番組からのお知らせ
番組データ集
(準備中)
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
今回の見どころはディレクターの佐藤、自らの報告です。見どころがいっぱいというところです。佐藤が報告の中で秘密にしていることがあります。番組の冒頭に注目して耳をすませて頂きたいものがあります。是非、別府駅到着のシーンをお見逃しなく。それでは、行ってらっしゃい〜

 
         
 

今回の旅人は「遠くへ行きたい」で地元の美味しい味に出会うことが大好きな渡辺徹さん。旅先は、大分県。温泉大国・別府の温泉グルメや、実は“から揚げがソウルフード”だという不思議な町・宇佐の美味しいから揚げの秘密を探す。
別府の路地を歩けば、若手芸術家集団の下宿アパートがあったり、路地裏の“流し”がいたり、と昔ながらの暮らしが残る町。その昔、別府は“流れ者の街”とも呼ばれ、様々な人が集まったという歴史があって独特の文化がある町です。父親が“流し”だったという渡辺徹さん。温泉とグルメに誘われて、湯けむりとともに懐かしい雰囲気が漂う大分の地元の味に出会う旅!

 

画像

 
         
 

ディープな温泉街
「鉄輪(かんなわ)温泉」の“地獄蒸し”


JR日豊本線に乗って、まず向かうのは湯の町・別府。実は、別府は源泉数も、湧出する湯量も日本一の温泉街なんです!そこで気になるのは、やっぱり温泉グルメ・・・。湯治の雰囲気を色濃く残す「鉄輪(かんなわ)地区」を歩いてみると、町のいたるところから蒸気が噴き出しているんです・・・。この蒸気を利用した“地獄蒸し”というのが、ここの名物。なんだか恐ろしい名前ですが、これが美味なんです!渡辺さんが選んだ食材は、別府湾の鯛。さあ、どんな料理になるのでしょうか?
温泉地ならではの美味に舌鼓。

 

画像
別府湾を望む湯の町からは、湯気が・・・
画像
地獄蒸しの味とは!?

 
         
 

明治時代から続く老舗共同浴場
「竹瓦温泉」


別府に来たら外せない共同浴場がココ。特に若い女性や外国の観光客に人気が高い明治時代から続く別府温泉のシンボル「竹瓦温泉(たけがわらおんせん)」。1938年(昭和13年)に改築された建物は、登録有形文化財に指定されており、壮麗な入口の屋根、お寺のような佇まい・・・。湯の町・別府の人気温泉でひとっ風呂!

 

画像
別府温泉のシンボル「竹瓦温泉」
画像

 
         
 

若手芸術家が集う下宿
「清島アパート」


湯の町・別府で見つけた不思議なアパート・・・。なんでも若手芸術家が男女で共同生活をしながらアトリエとして利用しているアパートだそうで。長屋のようなアパートを覗いてみると、それぞれの部屋に作品があるんです。出身も分野も性別もバラバラなアーティストたちの共同アトリエは、布で人間の彫像?を作ったり、ニュースタイルの日本画だったり、と色とりどり。別府の町のアートな一面に、渡辺さんも驚きの連続。

  画像
ここが噂の「清島アパート」
画像
アーティストたちのアトリエに潜入します!
 
         
 

日が暮れたら「夜の路地裏さんぽツアー」

夕暮れの竹瓦温泉に明かりが灯ると、楽しい別府の夜がはじまります。昔ながらの路地に明かりが灯り、聴こえてくるのは生演奏と歌声。音のする方に行ってみると“流し”の3人組が・・・。「はっちゃん(63)・ぶんちゃん(67)」は、別府の路地裏の人気者で、生演奏をしながら町の名所を案内してくれるんです。60代のギターコンビと一緒に演奏しているのは、なんと若手の女性アコーディオン奏者・萌ちゃん(26)。別府の町には、いろんな出会いがあります。夜の賑やかな路地裏を演奏を聴きながら、ノスタルジックな湯の町のネオンを歩きます。

  画像  
         
 

いざ、噂の「から揚げの町」へ!

湯の町・別府を満喫したら、忘れてはならない大分グルメが楽しみにしていた「から揚げ」!渡辺さんも大分の旅では絶対!はずせない大好物の「から揚げ」です(笑) 目指すは、から揚げの町・宇佐(うさ)市。じつはここが「から揚げ専門店」発祥の地なんです。市内には、から揚げ屋が34店舗。から揚げを売っているお店となると60を超え、その数はコンビニの数より多い。早速、噂の激ウマ唐揚げの秘密に迫ります!
そして気になる「宇佐から揚げ」の発祥の店・・・。実は、宇佐で最初にから揚げを始めた店は中華料理屋だとか。“元祖宇佐から揚げ”は、あなたも見たことがあるアレだったんです!50年前の元祖から揚げに秘められた物語とは?唐揚げの町の原点に迫ります。

 

画像

画像
見た目は普通のから揚げなんですが・・・奥が深いんです。
画像
中華料理屋の“元祖宇佐から揚げ”とは?

 
         
 

旅の〆の渡辺さんのおすすめコメントです。
「湯の町・別府」と「から揚げ大国・宇佐」のグルメ旅。
あなたも大分に行ってみたくなっちゃいますよ〜!

 

画像

 
         
         

編集者から

本当においしそうに食べ、地元の人と気軽に交流・・・渡辺さん連れられての別府・宇佐、知っていることも、渡辺さんの手に掛かると新鮮だから不思議です。皆さんも、マイ・別府、マイ・宇佐を見つけてみませんか。

次回、2261回は渡辺正行さんが埼玉県・秩父路を歩きます。秩父名物の目白押し、SL,ラーメン、天空のポピー畑、秩父神社の水占い、子供たちの夏祭りの準備、一番札所・・・食べて、出会って、思わず涙の90歳・看板娘とのおしゃべり・・・どうやら、次回も知ってそうで知らない秩父が楽しめそうですよ、どうぞお楽しみに。

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.