画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
今回の旅人・西田尚美さん、台本のセリフのない仕事、素顔で一人で番組に出るという経験はほとんどなく、思わぬ体験続きの旅となりました。
一緒に旅したスタッフの葛谷にとっても初めて続き・・・各場所で西田さんと共に驚き、感心し、楽しく歩いていたのですが、旅の終わりには「え〜っ、あそこまで登るんですかぁ〜」と思わずつぶやいたという報告です。

 
         
 

今回の旅は、「遠くへ行きたい」初登場となる、女優・モデルの西田尚美さん。
子供の頃、家族旅行した思い出がある鳥取砂丘を大人になってからもう一度旅したい!という思いから選んだ旅先は鳥取県です。
鳥取砂丘から始まる知られざる鳥取の魅力!満喫しちゃいます。

 


 
         
 

鳥取砂丘

子供の頃に家族旅行で行ったことがある鳥取砂丘、大人になって行ってみたらどんな気持ちになるんだろう?JR鳥取駅で「スーパーいなば」を降りたら、さっそく砂丘に直行です。ラクダに乗ったり砂を滑るサンドボード。砂丘の楽しみ方もいろいろです。そんな中、いま大人気なのが「パラグライダー」!
西田さん、パラグライダーに挑戦です!!空から見える砂丘、本当に気持ち良さそうでした。必見です。

 

画像
広大な砂丘!
画像
大空へ飛び立ちます〜

 
         
 

砂の美術館

みなさんも小さい頃に、一度は泥団子を作ったことがあるのではないでしょうか。
これはその何百倍もデカイ砂の彫刻!全部砂ですよ?
毎年テーマを決めて世界の砂像彫刻家たちが作品を創っているんですって。
今年のテーマは「ドイツ」有名なノイシュヴァンシュタイン城やベルリンの壁、グリム童話の世界を楽しんじゃいます。「今度は子供を連れてこよっ〜と」と西田さん。

 

画像
ファンタジーの世界です!

 
         
 

しゃぶしゃぶのルーツ発見!

しゃぶしゃぶのルーツが鳥取にあるって知ってました?
そこにはある人物が深く関係しています。その人物の名前は吉田璋也(よしだしょうや)。この方、もともとは医師なんだそうです。医師としゃぶしゃぶ?
いったいどのようにしゃぶしゃぶが生まれたのか?その秘密を探ります!

  画像
おいしそう〜!
 
         
 

鳥取民藝美術館

「しゃぶしゃぶ」のルーツに関係ある人物が民藝運動の担い手の一人として知られるのが医師でもあった吉田璋也(よしだしょうや)。民藝運動とは、道具や器の「用の美」をより多くの人に伝えようとする運動のことです。「しゃぶしゃぶ」を食べたたくみ割烹の並びにある、吉田璋也(よしだしょうや)がデザインした民藝品が数多く展示されている「鳥取民藝美術館」に向かいます。そこにはなんと、あの天才画家の描いた或る部屋のスケッチが!

  画像
民藝品の数々
画像
誰のスケッチでしょう?
作者は放送でご覧下さい。
 
         
 

吉田医院

スケッチで描かれていたのは吉田璋也(よしだしょうや)の診察室。いまもそのまま残っているそうです!
今回特別に見せていただきました!案内してくださった吉田璋也(よしだしょうや)の孫、章二さんに璋也(しょうや)がどんな人物だったのか、伺います。

 

画像
スケッチされた診察室です。

 
         
 

因州中井窯

璋也の意思を受け継ぎ、民藝窯の中井窯3代目坂本さんを訪ねます。作られているのはレトロモダンな器!可愛いです。お弟子さんも全国各地からいらっしゃるそうです。毎日同じ器を作る難しさというお話を伺いました。なんとその数、同じものを1日にxx個!と伺いました(答えは放送で…)とてもそんな訳にはいきませんが西田さんにろくろを体験させてくれました。初挑戦です!出来上がりは放送後のアラカルトをお楽しみに!

 

画像

 
         
 

三朝温泉 有形文化財の宿

学生時代に三朝温泉を訪れたことがあるという西田さん。そのときから是非とも泊まってみたいと思っていた温泉旅館があるそうです。それが「旅館大橋」、旅行会社が選んだ「料理が美味しい宿、日本一」を2年連続で受賞している宿です。
ここにスゴ腕料理人がいるんですって!見たことのない料理の数々に西田さん・スタッフ共々驚愕してしまいました!これはもう…芸術です。

 

画像
真っ暗な部屋、何が行われるの?

 
         
  三佛寺 投入堂

修験道の山として知られるお寺です。お参りするにはとーっても厳しい岩壁のような坂道を登らなければならない「三佛寺 投入堂」
普段あんまり運動するタイプではない西田さん。でも、頑張りました!目、耳、鼻、舌、体、そして心の六根を清めるために上がるという投入堂。絶壁の先には、絶景が待っていたんです!是非みなさんも挑戦してみてください。

  画像
 
         
  思いのほか、挑戦だらけの旅になった今回。鳥取には知らない魅力がたくさんでした。きっともっと知らないことがあるんだろうな、と可能性を感じさせてくれました。
皆さんも、マイ鳥取の新しい魅力発見してみてはいかがですか?
 
 
         

次回・2274回は、野々村真さんの富山県の旅です。富山市〜射水市新湊をめぐります。薬のまち富山ならでは!女性に人気の薬膳料理、そして、新たな観光の目玉として注目を集めている、
富山市ガラス美術館や吹きガラス体験、富山湾の宝石と呼ばれる白エビの獲れたて漁師料理!などなど見所たっぷりです。
どうぞお楽しみに…。

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.