画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
この欄で折に触れて、番組で旅をして頂くときに動機があるとそれなりにふくらみが出て、その旅が楽しげなものになりますと、申し上げています。
そんなことを念頭に置いて旅先の打ち合わせで皆さんとお話しすると、人には忘れられない想い出の地というのが、一つとか二つはあるものだということを感じます…
前置きが理屈っぽくなりましたが、今回の旅人宮本さんは選手引退後、各地で野球教室を開いていますから、久しぶりに会うという球児たちがいて、今までもそれをきっかけに出かける旅がありました。
今回の想い出の地は、宮本さんにとっては特別のものがありました。プロ野球への道を開いてくれたお医者様が開業している土地・長野県戸倉上山田温泉。
そんな想い出の土地への旅を一緒にしたスタッフ木村からの報告です。

 
         
 

僕の原点・長野へ!
巨人軍への道を開いてくれた医師と
31年ぶりの再会!


今回の旅人は、番組3回目の出演となる宮本和知さん。元読売巨人軍のエースとして活躍した宮本さんですが、巨人に入団する直前の1984年、社会人野球から日本選抜に選ばれ、ロサンゼルスオリンピックに出場。そこで金メダルを獲得しました。しかし、その栄光の裏には壮絶な出来事が・・・ピッチャーの命とも呼ばれる肘を故障し、激痛の中での試合だったそうです。
帰国後、長野で療養していました。その時お世話になったのが、日本屈指のスポーツドクター・吉松俊一先生です!先生は「切らない」手術で、再び宮本さんを投手として復帰させ、その年ドラフト3位で巨人軍に入団しました!吉松先生がいなければ、違う人生を送っていたかも知れません・・・。

まずは“エース宮本”の原点を支えた吉松先生に改めての感謝を。
31年ぶりの再会・・・当時51歳だった先生は、現在82歳。お元気なんでしょうか?

 

画像
こちらが恩師の吉松先生…
えっ〜?82歳になられているはずですが…
画像
このチームで試合をします!

 
         
 

絶景の「姨捨(おばすて)の棚田」

絶景の名所・姨捨の棚田。ここは日本の棚田100選に選ばれ、2000枚の棚田が連なっています。
収穫直前のたわわに実った稲がまた美しい・・絶景を見下ろしながら歩いていると、棚田の農家さんに出会いました。開口一番、「今年、 巨人は苦戦してるねえ!!」と、なんとも愉快なお父さんと大盛り上がり!
(編集者注:ロケは9月上旬、「まだまだ、わかんないですよ〜」なんていう会話でしたが、さて、どうなりますでしょう。)

 

画像
絶景をバックに、ハイチーズ!

 
         
 

棚田で作った味噌

棚田で出会った農家さんに、棚田で獲れた米でみそを作っている蔵があると聞き、「味噌蔵たかむら」というお店を訪ねます。地元でも大人気のこのお店、素材の良さはもちろんのこと、美味さの秘密は味噌蔵に隠されていると言います。蔵を見させていただくことに。その秘密とは・・?
さらに、店主の高村さん、宮本さんと出会えて大喜び!実は、宮本さんとはちょっとした繋がりがあるそうで・・?某セリーグ監督の話でまた盛り上がりました。

 

画像
“ある秘密”で美味しくなる味噌。画像
宮本さんと出会えて大喜びの高村さん

 
         
 

40種類ものぶどう!
ぶどうの最先端!珍しい品種!


秋のこの時期、千曲にはおいしいものがまだまだあります。「北澤ぶどう園」を訪ねます。3代目の北澤文康さん、ここでは、なんと40種類ものぶどうを栽培しているのだそうです!
ハチミツのようにとっても甘いぶどう!市場にはまだ出回っていない最新のぶどう!1房1万円するというぶどう、・・・!
見たことも聞いたこともない“珍種”のぶどうがゴロゴロ・・・
ぶどうの最先端を追跡します!!

  画像
「ゴールドフィンガー」
※郷ひろみさんとは関係ありません。
画像
宮本さん大興奮!
 
         
 

小布施町(おぶせまち)でまずは情報収集 

千曲市から次は小布施町へ向かいます。まずは町の情報収集。理髪店に入ってみます!
中にいたのは、理容師の上原善明さんと、息子の上原圭さん。一見、お2人ともイマドキのオシャレな理容師さんですが・・・?
上原さんがなにやら古い物を取り出してきました。差し出されたのは、一本の巻物。理髪店に巻物???ミスマッチにもほどがあります。
実はこの理髪店、なんと江戸時代から営業をしている、と〜っても歴史ある理髪店だったのです!
そもそも江戸時代に理髪店があったことに驚きです!江戸時代の理髪店は現代の理髪店とはちょっと違っていました!詳しくは番組をご覧下さい!

  画像
5代目と6代目の上原さん
画像
一体なにが書かれてあるのだろう?
 
         
 

将軍様も食べた!?小布施の栗 

秋の美味しいものめぐりはまだまだ続きます。小布施町は栗が名物ということをキャッチした宮本さん、次に栗農家を訪ねます。
江戸時代、徳川幕府の天領だった小布施は、幕府に栗を献上していました。かつて「将軍林」と呼ばれていたという場所で、栗拾いを体験させていただきます!
栗と言えば、茹でて食べるのが一般的ですが、栗の町・小布施では、驚きの“食べ方”をするそうです!宮本さんも、その“食べ方”にチャレンジ!その味は!?

※いが(トゲトゲの殻)に包まれた栗には、要注意。油断した宮本さんは、“痛い”目に遭いました・・・

 

画像
今が旬!の栗
画像
宮本さん、どうしたの?

 
         
 

綱渡り?
いえいえ、NEWスポーツ「スラックライン」です!


今、小布施町で大流行しているスポーツがあると聞きました。それは、600年の歴史がある浄光寺の境内で行われているとのこと。由緒正しいお寺の境内で新しいスポーツなんて?半信半疑で訪ねてみると、子供から大人まで幅広い年代の人が“跳んで”いました!
これは、「スラックライン」と呼ばれる、ドイツ発祥のNEWスポーツ。わずか5p幅のベルトの上を飛んだり跳ねたりするスポーツ。でもその練習場が一体どうしてお寺の境内にあるんでしょう?

さらに、ここにはスラックラインの日本チャンピオンまでいました!!小さな町に日本チャンピオンまでいるなんて・・小布施は謎の連続!ただものではありません!
驚きの連続・長野の旅を、ぜひ番組でお楽しみ下さい!

 

画像
宮本さんもスラックラインに挑戦!
画像
見よ!これぞチャンピオンの実力!

 
         

編集者から

野球人生に道を開いてくれた恩人の医師との再会から始まった宮本さんの今回の旅、おりしも長野・信濃路は秋の美味のまっさかり、地元の人々とのお話も弾んで、テンション高く…でも楽しいちょっと大人なものになりました。皆さんも秋の旅行シーズン、シルバーウイークを済んだところで、ちょっと大人旅を探してみませんか。

次回2276回は渡辺徹さんが琵琶湖周辺を旅します。彦根城下の自転車事始め、、びっくり***を飼料に豚を育てる人、琵琶湖の中に浮かぶ小さな島での地曳網、島のご当地グルメ大集合・・・渡辺さんならではの食の発見も、どうぞお楽しみに。

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.