画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
今回は「遠くへ行きたい」初演出の内山ディレクター、これも初出演の俳優・木下ほうかさんの組合せ。ロケでいろんな地方には行くけれど旅はしてない、というほうかさんに内山Dが投げかけたテーマが「いい宿とは?」ほうかさん曰く「よく京都には撮影で滞在はしているけれど京都は知らないし、景色のいい見どころも沢山あると言うじゃないか…」ならば、今回の旅は京都でいい宿探しといい風景を見に行こう!ということで始まりました。どんな旅になったか?一緒に旅したスタッフ・葛谷の報告です。

 
         
 

今回の旅は、「遠くへ行きたい」初登場となる、俳優の木下ほうかさん。
京都には何度も来ていますが撮影所とホテルを行き来するばかり。長いお休みも中々取れないため、旅をほとんどしたことないんだとか。今回はそんなほうかさんが、京都の宿、「いい宿とは何か?」をテーマに、ひと味もふた味も違う旅を見せてくれました!

 


 
         
 

海に浮かぶ宿!?

まず最初に訪れたのは京都市から車で2時間半。京都府伊根町。
伊根湾に浮かぶ多くの舟屋、これほど住居付きの舟屋が残っている地域は日本でもとても珍しいそうです。そもそも何故船を舟屋に収納することになったのでしょう?
その答えは放送で!今回はそんな舟屋を宿に改良した「まるいち」にお邪魔します。
二階の窓から海を覗くと小魚たちがスイスイ泳いでいました。圧倒的な非日常空間!旅の雰囲気を一気に味わえますね。でも、こんなに海と近くて、台風とか大丈夫なの?

 

画像
海風を感じて
画像
1日1組限定です。泊まりたい〜!

 
         
 

京都の街を自転車でかっ飛び!

狭い路地がたくさんある京都で、地元の方はもちろん観光客にも人気なのはサイクリング。ほうかさんも京都の街をビューン!と走りまわります。

 

画像
こんな感じで見る京都も良いですね!

 
         
 

近未来的カプセルホテル

京都でいま人気のカプセルホテル9h(ナインアワーズ)は、シャワーと寝ることだけに特化した近未来的カプセルホテル!屋内は白一色でシンプルに統一され、無駄な物を一切省いています。そのかわり、シャンプーリンスや寝具は一流のもの!街の中心部にあるその立地の良さも人気の秘密なんです。

  画像
宇宙船みたいです。
 
         
 

京都東映撮影所まで○○秒!?

昔から撮影のため京都に訪れる役者さんや監督たちに人気なのが「菊香荘」。その理由とは果たして?美しい庭と赴きのあるお部屋。優しい女将さんに癒されること間違いなしです。
ご家族で訪れるのも良いかも知れません!おススメです〜。

  画像
落ち着いた雰囲気ですね
 
         
 

狩野探幽の雲龍図と妙心寺の宿坊

妙心寺の雲龍図を見たことはありますか?
見る角度によって昇り龍になったり、下り龍になったり。今回初めて妙心寺の雲龍図を見たほうかさんはもう唖然。ど迫力です。
そんな妙心寺に、旅人を泊める宿坊がありました。ご住職のお話を聞きながら、枯山水の庭を楽しみます。

 

画像
ほうかさん、唖然の雲龍図、ぜひ放送で!
画像
美しい枯山水の庭…ご住職の話が胸に沁みます

 
         
 

一棟まるごと?町家で京都人ライフ!

さて、いま京都の街で大人気の宿といえば、一棟まるごと借りる町家の宿。今回は「庵グループ」の「石不動之町」という町家を借りました!
一棟まるごと借りるので気分は自分の家!より深い京都の暮らしを味わうため、着物プロデューサーの柾木良子さんに着物の着こなし、立ち振る舞い、打ち水など、ご指南頂きます。打ち水にもルールがあるなんて、知ってました?
それにしても柾木さんの美しさに惚れ惚れしちゃいました。これを機に私も教養を深めようかしら、なんて思わせてくださる方でした!

 

画像
ほうかさん、ええ旦那さんに変身です!
画像
打ち水姿も画になりますね。

 
         
 

花脊(はなせ)の名宿

京都市内から車で1時間。街の喧噪から離れ、川のせせらぎと緑に囲まれた場所にその宿「美山荘」はあります。撮影が朝早かったからでしょうか、山の低いところに雲がかかっていて、空気は冷たく透き通っていました。到着したとき、花背は「離世」とも言われてるんだよな…なんてことを思い出してしまうくらいに美山荘の有り様はとても美しかったです。
部屋に入り一服したほうかさん。当主の中東さんに連れられて、山に食材を摘みに行きます。天然のシメジになめこ、山椒まで!これだけ豊富に食材があったら毎日食べるものに困ることは無さそうです!これも花背の自然の恵みですね。
今回は特別に泊まり客しか食べることが出来ない朝食を頂きました!
これが、驚きだったんです!

 

画像
朝食美味しそう〜!
画像
美山荘の部屋です

 
         
 

普段は気づかない宿の知られざるおもてなしに触れたほうかさん。
今回の旅に何を感じたのでしょうか。
「いい宿」とは何か。みなさんも一緒に考えてみて下さい!

     
         

編集者から

「いい宿」探しの目線で旅をしてみる…京都の宿情報如何でしたか。
観光都市ということもあって泊るだけではない、食、景色、おもてなしなど色々な形の宿が見つかり、木下ほうかさんのユニークな旅になりました。

次回、2281回は椿鬼奴と佐藤大の芸人夫妻が鹿児島県喜界島を旅します。
鬼奴さんのおばあちゃんとおじいちゃんの出身地 喜界島。子供のころ何度も来たルーツの島に旦那を連れて結婚の報告へ。広がるサトウキビ畑を自転車で駆け抜ける!伝統漁法では魚も捕らえ、涙の再会に鬼奴号泣!歓迎の大宴会に夫もなぜか涙!?必見です。

 

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.