けないかなという選手と対戦、果たして勝利なるか?

 

画像
ヤギ汁は滋養強壮に効果絶大!

 
         
 

マグロの水揚げ

八重山漁協の競り場へ向かいます。なんでも巨大マグロが続々水揚げされているとか。宮下さんが訪ねてみると、ちょうど水揚げの真っ最中。大きなマグロに興奮!そして、南国の色とりどりの魚たちも発見。この魚を競り落としている仲買人たちは、ほとんどが女性です。石垣島では、昔から魚を獲るのは男、売るのは女なのだとか。宮下さんも、競り場で知り合った與那覇英子さんのお店へ。競り落としたキハダマグロの刺身、てんぷらをご馳走になりました。
マグロのてんぷらはおやつなんだそうですよ。

 
 
         
 

石垣島のご当地グルメを食べ歩き

まずは、謎の“オニササ”という幟を掲げる店へ向かいます。“オニササ”とは、なんでも20年ほど前に地元の高校生が、部活帰りに簡単にお腹を満たす軽食として、人気に火がついたとか。
“オニササ”っていったいどんな食べ物なのでしょうか!?
そして、沖縄と言えば…石垣島のおかあが作る人気のお菓子も登場です。

  画像
これがオニササ??
 
         
 

石垣島の伝統漁を見た!

石垣の海の漁を見たい!海の男たち・海人の仕事を見せてもらえることになり、朝5時半に漁港へ向かいます。今回、漁に同行させてもらったのは、親方・金城和伸さん率いる「金城組」です。4人で海に潜り、仕掛けに綱と不思議な布を使って、魚を追い込む伝統の漁「追込み漁」を行っているそうです。なんでも半端な体力では、とても無理なんだとか。それもその筈、網を仕掛けるのになんと半日近く海に潜りっぱなしで、トータルでは1km以上も潜って泳ぐという大変な漁。4人組のチームワークが見事です。
泳ぎにはちょっと自信のある宮下さん、一寸だけお手伝いですが・・・。
漁の模様は番組でどうぞ!網から上がった魚のきれいな事、さすが南の海です。

 


 
         

編集者から

初めての旅先でも、こんなふれ合いがあると想像以上の楽しさが味わえる・・・というお手本のような宮下純一さんの石垣島の旅。
番組をご覧になって、爽やかで、素朴な人柄そのままに地元の人たちとの出会いを感じて頂けましたでしょうか。「行ってみたくなる石垣島」是非ご覧ください。

次回、2260回は渡辺徹さんが大分県別府から宇佐へ、秘湯から名物めぐり。
地元で隠れた名物を探して、味わうのが旅の楽しみ!という渡辺さん。
今回はそんなものを見つけたか・・・どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.